サラリーマンの給料以外に月10万円の不労所得があったらどんなに生活が楽になるでしょうか?

月10万円あれば、勉強に使えたり、旅行行けたり、お金を気にせずおいしいものを食べられたり、サラリーマンの給料だけでは住めないような家に住めたり、いろいろ生活の幅が広がります。

サラリーマンの給料を月10万円上げるのはかなりしんどく、普通であれば転職して給料を上げるしか方法はないでしょう。

ただ、世の中には転職して給料を上げる以外に不労所得で月10万円稼ぐ方法が色々あります。

今回は生活の幅を大きく広げるために、リスクを取らずに不労所得で月10万円を稼ぐ方法を紹介します。

スポンサーリンク

リスクを取らずに不労所得月10万円稼ぐ方法一覧

あまりリスクを取らずに不労所得月10万円を稼ぐ方法には以下のような方法があります。

  • 高配当ETFで月10万円稼ぐ
  • ブログアフィリエイトで月10万円稼ぐ

他には、シンガポールリートに投資して稼いだり、高利回り通貨FXのスワップポイントで稼いだり、JTのような高配当個別株で稼いだりもできます。

ただ、以下のような問題点があるので、今回は除外しておきます。

  • シンガポールリート:私もガッツリ投資していますが、日本からだとシンガポールの証券口座を開設できないので、投資するのが難しい。
  • 高利回り通貨FXのスワップポイント:高利回り通貨は時々暴落することがあり、一気に資産を失う可能性がある。
  • JTのような高配当個別株:高配当株は業績に問題がある企業が多いので、業績悪化懸念で株価が大きく売られる場合があり、資産を失う可能性がある。

リスクを取らないという前提で不労所得を得ようとする場合、高配当ETFとブログアフィリエイトの二択でしょう。

高配当ETFで不労所得月10万円を稼ぐにはどうすればよいか

高配当ETFというのは、文字通り配当利回りが高いETF(上場投資信託)です。

高配当ETFの種類としては、

  • 高配当株ETF
  • 高配当リートETF
  • 高配当債券ETF

の3つがあります。

以下で具体的な例を見ていきましょう。

高配当株ETFとは何か?

高配当株ETFというのは高配当株に分散投資するETFのことで、銘柄としては

  • iシェアーズ MSCI ジャパン高配当利回り ETF(1478)(利回り 3.98%)
  • NEXT FUNDS 日経平均高配当株50指数連動型上場投信(1489)(利回り 4.34%)
  • One ETF 高配当日本株(1494)(利回り 3.12%)

あたりがおすすめです。

他にも高配当株ETFはあるのですが、運用コストが高いのでリストに入れていません。

現在だとおおよそ配当利回り3.5%は期待できそうです。

高配当リートETFとは何か?

高配当リートETFとは、リートに分散投資するETFです。

具体的には、

  • Jリート:NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信(1343)(利回り 3.10%)
  • アジアリート:上場インデックスファンドアジアリート(1495)(利回り 3.60%)
  • 豪州リート:上場インデックスファンド豪州リート(S&P/ASX200 A‐REIT)(1555)(利回り 3.45%)
  • 米国リート:iシェアーズ 米国リート ETF(1659)(利回り 3.45%)

が挙げられます。

配当利回りとしては総じて3.4%くらいですね。

昔はリートの利回りはもっと高かったのですが、リートの価格が上がってしまったため現在では少しさみしい利回りです。

高配当債券ETFとは何か?

債券ETFはいろいろあるのですが、国内債券に投資するNEXT FUNDS 国内債券・NOMURA‐BPI総合連動型上場投信(2510)のようなETFの場合、配当利回りが0.4%程度しかないためとてもではないですが月10万円の不労所得を稼ぐには向きません。

もっと配当利回りが高い債券ETFに投資する必要があります。

具体的には、上場インデックスファンド新興国債券(1566)(利回り 5.94%)です。

これ以外の債券ETFの場合、配当利回りが3%を切るため高配当とは言えず、不労所得を稼ぐという点ではメインでは使えません。

高配当ETFで不労所得月10万円を稼ぐにはどうすればよいか

高配当ETFは高配当株、高配当リート、高配当債券ETFの3つがあることがわかりました。

では、高配当ETFで不労所得月10万円を稼ぐにはどうすればよいのでしょうか?

これは単純に計算できます。

  • 高配当株ETFの場合:4,300万円を投資すれば良い
  • 高配当リートETFの場合:4,400万円を投資すれば良い
  • 高配当債券ETFの場合:2,500万円を投資すれば良い

ということになります。

また、高配当株、リート、債券ETFを1/3づつ投資するとした場合は、3,800万円の投資が必要です。

ブログアフィリエイトで不労所得月10万円を稼ぐにはどうすればよいか

ブログアフィリエイトで不労所得月10万円稼ぐには、200記事のブログを2個作ればよいです。

manablogの「【朗報】ブログで200記事を書くと、月5万円くらい稼げる話【嬉しい】」とありますが、だいたいこんなものかもしれません。

当ブログは若干違いますが、マナブさんのいうように魂を入れた記事x200個=月5万円という方程式は体験的に納得がいきます。

初心者が200記事のブログを作るには10ヶ月〜1年かかります。

二個目のブログはもっと早く作れるのかもしれませんが、1年掛かると想定しておけば足りるでしょう。

つまり、2年間かければ凡人でもブログアフィリエイトで月10万円の不労所得を稼ぐことが可能です。

200記事x2ブログ=400記事を書く際ですが、できるだけ数年経っても内容が色褪せないことを意識して書きましょう。

頻繁なリライトが必要な内容でブログを書いた場合、リライトをし続けないといけなくなり不労所得とは言えませんから。

まとめ

リスクを取らずに不労所得月10万円を稼ぐ方法について検討してきました。

リスクを取らない前提ですと、

  • 高配当ETFを使うか
  • ブログアフィリエイトを使うか

の二択です。

ブログアフィリエイトについては、アフィリエイトで稼いでも、アドセンスで稼いでもどちらでも構いません。

高配当ETFを使い株式・リート・債券に1/3づつ投資する場合は、3,800万円投資すれば不労所得月10万円を稼げます。

ブログアフィリエイトを使う場合は、2年間かけて200記事のブログを2個つくれば不労所得月10万円を稼げる可能性があります。

なお、ブログアフィリエイトの場合は、努力の方向性を間違えると2年間努力して一円も稼げないという可能性があるので注意して下さい。

高配当ETFで稼ぐやり方のほうが比較的確実性が高いですが、現在の利回りが将来も確約されているわけではないことはご理解下さい。

いずれにせよ不労所得月10万円を稼ぐことは現実的に十分可能です

資金がある人は高配当ETFを買えばいいですし、資金がない人はブログアフィリエイトに2年間ガチで取り組めばいいだけです。

不労所得月10万円あれば生活の幅が大きく広がります。

サラリーマンの給料だけに頼るのではなく、自分自身で稼ぎ人生の幅を広げていきましょう。

SBI証券
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう