私が大学を卒業して20年弱が経とうとしています。

私が卒業したころはちょうど金融ビックバンが行われたころで、ネット証券会社が次々と誕生し、銀行も合併し、金融機関が大規模に変わっていった時代でした。

それから20年弱、海外金融機関も含めて様々な銀行、証券、クレジットカード、バーコード決済、ポイントを使ってきました。

これまでの私の経験と今の知識から、今社会に出る新社会人におすすめな金融機関をまとめてみました。

スポンサーリンク

新社会人が最低限口座を開いておくべき金融機関

新社会人として最低限口座を開いておくべき金融機関ですが、

    • メガバンク、地方銀行もしくはゆうちょ銀行
    • ネット銀行
    • ネット証券
    • クレジットカード
    • バーコード決済

の5つです。

これを全部口座開設しましょう。

全部使いますので、全部必要です。

銀行

銀行の部分で「メガバンク、地方銀行もしくはゆうちょ銀行」とネット銀行の二つを掲げています。

これはネット銀行のほうが便利ではあるものの銀行口座引き落とし(口座振替)についてはネット銀行を指定できないものがあるため、銀行口座引き落とし用で「メガバンク、地方銀行もしくはゆうちょ銀行」が必要なためです。

日常の銀行サービスの観点ではネット銀行が圧倒的に便利なので、メガバンクなどはあくまで銀行口座引き落とし専用でしか使う必要がありません。

新社会人で給料をもらうようになったら、将来を見据えてすぐに少額でも株式投資を始めましょう。

若い頃の小さな努力の差が20年後に極めて大きな差を生むことをあとで実感しますよ。コツコツ株式投資をすることが重要なことに気づいたころにはもう時間は取り戻せません。

株式投資を始めるといっても野村証券、大和証券などといった店舗がある証券会社ではなくネット証券にしましょう。

ネット証券のほうが取引コストやサービスが段違いに良いです。

20年近くネット証券を使い続けていますが、資産一億円規模になっても全く問題ないですよ。

クレジットカードも必要になります。

学生の頃に使っていたクレジットカードはいったんおいておいて、新社会人として今後も見据えてクレジットカードを選びましょう。

クレジットカードは信用の積み重ねが重要になるので、10年後、20年後により生活をエンジョイできるようなクレジットカードを今から選んでおくことが重要です。

単に今ポイントが貯まることも重要ですが、10年後、20年後も見据えてクレジットカードを選択することをおすすめします。

バーコード決済のシステムは最近になって普及し始めたものですが、試しに使ってみたところ非常に便利でお得なのでこれも口座を設定しておきましょう。

新社会人におすすめの銀行

最初に新社会人におすすめな銀行について説明します。

銀行は二種類必要で、

  • メガバンク、地方銀行もしくはゆうちょ銀行」
  • ネット銀行

です。

「メガバンク、地方銀行もしくはゆうちょ銀行」についてはどこでもいいです。

メガバンクのサービスに大差はないので、口座引き落とし・口座振替が目的なのでそれができればどこでもいいです。

あえていうなら、みずほ銀行はオンラインバンキングシステムが使いにくいのでやめておいたほうがいい、三菱UFJ銀行はオンラインバンキングシステムの使い勝手が比較的マシというくらいです。

口座引き落とし・口座振替が目的なので

  • 家か会社の近くに支店がある
  • ATMが近所に多くある

といった物理的なアクセスのしやすさで選んでいいです。

ここでは仮に(最大手なので)三菱UFJ銀行に口座開設することにしましょう。

それより重要なのがネット銀行です。

最初は住信SBIネット銀行の口座開設しておきましょう。

私も色々なネット銀行を使ってきましたが、サービスとオンラインバンキングシステムの使いやすさでは住信SBIネット銀行がダントツに良いです。

新社会人におすすめのネット証券

ネット銀行に口座を開いたら次はネット証券の講座を開きましょう。

ネット銀行で住信SBIネット銀行を選んだのでそれとの連動のしやすさを考慮して、ネット証券最大手であるSBI証券に口座を開きます。

私も日本株のメインの証券口座として使っています。

住信SBIネット証券とSBI証券は連携させれば一体運用ができるので便利です。

また、SBI証券はネット証券の圧倒的最大手ですので安心です。

口座開設はこちらからどうぞ。
SBI証券

 

新社会人におすすめのクレジットカード

クレジットカードは悩みどころですが、私のおすすめする選択方法は

  • 未来用に一枚メインカード:JCB CARD W
  • 今用に二枚サブカード:楽天カード Masterとよく使うスーパー・お店でお得になるクレジットカード

です。

まず「未来用」ですが、これは10年後、20年後に向けて信用を積み上げていくカードです。

日本のクレジットカードの中で最強のステータスカードであるJCBのJCBザ・クラス、これを目指すためのカードを一枚メインカードで作りましょう。

私は今になってJCBザ・クラスが欲しくなったのですがJCBユーザーではなかったので信用を積み上げるのに時間がかかり、入手に苦労しています。

若い頃からJCBに対して信用を積み上げていけば、比較的容易にJCBザ・クラスまでたどり着けると思います。

新社会人であれば、JCBオリジナルシリーズの「JCB CARD W / JCB CARD W plus L」が最強です。特徴は、

  • 年会費無料
  • Apple Pay, Google Payどちらも設定可
  • ポイント還元率が常に2倍(ということは、最初から1%還元)
  • JCBオリジナルシリーズパートナーであるAmazon、セブンイレブンでポイント3倍
  • スターバックスカードにオンラインで入金すればポイント10倍

といったものです。

新社会人が良く使いそうなAmazon,セブンイレブン、スタバの支払いが非常にお得になるクレジットカードなのに年会費無料です。

なお、旅行傷害保険は強くはありませんのでその点だけ注意が必要です。

ただ、日本国内でメインカードにするには最強なクレジットカードです。

JCB CARD WをメインカードとしつつサブカードをJCB以外の決済ブランドで作ります。

JCBカードだけだと海外に行ったとき困りますし、スーパーマーケット・お店によっては独自カードのほうがお得になるケースもあります。

また、楽天市場を全く使わなくても楽天カードはいろいろ便利ですし年会費も無料ですので作っておきましょう。

楽天カードは楽天証券での投資信託の積立にも使えますよ。

楽天カードはMasterにしておきます(好みの問題なのでVisaでもMasterでもどちらでもいいです)

サブカードは例えば

  • セブンカードプラスと楽天カード
  • イオンカードセレクトと楽天カード
  • OMCカードと楽天カード
  • ルミネカードと楽天カード

といった組み合わせで作りましょう。

左側がよく行くお店のクレジットカードです。

新社会人におすすめバーコード決済

最後にバーコード決済です。バーコード決済は

  • PayPay
  • 楽天ペイ
  • LINE Pay

が代表的な三種類ですが、まずはLINE Payだけで十分です。

LINE Payについては以下の記事でおすすめの理由を説明していますので御覧ください。

新社会人のおすすめ金融機関のつかいわけ方

ここまで

  • メガバンク、地方銀行もしくはゆうちょ銀行:三菱UFJ銀行
  • ネット銀行:住信SBIネット銀行
  • ネット証券:SBI証券
  • クレジットカード:JCB CARD W、楽天カードMaster、およびよく使うお店のカード
  • バーコード決済:LINE Pay

の7つの金融機関の口座を開設してきました。ご苦労様でした。

ここでつかいわけ方を紹介します。

通常時(LINE Payのプロモーションがないとき):

クレジットカードを含む口座引き落とし用:三菱UFJ銀行

給与受取用、貯蓄用:住信SBIネット銀行

日本国内のメイン支払い用:JCB CARD W

セブンイレブン、Amazon、スターバックスオンラインチャージ用:JCB CARD W

ファミリーマート、ローソン:JCB CARD W

ドラッグストア:JCB CARD W

楽天市場:楽天カード

LINE Payのプロモーションがある場合は、ファミリーマート、ローソン、ドラッグストアはLINE Payのキャンペーンで払うのがオトクな場合が多いですよ。

まとめ

2019年春時点での新社会人におすすめな金融機関と使い方を紹介しました。

今回紹介した金融機関ですが、私が新社会人になった20年弱前には7つの金融機関のうち2つ(三菱UFJ銀行)しかありませんでした。

そう考えると、非常に消費者にお得な時代になったなと感じます。

また、お得な金融機関や使い方を知っている人だけが得する時代でもあり、情報格差が大きな差を生む時代にもなりました。

バーコード決済のキャンペーン競争もそうですが、情報を得るものが勝つ時代ですので、アンテナは高くしていきましょう。

あわせてどうぞ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう