額面の年収300万円というと手取り月収で20万円前後だと思います。

年収300万円だと投資なんてできない!!

と思っている人も多いと思いますが、そんなこともありませんよ。

小さくても毎月投資を始めることには大きな意味があります。

お前は資産1億円以上あるじゃんか!と言われるかもしれないですが、私の生活は非常に質素なので月収手取り20万円あれば十分に暮らせて投資できるように運用しています。

今回はそんな私の質素な生活も元にしながら、「年収300万でどうやって家計管理と資産形成をしたら良いのか」について多少具体的に説明します。

本記事の対象と読んで得られること
    • 対象:年収300万で資産形成なんてできないよ!と思っている人
    • 得られること:年収300万円でも十分資産を作れることが分かります。
スポンサーリンク

年収300万円でボーナスが無い場合の家計管理の例

年収300万円でボーナスが無い場合は、手取り月収が20万円くらいでしょう。

この場合は、以下のような家計配分にすれば良いと思います。

  • 家賃6万円(東京だと少し郊外に住む)
  • 食費4万円(昼飯代含む)(完全自炊、お酒は一切やめる)
  • 交際費1万円
  • 公共料金1万円
  • 日用品0.5万円
  • 趣味・娯楽1万円
  • ジム代1.5万円(健康にはお金を使う)
  • 衣服・美容2万円(外見にもお金を使う)
  • 通信費0.5万円(格安SIM)
  • 投資2.5万円

これで月20万円です。

なんかできそうな気がしませんか?

私の場合は家賃と投資は上記よりはるかに大きな額を使っていますし食費が多少多いですが、基本はこんな感じです。

なお、月収手取り20万円であってもジムでカラダを鍛えることと、衣服・美容には最低限この程度はお金を重点的につかうことをオススメします。

見た目が貧乏になると金持ちにはなれませんから。

ただ、年収300万円だと子供の教育費が捻出できませんので、奥様にも働いてもらって月10万円〜15万円を稼いでもらい、奥様が稼いだ分は1/3を子供の将来の学費、1/3を食費、残りの1/3を今の教育費に回せば、あなたの年収が300万円でも十分に人並み以上の生活ができますよ。

くれぐれも酒、タバコ、ギャンブルは一切止めましょう。

そして、奥様が働きに出ている場合は、夫の方がほとんどの家事と料理をしましょう。

奥様は働いて、子供の面倒を見るので大変ですから。

年収300万円でどうやって資産形成ができるのか

年収300万円だと、いくら家計をコントロールしても、毎月の投資可能な資金は2.5万円くらいが限界だと思います。

じゃあ、これでどうやって投資すれば良いのでしょうか?

簡単です。

米国株式に投資してリスクを取るしか方法がありません

毎月2.5万円しか投資ができないけれども資産を作りたいのであれば、中長期で米国株式投資をすることです。

具体的には

楽天・全米株式インデックス・ファンドに毎月2.5万円をつみたてNISAで積立投資する

方法が最良です。

楽天・全米株式インデックス・インデックスファンドは米国株式に広く投資する投資信託です。

米国株式に投資したほうが良い理由は

  • 世界経済の中心が米国
  • 社会を変えるイノベーションの多くは米国から出てきており、成長力がある
  • 米国企業はグローバルに事業展開をしていて、米国株に投資することは全世界に投資することに等しい

からです。

年収300万円で積立投資をするとどのくらいの資産を築けるのか

年収300万円で月2.5万円の積立投資をすると、どのくらいの資産を築けるのでしょうか?(あくまで期待値です)

仮に2.5万円をつみたてNISAの非課税運用期間である20年間積立投資した場合、

  • 平均運用利回り7%で、20年後に1,300万円(=FV(0.07/12, 12*20, -25000))
  • 平均運用利回り10%で、20年後に1,800万円(=FV(0.1/12, 12*20, -25000))

になります。

なお、つみたてNISAで投資をしている間は株価が暴落しようとめちゃくちゃに騰がろうと決して売ってはいけませんよ。

20年間ホールドしましょう。

仮に22歳から投資を始めると42歳で1,300万円〜1,800万円の資産を築けているのですから、悪くはないでしょう。

(繰り返しますが、これはあくまで期待値で、このリターンが保証されているわけではありません。ただ、年間利回り7%〜10%というのは非現実的な数字ではありませんし、私自身もこの程度のリターンを期待して楽天・全米株式インデックス・ファンドに投資しています)

なお、少し余裕があればブログで月5万円程度稼いで、それも投資に回すと上記よりも遥かに大きな資産を作ることができますよ。

こちらの記事も参照してください。

まとめ

年収300万円での家計管理の具体例と資産形成の方法を紹介しました。

お子様がいるのであれば教育費を捻出するために共働きは必須ですが、あなたの年収が300万円でも十分に人並み以上の生活と資産形成はできますよ。

もし奥様がこの記事を見ていたら、ぜひ旦那様に酒、タバコ、ギャンブルをやめてもらい、ジムに行かせてください。

ジムに行って体を鍛えると自然と食事にも体を気を使うようになり、旦那さまの方から自分で料理をしだすと思いますから。

若い頃から楽天・全米株式インデックス・ファンドにつみたてNISAで投資していれば、40代の前半で1,000万円以上の資産を築くことは十分に可能です。

1,000万円の資産あれば、それを使って子供を海外留学させることもできますし、マンションを買うこともできるでしょう。

年収300万円がずっと続いたとしても、それを投資していなかった人に比べて全く別の次元の人生を過ごすことが可能になりますよ。

若い頃からきちんとした家計管理をする習慣にしていれば、何も考えなくても節約できるようになるので、ぜひ若い頃から家計管理と積立投資を習慣にしましょう。

日々の小さな行動がきっと20年後に大きな差を生みますよ!

 

 

SBI証券
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう