あなたが周囲の人に株に投資しているといった時

「株はリスクがあるから嫌だ」

「株なんて怖いものよくやるね」

「株なんてやると損するよ」

「株だけはやるなと家訓で言われている」

といった否定的なコメントをもらうことはありませんか?

確かに株をやっていれば損する可能性は高いです。

正確に言うと、損することは100%あります。

でも、株に投資しないこともリスクなんじゃないでしょうか?

株式投資を20年間やってきて、私は株に資産を投入していないと逆に怖いです。

今回は株は怖いと思っている人向けに、「株に投資しないことはリスクである理由」を説明します。

本記事の対象と読んで得られること
    • 対象:株は怖いから絶対やらないと思っている人
    • 得られること:株に投資しないリスクがわかります。株に投資するリスク、投資しないリスクを天秤にかけてあなたの投資行動を決められるようになりますよ。
スポンサーリンク

株に投資しないと大きな資産が作れない

これは断言できますが、一般人は株等のリスク資産に投資しないと大きな資産は作れません。

不動産投資でもいいとは思うのですが、私は株のほうが得意なので株をやっています。

サラリーマンの場合、年収が高い人でもせいぜい一千万円程度です。

年収一千万円でも家族持ちの場合現実的に考えると年間200万円程度貯金できればいいほうでしょう。

仮に年200万円の貯金を20年間継続できたとして、作れる資産は4,000万円だけです。

そして、現預金だけでは何の配当も生みません。

年間200万円を貯金ではなく株に投資した場合は20年でどうなるとおもいますか?

エクセルで、

=FV(0.07/12, 12*20, -2000000/12, 0)

と打ち込んでください。

これは年200万円相当額を毎月株に投資し、年間平均リターン7%で運用した場合、20年間でいくらになるかを計算するものです。

計算結果は86821109.9709196ですから、20年で8,600万円が作れます。

年間平均リターン7%が高いかどうかは人それぞれ見方はあるでしょうが、米国のSaaS銘柄の場合年率20%、30%で売上成長をしている企業が多くありますので、そういった高成長銘柄に投資していけば十分に実現可能です。

また、私のシンガポールリートでも年間平均リターン7%は稼げていますので、シンガポールリートで7%のリターンを出せるなら、株でも同等かそれ以上のリターンは出せると思いますよ。

貯金だと4,000万円にしかならなかったものが、控えめな年間平均リターンを使った計算でも株に投資すれば20年で倍以上になりました。

つまり、中長期で考えれば現預金ではなく株に投資することで大きな資産を作ることができます。

大きな資産があれば経済的にも安心ですし、子供の留学費も余裕で出せますし、年に二回くらい家族で海外旅行に行けるかもしれません。

これは大きな差です。

あなたは株に投資して中長期的に大きな資産を築くのがいいですか?

あるいは、株に投資せずに資産に大きな差をつけられるのがいいですか?

株に投資しないとお金を増やす機会を逃す

株は怖いという人がいますが、私は株に投資していないと不安です。

なぜなら株に投資していないとお金を増やすリスクを逃す可能性が高いです。

例えば、私は日本株で弁護士ドットコムに投資して、株価は買値の3.67倍に上がっています。

もし私が弁護士ドットコムに投資していなければ、現在の利益は得られませんでした。

他、チームスピリット、CyberArk Software, Paycom Software, Wix.com, Splunkへの投資で得られている利益も、株に投資していなければ得られなかったものです。

私は株式市場でお金儲けする機会を逃さないために株式投資を続けています。

機会なんていつどこにあるかわかりませんよね。

私もあなたも神様ではないので、未来は常にわかりません。

あなたが株に投資せずにお金持ちになる機会を逃している横で、大儲けしている人はいます。

あなたはチャンスをみすみす逃したいですか?

チャンスを自分のものにしたいですか?

株では37敗程度勝てれば十分

株に投資していない人がよく理解していないかもしれませんが、株式投資では損してもいいんです。

むしろ、投資した銘柄全部が上がるなんてことは100%ありません。

28敗でも37敗でもいいですが、私のような一般人の場合投資した半分以上が含み損になることもあります。

例えば、私は40銘柄を保有して、儲かっているのは12銘柄だけです。

勝率3割です。

でも、株のポートフォリオ全体としては十分に利益は出ています。

7割損しても残り3割で利益を伸ばして、株のポートフォリオ全体として利益を出す程度でいいんですから、気楽にやって大丈夫です

株をやったことがない人が「株は損するから嫌だ」ということはありますが、「株は損しても良いんです。全体で利益が出れば。」といってあげましょう。

もちろん、損切りするなどリスクのコントロールはちゃんとする前提ですよ。

株のリスクは慣れればコントロールできる

株のリスクが怖いという人は多いですが、株のリスクなんて慣れの問題です。

継続的に投資していれば、だんだん慣れて心理的にも技術的にもリスクをコントロールできるようになります。

何事もそうですが、継続的にやっていれば株だってうまくなります。

株のリスクが怖いからといって株に投資しなければいつまでたっても株のリスクをコントロールできるようにはなりません。

株のリスクがコントロールできるようになれば、勝率2割でも3割でもポートフォリオ全体としては株への投資で利益をあげられるようになりますよ。

まとめ

「株をやるのは損するかもしれないし怖い」という常識に対して、投資家視点から「株に投資しないと別のリスクがあって怖い」ことを説明しました。

株に投資しない場合のリスクは、一言で言うと「株に投資していれば得られたであろう金儲けの機会損失」です。

株に投資すると損する点については、3勝7敗でも十分な利益が出ている私の例を紹介しました。

若干極端かもしれませんが、10銘柄に100万円づつ均等に投資し、うち9銘柄が買値から30%下がり、1銘柄が10倍になったとしましょう。

その結果、100万円x10銘柄=1000万円投資した結果の資産は、

100万円x70%(30%の損)x9+100万円x10倍=1,630万円になり+60%の収益を得られます。

個別株で損していても、全体で利益が出ればいいじゃないですか。

株式投資の目的はあなたの資産を増やすことで、全ての個別株で利益をだすことではないはずです。

株に投資せずに資産を増やせずにいるのが良いのか、若い頃から大きく株に投資して幸せな生活を実現できる資産を築くのがいいのか、あなたはどちらを選びますか?

SBI証券
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう