あなたは何歳までサラリーマンをやるつもりですか?

多くの人は60歳まで働き、できれば65歳までいまの会社で雇用延長して働きたいと思っているのではないでしょうか。

私も60歳まで今の会社で働こうかなと漠然と考えていたのですが、いろいろな人を見るうちに考えが変わってきました。

今回はサラリーマンが「50歳で退職し第二の人生を始められる準備」を早くすべき理由について紹介します。

本記事の対象と読んで得られること
    • 対象:人生100年のライフプランを考えているサラリーマン
    • 得られること:人生100年時代にはサラリーマンが「50歳で会社を退職できるくらいの準備」をすべきことがわかります。
スポンサーリンク

サラリーマンが60歳まで働き、定年後悠々自適に暮らすモデルは崩壊した

従来のよくあるサラリーマンのライフプランでは、

  • 60歳の定年まで働き、
  • 65歳の年金受給開始までアルバイトでもしながら食いつなぎ
  • 65歳以降は年金で悠々自適に暮らす

というものでした。

この人生戦略の元ではサラリーマンは60歳までなんとか会社にしがみつくのが最適解だったわけです。

この前提条件は、あまり明確には皆さんいいませんが

  • 会社の業績が長期間にわたって安定成長し雇用は確保できる。
  • 退職金が数千万円出る。
  • 年金は十分にもらえる。
  • 100歳を越えるまでは生きず、せいぜい70歳〜80歳で人生を終える。

というものではないでしょうか。

現状を考えてみましょう。

  • 世の中の変化が激しく、企業の入れ替わりが激しい。定年まで企業が雇用を維持できる保証はどこにもない。
  • 転職を繰り返すのが普通になっていて、退職金は多くは出ない。
  • 財源が十分にないので、年金の受給年齢は遅くなり、生活に十分な年金金額が出るかわからない。
  • 100歳を超えるレベルまで生きる人が多い。

とすでにガラッと変わっています。

いまから20年後、30年後には更に状況が変わっていることでしょう。

サラリーマンが60歳の定年までずっと会社で働き、定年後は年金で悠々自適に暮らすという人生戦略はすでに崩壊しています

我々サラリーマンはこの現実を理解し、人生戦略を練り直す必要があります。

サラリーマンは「50歳で退職し第二の人生を始められる準備」を早くすべき

実際に退職するかは別として、サラリーマンは「50歳で退職し第二の人生を始められる準備」を早くすべきです。

これは単純な理由によります。

50歳という体力があるうちに第二の人生を始めておけば成功確率が高いからです。

何事も新しいことを始めるにはガムシャラに長時間労働もいとわずに集中して働くときが必ず必要です

新しい会社や新しい事業を始めるときには尚更です。

簡単に稼げそうに見えるアフィリエイトだって、成功している人は一日10時間労働を1年間続けたなど一定期間は猛烈に作業をしています。

猛烈に働くためには体力が必要です。

60歳、65歳になって新しいことを始めようとして、一定期間猛烈に働く体力がありますか?

私はまだその年令ではないので実体験としてはわかりませんが、すでに20代、30代のときに比べて体力が衰えかけていることは実感しています。

50歳くらいならまだ元気かもしれませんが、60歳になるともう気力も体力もないんじゃないかという恐怖があります。

実際に50歳前後で新しいことを始めた人に話を聞くと、早めに第二の人生を準備しておいてよかったという話をよく聞きます。

人生100年時代に60歳で定年退職して40年間悠々自適に暮らすなんてことは現実的に不可能ですし、年老いたあなたを雇ってくれる会社があるとも限りませんので、基本的にはすべてのサラリーマンは退職後に自分自身で何か新しい仕事をする腹積もりを持っておく必要があります。

新しい事業を始め軌道に乗せるには5年〜10年くらいは掛かることを考えると、体力のある50歳くらいから実際に新しい事業を始めておく必要があります。

60歳から新しい事業を始めることは可能ですが、5年、10年と収益が上がらない中で気力と体力で頑張るというのは実際のところ難しいんじゃないでしょうか。

50歳から新しい事業をはじめて5年〜10年で安定軌道に乗せられれば、60歳〜100歳の40年の間非常に安定した悠々自適な生活を送ることができます

私はすべてのサラリーマンはこれを目指すべきだと考えます。

まとめ

サラリーマンは実際に体力するかどうかは別としてまだ気力と体力のある50歳で第二の人生を始められる準備をすべきです。

50歳から新しい事業に取り組み猛烈に働けば、5年〜10年で事業を安定させられる可能性が高いです。

60歳、65歳で新しい事業を自分で始めようとしても、気力と体力が十分にないリスクが多々あります。

人生100年時代には60歳、65歳以降の数十年の生活を自分でなんとか稼ぐ必要があります。

会社も国も助けてはくれるでしょうが、悠々自適な生活をするには十分ではありません。

また、すべての人が60歳まで会社勤めできるわけではなく、これから多くの会社は50代以降の年老いて動けない社員をどんどんリストラしていくと思います。

一般的には年齢が上がってくると給料が高い上に若い人に比べて働きませんからね。

会社としては若い人に優先的に給料を払って働いてもらうほうが合理的から、年寄は追い出していくでしょう。

「50歳で退職し第二の人生を始める準備」をしておけば、会社が50代になったあなたを早期退職でリストラしても全く問題はありません。

もともと辞めても食べていける準備をしていたわけですから、割増退職金をもらってハッピーに退職していけます。

本記事で言う「50歳で退職し第二の人生を始める準備」ということは、少なくとも40代のうちにはいろいろな下準備をしておく必要があります。

できれば30代のうちから小さく副業でいろいろなことを試しておくと良いんじゃないかと思います。

また、5年〜10年の間あまり収益が上がらないかもしれない期間を耐え抜く貯金も必要ですね。

いろいろ副業をやって見る中で50歳になるまでに仕事以外の人脈と十分な貯金を作っておけば第二の人生も比較的スムーズに始められますよ。

人生100年時代を想定し、サラリーマンは50歳から第二の人生を始められる準備をしておきましょう。

気力と体力がまだ残っている50代で新しいことを始めておけば、ガムシャラに働いて新しい事業を安定軌道に乗せることも可能だと思いますし、成功する可能性もまだ高いと思いますよ。

SBI証券
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう