お金持ちや成功している人って筋トレをしている人多いと思いませんか?

最近ではブロガーでも成功している人は筋トレやっています。

私は成功者を目指している途上の中年ですが、私も筋トレをやっています。

正直ジムに行くのはめんどうくさいですし、ベンチプレスで重量が上がったからといってすごく楽しいってことでもないです。

でも、ジムには週3回は行っています。

何故中年になって筋トレをしていると思いますか?

理由は簡単で筋トレと食事管理によって筋肉をつけ体型と健康を維持することのほうが得だからです。

これがお金持ちの発想じゃないかなと思います。

今回は何故お金持ちが筋トレをするのか?について説明します。

スポンサーリンク

筋トレをやらないデメリットは何か?

お金持ちが筋トレをやるのは端的に言って「筋トレをやったほうが得だから」です。

では、筋トレをやらないデメリットってなんでしょうか?

私の筋トレ開始前と後を比較した場合の筋トレをやらないデメリットは以下です。

筋トレをやらないと

  • ぽっちゃりしたお腹と猫背になり、見るからにおじさんになってみっともない
  • 体力がなくなり長時間物事を継続できなくなる
  • 体を壊しがち
  • スーツをビシッとかっこよく着こなせない
  • オーダーでスーツやシャツを作っても体型が変わってしまい長く着れない
  • 自分自身に対する自信がみなぎらない

というデメリットがあります。

分類すると、筋トレをやらないことで以下のリスクがあると思います。

  • 健康を維持できないリスク
  • かっこいい外見を維持できないリスク
  • 高い服を買っても長くかっこよく着こなせないリスク
  • 自信を失い気力が維持できないリスク

健康を維持できないリスク

30代後半になると体質の変化なのか、新陳代謝が落ちるのか、すごく太りやすくなってきますよね。

筋トレをせずに毎日ランチでラーメンばかり食べるといった炭水化物を過度に取る生活をしていると、40代になって健康を害するリスクが高いと感じています。

サラリーマンとして働いたり、ブログを書いたりしてお金を稼いでいるので、健康を害したり、疲れてしまったりして会社の仕事ができなかったり、ブログの執筆ができないと収入が減ります。

また、人生100年時代は基本的には死ぬ間際まで働く必要があると考えているので、高齢になって健康を維持できず働けなくなるとシンプルに生活に必要なお金が稼げません。

健康を維持できないと働いてお金を稼ぎ続けられないのが大きなデメリットです。

かっこいい外見を維持できないリスク

年齢が40代を過ぎてきて中年太りし姿勢も悪くなってくると、みっともない外見になってきます。

若い女子からは影で「キモイおじさん」と陰口を叩かれます。

たしかに街で歩いている中年太りしたおじさんをみていると、客観的に見てかっこいいとはいえません。

今の時代はいつ会社からクビになってもおかしくない時代で、40代でも50代でも転職したり仕事を探したりする必要に迫られることはよく出てきます。

その時、かっこいい外見が維持できていないと第一印象で面接で落とされるかもしれません。

かっこいいおじさんと中年太りしたおじさんが二人面接に来た場合、能力に圧倒的な差がない限りはかっこいいほうが採用されるでしょう。

このように筋トレをせずかっこいい体型を維持できないと第一印象が悪くなり、今の会社をクビになって仕事を探したときに採用されずに路頭に迷うリスクがあります。

高い服を買っても長くかっこよく着こなせないリスク

「人は見た目がすべて」です。

中年になり会社のポジションも上がってくるとそれにあった服装をしますよね。

スーツもグレードを上げて若いときよりは高級なものを買ったり、シャツをオーダーしたり。

せっかく高い服を買ったら長い間着れないとお金が勿体ないですよね。

スーツなら3〜4年くらいは着れますが、その間にどんどん太ってパンツが入らなくなったりパッツンパッツンになったりしたら、せっかく20万円で買ったスーツが着れなくなってしまいもったいないです。

体型が維持できずせっかく買った服が短期間で着られなくなるリスクが有る場合、20万円のスーツなんて怖くて買えません。

筋トレをしかっこいい体型を維持することにより、高い服を長い間かっこよく着こなすことで、服装投資のROIを高めることができます。

自信を失い気力が維持できないリスク

街で歩いているおじさんのサラリーマンの多くは下を向いて冴えない顔をしています。

私の個人的な印象だけですが、ジムで体をガチガチに鍛えている人は前を向いて自信を持って歩いている印象があります。

筋トレをやることで筋肉が維持でき、体調がいいから自身を持っているように見えるのかもしれません。

ただ、「病は気から」というように気力を維持できないと体調が崩れてくる可能性があります。

筋トレをやることで姿勢がよくなり胸を張って歩けるようになると自然と自分自身への自信が出て、気力も湧いてきます。

それにより物事の多くは良い方向に転がっていきますよ。

金持ちが筋トレをやるのは得だから

私が思うに金持ちが筋トレをやるのは得だからです。

筋トレをやるには時間が取られますし、ジムやトレーナーに払うお金も必要です。

でも、筋トレをやるメリットがコストを上回ればやったほうが得です。

人生100年時代になり非常に長い期間働かざるを得ない時代になりました。

長い期間働くためには

  • 健康を維持し働ける体力を維持する
  • かっこいい外見を維持して第一印象を良くして採用される可能性を高める

ことが大事です。

また、筋トレの結果毎日を自信を持って過ごせるようになれば、仕事の成果もついてきて収入もアップする可能性があります。

筋トレをするためのコストは、

  • 一回1時間程度の時間x週2回
  • ジム代月1万円程度
  • トレーナーを付けても月3〜4万円程度(ジムで毎回トレーナーをつけるわけじゃないでしょうから)

とせいぜい月4〜5万円の支出と時間だけです。

年間での支出はプロテイン代などを含めても50万〜60万円程度でしょう。

年収1,000万円の人であれば、年収の0.5%程度を投資することで健康を維持しかっこいい体型を維持できるのですから、合理的に考えると筋トレをやらない理由はないですね。

めんどうくさいかもしれませんが、メリットが上回りますよ。

まとめ

筋トレを始めて3年が経ちます。

正直ジムに行くのはめんどうくさいのですが、筋トレをすることに大きなメリットを感じているので継続してきています。

筋トレをすることで、

  • 健康が維持でき長く働けます
  • かっこいい外見が維持できて採用されやすいです
  • かっこいい高い服を長い間着こなせ、かっこよくまた女子に憧れのおじさんになれます
  • 自信と気力がみなぎってきますので、いろいろなことがうまくいきます

結果として、筋トレをすることでかっこいいお金持ちになれるのです。

筋トレは魔法ではありませんが、非常にコストパフォーマンスの良い自己投資です。

あなたも筋トレをすることの合理的なメリットを考え、お金持ちになるために今すぐトレーニングを始めましょう。

 

SBI証券
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう