毎月5万円を年間運用利回り5%で20年間投資すれば、計算上2000万円の資産を作ることができます。

このためにどの証券会社を使うのがいいのかわかりますか?

米国株となると日本株に比べて売買手数料が高いため、適切な証券会社を選ばないと売買コストが高くなり、運用効率が下がってしまいます。

今回は毎月5万〜10万円の少額で米国の高成長クラウド銘柄に投資する際に、どの証券会社を選んだらいいのかを紹介します。

本記事の対象と読んで得られること
    • 対象:毎月5万円〜10万円を米国の高成長クラウド銘柄に投資し、大きな資産を築きたい投資家
    • 得られること:少額で米国株に投資する際のおすすめの証券会社がわかります。

少額の米国株投資のための証券会社を選ぶ基準

毎月5万円〜10万円の少額で米国株投資をするための証券会社を選ぶ際に考える点は以下です。

  • 売買手数料が安いかどうか
  • 高成長クラウド銘柄を扱っているか

米国株売買を頻繁にやる場合は米ドル建て取引のほうがおすすめですが、今回は「毎月5万円〜10万円の米国株を購入し超長期で保有する」前提です。

一旦米国株を買ったら基本的にはよほどのことがない限り売らない前提で投資するので、日本円建ての取引でも問題ないです。

頻繁に米国株の売買をする場合は、米ドル建ての取引ができないと、いちいち為替取引が発生するため為替取引分コストが掛かります。

このため米ドル建て取引ができるほうが望ましいですが、超長期のバイ・アンド・ホールド戦略を取る場合は円建て・米ドル建てどちらでもいいとおもいます。

単純に手数料と取扱銘柄で選びましょう。

取扱銘柄ですが、以下のようなクラウド銘柄を取り扱っていることが絶対条件です。

  • AppFolio (APPF)
  • Trade Desk (TTD)
  • TriNet (TNET)
  • Pagseguro Digital (PAGS)
  • RingCentral (RING)

クラウド銘柄は一度売上が立つと長期に渡って安定的な売上が期待できるので、長期保有に向いています

上記の銘柄は一つの例ですが、あなたの投資機会を逃さないように日本の投資家に知られていないような銘柄であっても積極的に取り扱っている証券会社を選ぶべきです。

ちなみに、私の保有銘柄で大きく値上がりしている以下の銘柄は全部クラウド銘柄です。

  • Splunk
  • Wix.com
  • Paycom Software
  • CyberArk Software
  • チームスピリット
  • ラクス
  • 弁護士ドットコム

クラウド銘柄であることは成功を約束しませんが、私の実績からするとクラウド銘柄への投資は儲かる確率が高いです。

配当狙いで買った日本株は全く儲かりません。

少額米国株投資のための大手ネット証券の比較

では、日本の大手ネット証券を

  • 取扱銘柄
  • 手数料

の二点で比較していきましょう。

取扱銘柄:少額超長期投資に向いた米国株を扱っているか

この点については、私が挙げた5銘柄を扱っているかどうかで判断します。

それなりに有力な会社なので、ちゃんとした証券会社であれば扱っておくべき銘柄です。

  • マネックス証券:PAGS、RING以外はの3つ取扱あり
  • SBI証券:全部取扱あり
  • 楽天証券:全部取扱あり
  • DMM株:全部取扱無し

正直驚きました。

私はマネックス証券は全部取り扱いがあるが、SBI証券と楽天証券は一部しか取り扱いないだろうなと思いつつ検証したのですが、逆でした。

SBI証券と楽天証券の米国株取扱銘柄は良いところを抑えていますね。

少額投資の米国株売買手数料が安いのはどの証券会社か

一回の取引金額が10万円以下の前提で米国株の売買手数料を比較していきましょう。

  • マネックス証券:為替手数料25銭、売買手数料約定代金の0.45%、最低0.1米ドル
  • SBI証券:為替手数料25銭、売買手数料約定代金の0.45%、最低0米ドル。そして、住信SBIネット銀行を使えばスプレッド4銭で米ドルに換えられる。
  • 楽天証券:為替手数料25銭、売買手数料約定代金の0.45%、最低0.01米ドル
  • DMM株:為替手数料25銭、売買手数料約定代金の0.45%、最低5米ドル

ついに大手ネット証券間で米国株売買手数料の競争が始まり、SBI証券が最低手数料0米ドルになりました。

これにより、米国株をコツコツ少額で買うハードルが大きく下がりましたね。

例えば、毎月5万円分の米国株を取引するとして一回の手数料225円で買えます。

ただ、SBI証券と住信SBIネット銀行の両方の口座を持ち両者を連携している場合に限り、片道4銭で日本円から米ドルに換えられます

少額で米国株取引をするのにおすすめな証券会社

米国株取扱銘柄と売買手数料の2つの観点で日本の大手ネット証券を比較検討しました。

その結果、「少額で米国株を毎月購入し超長期で保有する場合」はSBI証券がおすすめです。

理由は、

  • 高成長クラウド銘柄の取扱がある。
  • 住信SBIネット銀行と組み合わせれば、為替手数料+売買手数料を合わせたトータルの手数料が一番安い

からです。

SBI証券は業界最大手ですから日本株でも使っている人が多いでしょうが、米国株でもSBI証券を使っておけば間違いはないという検討結果がでました。

まとめ

8ヶ月ブログに取り組んだ結果、毎月のブログ収益が安定してくる実感が出てきました。

少額ですけどね。

ブログ収益はGoogleのさじ加減次第で吹けば飛ぶ超不安定なものです。

明日にはサイトがいきなり飛んでるかもしれません。

この超不安定なブログ収益を大きな資産に変えるべく、毎月米国高成長クラウド銘柄への超長期投資を始めます。

この際に「どの証券会社を使うのがベストか?」

という疑問が出たので、検証してみました。

SBI証券で少額米国株取引をやるのが良いです。

売買手数料では実質的にはマネックス証券、楽天証券と同等ですが、僅差で最安値です。

そして、何より手数料のマーケットリーダーになるのだ!という強い意志を感じられます。

SBI証券で取引していれば損をすることはないだろうという安心感があります。

6月下旬にGoogleから振込があったら米国高成長クラウド銘柄への投資を始めてみます。

ブログ収益という元手ゼロで始めたビジネスからどのくらいの資産が築けるのか、今から楽しみでなりません。

あなたも将来に向けて米国株取引を始めてみませんか。

SBI証券の口座開設はこちらからどうぞ。
SBI証券

SBI証券と合わせて住信SBIネット銀行を使うととてもオトクなので、ぜひ一緒に使ってみてください。
口座開設はこちらからどうぞ。
住信SBIネット銀行

 

SBI証券

Twitterでフォローしよう