仕事や生活で疲れているときに、セミリタイアにあこがれませんか?

毎日満員電車に揺られて押し合いへし合いしながら会社に行き、ノルマに追われて夜遅くまで仕事をし、疲れ果てて土日は寝てばかりいる。

こんな毎日に生きがいを感じませんよね。

セミリタイアをして自由に生きれたらどんなにいいでしょう。

資産1億円あれば悠々自適に暮らせますし、5000万円でもなんとかできなくはないですが、2,000万円しかなかったらどうでしょうか?

今回は2,000万円程度でセミリタイアをするのは無理だよと思うかもしれませんが、それでも2,000万円でセミリタイアをしたい場合にどうすればよいのか?について考えてみます。

スポンサーリンク

資産2,000万円でもらえる配当金は幾らか

資産2,000万円を投資して得られる利回りは、税引き後で4%程度がいいところでしょう。

東証上場のJリートETFであるNEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信の利回りが5%を越えましたが、そこから20%の税引金を差し引いて4.4%です。

ETF価格の変動に伴って利回りは変動しますので、だいたい4%程度で考えておけばいいでしょう。

資産2,000万円を4%で運用すると、年間80万円、月平均6.7万円の配当を得られます。

資産2,000万円しかない中で個別株に投資して大きく値下がりしてしまうとセミリタイア後には挽回できないので、基本的には個別株を避けETFで運用たほうが良いことを考えると、投資からは年間80万円の配当金を得られればいいほうでしょう。

セミリタイア後の生活費は月20万円は必要

年間80万円の配当では生活費が足りない気がしますが、ではどれくらいの収入があれば暮らせるのでしょうか?

私の考えではたとえ一人暮らしでセミリタイアをしたとしても、生活費は月20万円くらいは必要です。

年間生活費100万円で暮らしているセミリタイアブロガーも見かけますが、極端すぎて参考にはできません。

想定される一人暮らしの生活費の構成は

  • 家賃:5万円
  • 水道光熱費:1万円
  • 通信費:1万円
  • 食費:3万円
  • 交通費:1万円
  • ジム代等:0.5万円
  • 交際費:1万円
  • 日用品:0.5万円
  • 旅費:5万円
  • 予備費:2万円

のような感じですが、20万円でもキツキツです。

毎月の支出20万円と配当収入6.7万円との差額、13.3万円を埋める必要があります。

月13.3万円であればサラリーマンをセミリタイアをしても稼げる手段はあるので大丈夫でしょう。

資産2,000万円でセミリタイアをするにはアフィリエイトとバイトは必要

さすがに資産2,000万円では配当金が月6.7万円しか入らないので、全く働かずに暮らすことはできないですね。

そんなに世の中甘くはありません。

でも、ちょっと稼げば暮らしてはいけるので、フルタイムで働く必要もないでしょう。

月13.3万円は、例えば以下のような感じで稼ぐことができます。

  • アフィリエイト:月7万円
  • バイト:月7.5万円(時給1,200円のバイトを62時間やればいいので、週3日一回5〜6時間のバイトをやれば大丈夫です)

アフィリエイトを一年間必死でやれば月7万円安定的に稼ぐぐらいのことは誰にでもできます。

40代のおっさんである私ですらできているわけですから。

バイトについては、都心でバイト募集広告を見る限りは時給1,200円〜1,500円くらいにはなるので、これも誰でも稼げる金額でしょう。

つまり、資産2,000万円あれば、以下のことをやることでセミリタイアが可能です。

  • 2,000万円全部を上場インデックスファンド新興国債券(ETF)に投資し、月6.7万円相当の配当金を得る
  • アフィリエイトで月7万円稼ぐ
  • 週3日のバイトで7.5万円稼ぐ

結構金銭的には厳しい生活でセミリタイアの悠々自適なイメージとは大きく異なりますが、セミリタイアというのは「生き方」の問題ですのでどうしてもサラリーマンで働きたくないという人は挑戦してみてください。

資産2,000万円でセミリタイアをするリスクとヘッジ方法

資産2,000万円で上述の方法でセミリタイアするにはリスクがあります。

  • 高利回りETFの株価が下落し、資産を大きく失うリスク。
  • 高利回りETFの利回りが落ちて、配当金が減少するリスク。
  • Googleのアルゴリズム変更によりアフィリエイトサイトのPVが落ち、収益が大きく下落するリスク。
  • 場合によっては、アフィリエイト商材が停止になったりし、収益がなくなりるリスクもあります。
  • さらに、セミリタイアをした後に体調を崩したりしてバイトができなくなると、支出と収入が全く合わなくなります。

ヘッジ方法としては。同じ志を持つ人と一緒に暮らして、お互いにリスクヘッジをするといいですね。

完全に一人暮らしで資産2,000万円程度で一人でセミリタイアをするのは、リスクが高すぎるかもしれません。

まとめ

資産2,000万円でセミリタイアをする方法を考えてみました。

資産2,000万円でセミリタイアするのは非常にリスクが高いので以下のような準備が必要だと思います。

  • 高利回りETFが大暴落した時に2,000万円投資する。10年に一度くらいとんでもない大暴落をする場合があるので、その時に集中投資するのがおすすめです。
  • 3-4年は副業でアフィリエイトを頑張って安定的に稼げるスキルとサイトを作っておく。1年頑張れば月7万円〜10万円は稼げるようになるので、3-4年頑張れば月20-30万円くらいは稼げるでしょう。
  • 生活費の足りない部分はバイトで稼ぐ。ただ、健康でないとバイトもできないので、これも3-4年かけて筋トレして運動の習慣を作っておく。

相続や宝くじが当たったなどで突如2,000万円を手に入れて、すぐにそれで暮らそうとするのは危険極まりないですね。

少なくとも3-4年はセミリタイアの試運転をし様々な準備をした上で、あなたご自身でやれる確信が持てるまでセミリタイアを実行すべきではないでしょう。

セミリタイアに移行してから元のサラリーマン生活には戻りづらいですよ。

資産2,000万円あれば、確実にセミリタイアへの道に近づけます。

焦らずきちんとした準備をしてから、安全で快適なセミリタイア生活を始めてみましょう。

セミリタイアや配当金生活については以下の記事も参照して下さい。

サクソバンク証券
スポンサーリンク