時価総額1兆円というとどんな会社をイメージしますか?

日本で時価総額が1兆円前後の企業というと

  • 三菱ケミカル
  • パン・パシフィックインターナショナル
  • 豊田通商
  • ネクソン
  • 光通信
  • ユニー・ファミリーマート
  • 丸紅
  • オービック
  • 日本オラクル
  • 日本航空
  • 中部電力

あたりになります。

イケイケの超高成長企業っていう感じではないですよね。。。

日本の時価総額1兆円企業はワクワクしないしときめかない!!

という印象を持つのではないでしょうか。

成長率が高そうな銘柄でもオービックとオラクルが10数%程度です。

これが米国市場に目を向けて時価総額1兆円前後の企業を見てみると状況が全く違います。

今回は時価総額1兆円前後のイケイケの超高成長企業をまとめてみます。

これを見れば、何故私が米国株への投資を推しているのかわかると思いますよ。

スポンサーリンク

時価総額1兆円前後にはどんな会社があるか

時価総額が1兆円というと、米ドルでUSD 10B前後になります。

どんな会社があるのでしょうか。

時価総額USD 10Bというと以下のようなものがあります。

  • Paycom Software USD 14B
  • DexCom USD 14B
  • The Trade Desk USD 12B
  • Yandex USD 12B
  • RingCentral USD 11B
  • WayFair USD 11B
  • Alnylam Pharmaceuticals USD 10B
  • NovoCure USD 10B
  • Insulet USD 9B
  • HubSpot USD 9B
  • Coupa Software USD 9B
  • DocuSign USD 8B

他にも色々銘柄はあるのですが、時価総額1兆円前後だと米国ではクラウドソフトウェア企業、バイオベンチャーが多いですよね。

米国の時価総額1兆円前後の会社の売上高と売上高成長率はどんなものか?

では、次に米国の時価総額1兆円前後の会社の売上高と成長率を見てみましょう。

数字は2018年度のものを使います。

Paycom Software

  • 売上高:USD 566M
  • 売上高成長率:YoY 31%

DexCom

  • 売上高:USD 1.032B
  • 売上高成長率:YoY 44%

The Trade Desk

  • 売上高:USD 477M
  • 売上高成長率:YoY 55%

Yandex

  • 売上高:USD 1.837B
  • 売上高成長率:YoY 36%

RingCentral

  • 売上高:USD 673M
  • 売上高成長率:YoY 33%

WayFair

  • 売上高:USD 6.7B
  • 売上高成長率:YoY 44%

Alnylam Pharmaceuticals(バイオベンチャー)

  • 売上高:USD 74M
  • 売上高成長率:YoY -13%

NovoCure

  • 売上高:USD 248M
  • 売上高成長率:YoY 40%

Insulet

  • 売上高:USD 563M
  • 売上高成長率:YoY 22%

HubSpot

  • 売上高:USD 513M
  • 売上高成長率:YoY 37%

Coupa Software

  • 売上高:USD 260M
  • 売上高成長率:YoY 39%

DocuSign

  • 売上高:USD 701M
  • 売上高成長率:YoY 35%

Alnylam Pharmaceuticalsはバイオベンチャーで売上がほとんど立っていないのと、WayFairは家具のECで売上高が高くなるのを除いても、軒並み売上高成長率で20%-50%と高成長を実現しています。

これが米国の時価総額1兆円企業です。

日本の時価総額1兆円企業だと、日本航空が売上高1兆5000億円、三菱ケミカルが売上高3兆9000億円と、米国の時価総額1兆円企業に比べて比較にならないほど売上高は大きいのですが、売上高成長率が全然違います。

日本の時価総額1兆円企業は売上高が大きく規模が大きい会社、米国の時価総額1兆円企業は売上高成長率が非常に高い会社、という違いになります。

同じ売上高なら米国市場のほうが投資家に評価されて時価総額も大きくなりがちという側面もあるので、投資するなら日本株より米国株のほうが成功確率が高いんじゃないかなと思いますよ。

まとめ

時価総額1兆円前後の銘柄について、日本と米国を比較しながら、米国の超高成長企業を紹介しました。

米国市場はバブルだという見方もできるかと思うのですが、たしかに米国の時価総額1兆円企業の売上高成長率は日本に比べて遥かに高いです。

株式投資というのは未来を予想するゲームですから、将来大きく伸びるだろうなとみんなが思う企業の株は高くなり、それに投資した投資家も儲かります。

あなたが投資するなら売上高の規模は大きいけれども売上成長率が非常に低い会社か、規模は小さいけれども年率30%-50%で売上が伸びている会社か、どちらに投資したいですか?

私は後者のほうがワクワクするので、校舎に投資したいですね。

米国の時価総額1兆円前後の会社には、投資先として非常に面白い会社が多いので、ぜひあなたも米国株投資を始めてみましょう。

 

SBI証券
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう