あなたはどういった理由で海外投資をやっていますか?

あるいは、海外投資をまだ始めようとしているのであれば、始めようと思った理由は何でしょうか?

私は1999年に今はなきシュワブ東京海上証券で米国株から海外投資を始め、すでに20年余りが経ちました。

今回はこの20年の間一貫して海外投資をしてきた経験から、海外投資がおすすめな理由について紹介します。

本記事の対象と読んで得られること
    • 対象:海外投資に興味がある投資家
    • 得られること:海外投資をすることのメリットが分かります
スポンサーリンク

海外投資をすると日本の自然災害リスクをヘッジできる

中年になり資産の安定性をより意識するようになった今、私にとって重要なことは日本の自然災害リスクから自分自身の資産を守ることです。

日本企業もグローバル化しているとはいえ、本拠地が日本にある日本企業では自然災害リスクから逃れることはできません。

思いつくだけでも日本には以下のような自然災害リスクがあります。

  • 巨大地震
  • 台風による大雨、強力な風
  • 火山の爆発
  • 津波
  • 大雪

実際、毎年のように何らかの自然災害でどこかの地域が大ダメージを食らっています。

大切な資産を毎年毎年自然災害が発生していてかつ南海トラフ地震のような巨大地震のリスクが有る日本に集中投資するというのは、資産のリスク管理の観点で問題があります。

日本以外の国も多かれ少なかれ自然災害はあるのですが、世界中で同時に自然災害が起こることは殆どありえませんので、日本以外の国に資産を分散投資することで、大きく自然災害リスクを減らせます。

また、海外には以下のように日本とは比べ物にならないくらい自然災害リスクが低い国があります。

  • シンガポール
  • ドイツ
  • スイス
  • スウェーデン
  • オーストラリア

などです。

日本から比較的容易に投資できるところだと、シンガポールが一番自然災害リスクが少なく、次にオーストラリアでしょう。

シンガポールは地震も台風もありませんが、オーストラリアはたまに大きくない地震や山火事があります。

逆に日本は世界最悪レベルの自然災害リスクが高い国です。

あなたの資産が大切だからこそ、積極的に海外に投資をして日本の自然災害リスクから逃れるべきです。

海外投資をすることで日本では投資できない高配当銘柄に投資できる

私の投資しているシンガポールリートのように、海外投資をすることで日本では投資できない高配当銘柄に投資できることも海外投資のおすすめポイントです。

代表的な例は海外リートです。

Jリートも魅力的な投資対象で私自身も投資していますが、さすがに株価が上がりすぎて利回りが低くなりすぎました。

Jリートの時価総額が大きい銘柄は配当利回りが3%を切る銘柄も珍しくない状況です。

一方シンガポールリートの最大級銘柄であるAscendas Reitの配当利回りはまだ4%を越えており、シンガポールリートの銘柄を組み合わせれば今でも運用利回り6%〜7%で運用することは十分に可能です。

Jリートを使い広く分散させたポートフォリオで年間利回り6%〜7%を出すことはほぼ不可能ですから、リートに投資し安定した高配当を狙いたいなら海外投資をする必要があります。

その他にも

  • 米国の優先株に投資するiShares Preferred and Income Securities ETF (PFF)
  • 海外のインフラに投資するCK Infrastructure (香港)

等日本株やリートだけでは投資しきれない高配当株に投資できるのは海外投資の魅力です。

海外投資を通じて世界的なイノベーションに投資できる

海外投資によって高配当銘柄に投資するだけでなく、世界的なイノベーションに投資することもできます。

例えば、

  • 遺伝子治療薬を開発したノバルティス、ギリアド・サイエンシズ
  • 中国のAI企業iFlytek
  • 自動運転で世界をリードするGoogle
  • 顔認識による支払いなど革新的ソフトウェア技術を次々と投入しているAlibaba, Tencent
  • 監視カメラの世界トップのHikvision

などという会社は日本では投資できません。

企業の株価は最終的には業績を反映するものですが、革新的なイノベーションを起こしていく企業の株価は将来的に上がる確率が高いのではないかと考えます。

日本の大企業が革新的なイノベーションをほとんど起こせなくなった今、日本株だけに投資するのは全く合理的ではありません。

まとめ

新入社員の頃から20年余海外投資をしてきました。

今でも資産の過半は海外投資を続けています。

海外投資がおすすめというより、日本にしか投資しないこともほうが理解ができません。

世界は広く、世の中には私やあなたが知らないようなとんでもない可能性を持った株やリートがあります

「よくわからない海外株を買うのは怖い!」と思うかもしれませんが、調べればいいだけのこと。

シンガポール、オーストラリアは英語が読めれば投資できますし、中国株をディープに投資したいなら中国語を勉強して中国語のIRを読めるようになればいいだけです(中国語は簡単ですよ)。

海外投資をすることで、日本に投資するよりは

  • 資産を自然災害リスクから守りやすくなる
  • 魅力的な高配当銘柄に投資しやすくなる
  • 世界的なイノベーションに投資しやすくなる

という非常に大きなメリットがあります。

私が20年間等し続けているのは大きなメリットを感じているからです。

海外投資を始めるのにおそすぎるなんてことはありませんので、ぜひいまから海外投資の扉を開いてきましょう。

SBI証券
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう