じぶん銀行ってご存知ですか?

KDDIと三菱UFJ銀行が共同出資で作った銀行で、今後はKDDIが過半数の株式を取り子会社化し、2020年3月末までにauじぶん銀行と名称も変える予定です。

私はauユーザーではないのですが、副業用の銀行口座としてじぶん銀行に新規で口座を開設しようか迷っています。

副業用口座は生活用・個人用・投資用口座とは完全に分けたほうがいいのですが、すでに殆どのネット銀行に口座を開設済みかつ特定目的で利用済みで、それを副業用に変更するのは少しめんどうなんですよね。

そこで、いままで使ったことがなかったじぶん銀行を使ってはどうかと思ったわけです。

ただ、私はauユーザーではありません。

じぶん銀行はauユーザー向けの銀行向けというイメージがあり、果たしてauユーザー以外にメリットがあるのかどうかわかりませんでした。

そこで、auユーザーではない私が副業用に使う前提でじぶん銀行はメリットが有るのかどうかを調べてみたので、結果を紹介します。

本記事の対象と読んで得られること
    • 対象:auユーザー以外でじぶん銀行への口座開設を検討している人
    • 得られること:じぶん銀行をauユーザー以外が使った場合のメリットがわかります。
スポンサーリンク

サラリーマンの副業用銀行口座に求められる条件

今回の検討の前提はサラリーマンの副業を管理する銀行です。

サラリーマンの副業を管理するための銀行口座に求められる条件は、

  • GoogleやASPからの振込口座に指定できる。
  • コンビニATMから手数料無料で出金できる。
  • 生活用口座、個人用口座、投資用口座に手数料無料で振込できる。
  • 生活用口座、個人用口座、投資用口座とは全く別の銀行。
  • 魅力的なクレジットカードかハイセキュリティデビットカードがあること

といったものです。

生活用、個人用、投資用口座に副業収入を振り込んでしまうと、あとで副業分だけを抜き出して経理処理や確定申告する時に大変です。

一方、副業専用の銀行口座で入金、支出も管理すれば、お金の流れを完全に分けて管理ができ、経理処理や確定申告がとても楽です。

仮に税務署から「この支出は本当に副業用なのですか?」と問い合わせがあった場合でも、副業専用口座から支出していればあなたも強く主張できます。

実際問題、生活用口座と副業口座を一緒にしてしまうと、

あれ?この支出は自分用だったっけ?副業用だったっけ?

とあなた自身がわからなくなってしまいますからね。

副業管理のためには副業専用の銀行口座を持ちましょう。

なお、目的別口座で配当金が振り込まれる証券口座と完全に明細を分けて管理できる場合は、投資用口座と副業用口座を兼ねるのもありです。

なぜじぶん銀行を副業用に使おうと思ったか?

コンビニATMで預金を無料で引き出せる、振込手数料が無料という条件で銀行を探すとネット銀行しか使えません。

候補としては、

  • 住信SBIネット銀行
  • 楽天銀行
  • GMOあおぞらネット銀行

があがりますが、私の場合全部生活用、投資用で使ってしまっています。

すでに使っていないネット銀行となると

  • ジャパンネット銀行
  • イオン銀行
  • じぶん銀行

になります。

ジャパンネット銀行は振込手数料が無料にならないので却下ですし、イオン銀行は将来イオンが近所にある場所に引っ越した場合は生活用口座として使うので留保せざるを得ないため、消去法で「じぶん銀行」が残ったわけです。

ただ、一つ懸念はauユーザー以外がじぶん銀行を使ってメリットがあるのかどうか?です。

じぶん銀行のauユーザー向けのメリット

じぶん銀行のauユーザー向けのメリットは何でしょうか?

それは以下です。

  • au WALLETクレジットカード、auでんき、じぶん銀行をセットで使うとWALLETポイントが約3倍貯まる
  • auの利用料金をじぶん銀行からの引き落としにするとWALLETポイントが貯まる
  • au WALLET プリペイドカードに直接チャージできる(au WALLETプリペイドカードはauユーザーしか使えません)
  • カードローンau割で、カードローンの金利が年0.5%優遇される

また、じぶん銀行のメリットというわけではありませんが、auユーザーであればau WALLETクレジットカードの年会費が無料です。

要はこれらのメリットを受けられないことが、致命的なデメリットでなければいいわけです。

まず。そもそもauの携帯電話を使うよりも格安SIMを使ったほうが通信料が安いのでauを使う気はありません。

auを使いじぶん銀行で引き落とすとWALLETポイントが貯まると言ったって、格安SIMを使ったほうが全然安いので、WALLETポイントの付与有無はあまり関係はありません。

カードローンは使う気が全く無いので、金利の優遇も関係ありません。

au WALLETプリペイドカードは使う気がないので、これに直接チャージできようが関係ありません。

このため私の環境では、じぶん銀行のau特典はあまりメリットに感じませんね。

auユーザー以外がじぶん銀行を使った場合のメリット・デメリット

一方でauユーザー以外がじぶん銀行を副業用に使った場合のメリット・デメリットは何でしょうか?

auユーザー以外がじぶん銀行を使った場合のメリット

メリットは、じぶんプラスステージ3の場合で、

  • 三菱UFJ銀行への振込が何度でも無料
  • 他の金融機関への振込が月1回無料
  • コンビニATMでの引き出しが月4回無料(ゆうちょATMは月1回のみ無料)

というものです。

もしクレジットカードや副業専用携帯の引き落としをじぶん銀行でし、残高が50万円以上ある場合はじぶんプラスステージ4に該当しますので、以下のようなより良いサービスを受けられます。

  • 三菱UFJ銀行への振込が何度でも無料
  • 他の金融機関への振込が月8回無料
  • コンビニATMでの引き出しが月8回無料(ゆうちょATMは月1回のみ無料)

副業をやっていれば残高50万円にはすぐに到達するでしょうし、副業専用のクレジットカードも作るのでじぶんプラスステージ4にはすぐに到達しますよ。

無料振込回数が1回だと不足してしまいますが、8回あれば十分すぎるでしょう。

auユーザー以外がじぶん銀行を使った場合のデメリット

逆にデメリットは、auグループのメインのクレジットカードであるau WALLETクレジットカードを年会費無料で使えないことです。

じぶん銀行スマホデビットというJCBのデビットカードは使えるものの、Oki Dokiポイントが貯まらないのでポイント還元を考えると使う気がしませんし、副業で海外経費を精算するときにJCBだと決済できない場合が多いので、正直使いづらいです。

通常ネット銀行は実質的に年会費が無料の優れたクレジットカード・デビットカードを持っているものです。

  • 住信SBIネット銀行:ミライノカード
  • 楽天銀行:楽天カード
  • GMOあおぞらネット銀行:ハイセキュリティカード(導入予定)

auユーザーであればすなおにau WALLETクレジットカードを副業用に使えばいいのですが、auユーザー以外の場合年会費がかかるので躊躇しますね。

副業専用クレジットカードのため年会費も副業の経費で落ちるからいいといえばいいのですけど、

au WALLETクレジットカードの年会費が掛かるのが心理的にデメリットに感じますね。

ただ、正直実質的にはたいした問題ではありません。

まとめ

auユーザー以外がじぶん銀行を使った場合にメリットがあるのか?について紹介しました。

結論としては、じぶん銀行はauユーザー以外が使っても

  • コンビニATMでの預金引き出し回数は十分に多い
  • 他の金融機関への振込手数料無料回数も十分に多い

ため十分にメリットがあります。

還元率1%のau WALLETクレジットカードを年会費無料で使えないのは痛いところですが、代わりにオリコカード ザ ポイントなど還元率1%のクレジットカードはあるので、これはたいしたデメリットではありません。

auユーザー以外がじぶん銀行を使っても十分にメリットはあり使い勝手の良い銀行といえるでしょう。

生活口座と副業口座を完全に分ける観点では、auユーザー以外が積極的にじぶん銀行を副業管理用に使うのはメリットがありそうですよ。

あなたの副業管理用にじぶん銀行を是非検討してみてください。

私もなにかキャンペーンをやっているときに口座開設を申し込んでみます!!

 

SBI証券
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう