今から20年後に大きな金融資産を築くにはどんな投資方法が良いと思いますか?

私は20年前の若い頃に野村證券でるいとう(株式累積投資、個別株を毎月一定額づつ購入できるサービス)という積立投資をしていました。

るいとう自体は今から考えると売買手数料が高くあまり大きな成果は出せませんでしたが、毎月投資をすることが習慣になって、いまの資産を築くきっかけとなったと感じています。

当時は積立投資手段としてはるいとうくらいしかなかったのですが、いまでは昔に比べてはるかに低コストでよい積立投資ができる環境がそろっています。

少額でもコツコツ投資を積み上げてくかどうかは、20年後に大きな資産の差となります。

20年後にそれに気づいても遅いので、ぜひ若い頃から積立投資を始めましょう。

今回は若い投資初心者におすすめの積立投資方法を紹介します。

本記事の対象と読んで得られること
    • 対象:新社会人など若い投資初心者
    • 得られること:税金面でお得な積立投資方法がわかります
スポンサーリンク

ワンコイン投資

つみたてNISAは20年間非課税で運用できる

結論から先に言うと、若い投資初心者はつみたてNISAを始めましょう。

これは、非課税で最大20年間の長期間運用できる制度です。

もともとNISAという制度がありこれは運用期間が5年なので微妙な制度だなと思って私自身は利用していなかったのですが、つみたてNISAが出てきて飛びつきました。

通常の株式や投資信託での投資の場合、株価が上がって売却し値上がり益を得たり、投資先から配当金を受け取った場合税金(所得税)がかかってきます。

今だと値上がり益や配当金の約20%も税金として取られます。

がんばってリスク取って運用して利益を上げた結果、何もしていない政府に20%も納めないといけません。

税金というのは非常に高コストですので、運用の成果を上げるためにはできるだけ税金を納めなくてよい合法的な方法をとるべきです。

つみたてNISAという制度をうまく活用すれば、最大20年間税金を払わずに非課税で運用することができます。

非課税というのは長期の運用では絶大なるメリットですので、若ければ若いほど後々で聞いてきますよ。

例えば、22歳でつみたてNISAを始め毎月33,333円を積立投資し、20年間の平均運用利回りが5%だったとすると、

  • 投資金額合計: 33,000円 x 12ヵ月 x 20年間 = 7,920,000円
  • 20年後の資産金額:13,758,072円になります。

税金がかかる場合、利益の5,838,072円の20%の1,167.614円がとられ、残るのは12,590,457円ですが、

つみたてNISAの場合税金は0円ですので、13,758,072円がまるまる残ります。

なお、積立投資の計算自体は関数一発でできますので、ご自身でも検証してみてください。

以下のようにExcelやGoogle Spreadsheetに記入し、

20年後の資産のセルに、

=FV(A2/12,B2*12,C2,0,1)

と入力するだけです。

利回り:A2、期間(年):B2、毎月振込額:C2

20年間の積立シミュレーション

つみたてNISAの口座開設は早めに手続きをしましょう

つみたてNISAは口座開設に時間がかかるので注意してください。

私がつみたてNISAの口座を開いたときの日数は、以下のように30日かかりました。

1月18日:つみたてNISAの口座開設に資料請求
2月5日:つみたてNSA口座開設の書類審査完了(SBI証券)
(税務署の確認)
2月17日:つみたてNISA口座開設完了通知受領

ここから証券会社で投信積立設定の手続きをし、実際の積立開始までまた日数がかかります。

若い投資初心者のつみたてNISAおすすめ銘柄

私は楽天投信投資顧問の回し者ではなく利害関係もないのですが、つみたてNISAのおすすめ銘柄は楽天投信の楽天・全米株式インデックスファンドです。

詳しくはこちらの記事をご参照ください。

つみたてNISAで積立すべき金額:制度の限界まで積みましょう

つみたてNISAは非課税というあまりにも有利な制度です。

毎月の積立金額は制度の上限月3.3万円で行きましょう。若い新社会人の平均手取りは月17万円くらいのようですが、多少無理してでも17万円から先に3.3万円をつみたてNISAに回してしまい、将来の自分の資産を最優先したほうがいいです。

月3.3万円で株式運用していくと運用利回りが年5%しかなくても、20年後には1,300万円にもなります。

22歳からつみたてNISAを始めて20年後の42歳というと、教育資金がかさんだり、家のローンで資金繰りが大変な時期ですが、1,300万円の資金があれば大きな助けになりますよ。

まとめ

若いうちから毎月投資することが習慣になってくると資産形成が加速度的にスピードアップし、周りの同期に比べてもはるかに大きな資産を短期間で形成することが可能になります。

積立投資の習慣をつける意味でも、非常に税制上有利な20年間の運用をできるだけ若いうちから始めできるだけ早いうちに始めましょう。

あわせてどうぞ

SBI証券
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう