老後資金2000万円が必要な場合、あなたはどうやって今から2000万円を準備しますか?

老後資金2000万円が必要」という議論の2000万円という金額は、それぞれの人の生活水準によって変わるのですべての人に当てはまるとはいい切れませんが、現実問題年金だけでは老後に資金が不足するのは間違いないでしょう。

老後資金2000万円なんて貯められないよ!

と思うかもしれませんが、冷静になって考えれば2000万円は十分に誰でも作ることができます。

私自身は普通のサラリーマンですが、現物株式投資だけで18年で1億円の資産を築きました。

その観点からすると、老後のために2000万円の資産を作るのは難しくはありません。

私が投資を始めた20年前に比べ、お金持ちになるための情報が整理され、非常に低コストで良い商品も多くできていますしね。

今回は私の投資経験から、誰にでもできる老後資金2000万円の作り方を紹介します。

本記事の対象と読んで得られること
    • 対象:老後資金が2000万円必要だと知って、どうやって作ったらいいのか悩んでいる投資家
    • 得られること:投資を通じて2000万円程度の資産を作る方法ががわかります。
スポンサーリンク

月5万円の投資で老後資金2000万円を作る

資産の作り方の方程式は、

資産=(収入 - 支出)+資産 x 利回り

です。

収入と支出との差分を投資し増やしていけば、資産は作れます。

計算してみれば、2000万円を作ることは簡単です。

仮に、

  • 投資利回り:年5%、つまり月に換算すると
  • 運用期間:20年
  • 毎月積立投資額:5万円
  • 現在価値=投資開始時の資産:0円

としましょう。

20年後の資産を計算する方法は、エクセルなりGoogle Spreadsheetで以下をコピペしてください。

=FV(0.05/12, 12*20, -50000, 0)

計算結果が20551683.4257839とでてきます。

これは月5万円を、年利5%で、20年運用すると、20年後には2055万円作ることができることを意味しています。

月5万円の投資は誰でもできると思うので、20年あれば老後資金2000万円を作ることは誰にでもできますよね。

給料から月5万円の投資が捻出できない場合どうすればよいか?

生活がカツカツで、給料から毎月5万円の投資ができない場合どうすればよいでしょう?

思い起こすと私も会社員になって1年目はお金がなくて月5万円の投資なんてとてもできませんでした。

しかし、時代は変わりました。

今の時代、アフィリエイト、ブログ、Youtube、インスタグラム等気軽にお金を稼げる手段はいくらでもあります。

私自身はブログしかやっていませんが、ブログも月15万PVあれば安定的に月5万円くらいは稼げるはずです。

月15万PVのブログを作るのに必要な日数はおおよそ1年〜1年半です。

1年〜1年半は頑張ってブログに取り組む必要はありますが、あなたは老後資金2000万円を作る必要に迫られているはずですから、このくらいはきっとできます。

ブログの元手はサーバー代、ドメイン代、ワードプレスの有料テンプレート程度で数万円程度しかかかりません。

よって、お金がなくてもブログを通じて月5万円を作ることは誰にでもできます。

つまり、毎月の収入から月5万円の投資が捻出できないとしても、1年〜1年半正しく頑張れば月5万円程度の投資資金を捻出することはできます。

月5万円を何で運用すれば2000万円を作れるか?

20年間で2000万円を作るには、年5%で運用する必要があります。

年5%の運用利回りは、高くはありませんが、低くもありません。

銀行預金がほぼ0%の時代に年利5%で安定的に運用するのですから、それなりの覚悟を持って投資をすることが必要です。

簡単に主要な運用商品の利回りを見てみましょう。

  • 円普通預金:年0.001%
  • 円定期預金:年0.030%程度
  • 個人向け国債10年満期:年0.05%
  • 第53回無担保普通社債(福岡ソフトバンクホークスボンド):年1.570%
  • 全REIT平均分配金利回り:年3.86%
  • Mapletree Logistics Trust:年4.54%
  • 上場インデックスファンド新興国債券:年6.01%

ここで見てわかると思いますが、純粋な配当狙いの投資で年5%を達成するのはかなり難しいです。

上場インデックスファンド新興国債券であれば現時点では6%の利回りですが、配当には所得税がかかってしまうので実際には6%x0.8=4.8%の利回りにしかなりません。

リスクの高い新興国債券に投資しても年利5%〜6%程度しか実現できないことを考えると、月5万円の投資で20年間で2000万円を作ろうとするためにはどうしても債券より高いリスクを取る必要があります。

基本的には優良株を超長期で投資するのがおすすめです。

株式の値上がり益(キャピタルゲイン)は、売却しない限り課税されませんので、長期間かけて株価上昇すればするほどしても売らない限りは税金がかかりません。

債権の配当の場合は20%程度課税されてしまうので、株式の長期保有と債券との投資リターンの差が出てきます。

中長期的に安定した売上・利益成長が見込める企業に投資しておけば、資産を放置していくだけであとは勝手に増えていきますよ。

ちなみに、中長期的な売上・利益成長を目指す場合、基本的には世界最大の消費市場であり、かつ多くのイノベーションが生まれる米国株に投資するのがおすすめです。

日本株の中でもチームスピリットのように非常に高い売上成長と株価上昇を実現している銘柄もあるのですが、残念なことにそういった大ヒット銘柄の数が米国株に比べて圧倒的に少ないですし規模も小粒です。

中長期的に株で大きく当てるのであれば、市場のポテンシャルが格段に大きい米国を中心に投資するほうが成功する確率が高いと思います。

参考までに、私が推している米国株のリストを見たい方は以下の記事をご参照ください。

月5万円でも継続的に20年にわたって、優良株への投資を続けた場合、2000万円どころではない成果を上げられる可能性が高いと私は考えています。

まとめ

「老後の安定した生活を実現するためには年金だけでは2000万円不足する」という報道がなされました。

この報道で金融庁が世間から大きなバッシングを受けたようですが、よく考えてみれば年金だけで十分な老後資金が得られないことくらいは自明のことです。

自分の老後資金は基本的には自分自身で作る必要があります

大騒動になった原因は「2000万円なんて大金作るのは無理だ」と思った人が多いからでしょうが、実際には20年間ずっとコツコツ優良成長株で運用すれば誰でも2000万円を作れる可能性が高いです。

一般人の私が18年で1億円作れたので、多分2000万円程度なら誰でも作れますよ。

老後資金2000万円なんて恐れることはありません。

米国株が最もいい商品かどうかはわかりませんが、あなたの信じる優良成長株に長期で投資して、十分な老後資金を作りましょう。

計算上、月5万円を年5%で運用できれば、20年で2000万円は作れますから。

投資なんてリスクがあるから怖いと思うかもしれませんが、リスクを取らないとリターンはありません。

思い立ったが吉日といいますから、今すぐ株式投資を始めてみましょう!

リスクなんてだんだん慣れて管理できるようになるので、心配しなくても大丈夫ですよ。

毎月コツコツ米国の高成長クラウド銘柄への投資で老後資金2000万円を作る場合のおすすめ証券会社については、以下の記事を参考にしてください。

なお、支えるべきご家族がいらっしゃる場合は、米国株ではなくまずは個人年金から始めることがいい場合もあります。

以下の記事も参考にしてください。

 

SBI証券
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう