まだ現金使って消耗してますか?

現在、私はコンビニでの100円程度の少額支払を含めて私は基本的に日常のほぼすべての支払いをクレジットカードか電子マネーで支払うようになりました。以前はコンビニのような少額決済の場合は現金を使っていたのですが、現金(特に小銭)を持ち歩くのがめんどうになり、全部クレジットカード・電子マネーに切り替えました。クレジットカードが使えるお店は全部クレジットカードで払います。また、現金しか使えないような飲食店は行きませんし、現金しか使えないお店も価格が安いなどよほどのメリットがない限り行きません。

私のようなキャッシュレス生活を送る人は増えているのだと思うのですが、コンビニ、スーパーなどではまだレジで現金払いをしている人をまだよく見かけます。現金払いの場合、お札、小銭を財布の中から探すのに時間がかりますよね。クレジットカード、電子マネー派の私がピっと一瞬で支払いを終えレジを通過していく横で、ずっと財布の中から小銭を探している姿をよく見ます。

これだけキャッシュレスが浸透した時代でも、まだキャッシュレス生活のメリットを十分に理解せず現金信仰をしている人が多いのでしょう。

今回はほぼキャッシュレスを送っている私が、キャッシュレス生活の6つのメリットを紹介します。

本記事の対象と読んで得られること
    • 対象:まだ現金払い中心だけど、キャッシュレス生活には興味がある方
    • 得られること:キャッシュレス生活のメリットを理解できますよ

本記事を読んで、キャッシュレス生活に移行する一歩を踏み出してもらったらうれしいです♪

スポンサーリンク

SBI証券

キャッシュレス生活のメリット

キャッシュレスは使い過ぎを防止できる

現金の場合だとレシートを取っておかないと支払の履歴がわかりません。レシートなんて取っておきますか?紙のレシートは財布の中でかさばるので、保証書に添付するなどの理由がない限り私はすぐに捨ててしまいます。現金支払いだと、何に幾ら使ったのかが頭の中の記憶以外には何もわからなくなります。

キャッシュレス生活の場合はクレジットカードや電子マネーなどのアプリを見れば支払履歴が残っていますので、いつ何に幾ら使ったのかきちんとデータで把握することができます。使った項目と内容がわかるので、あとから検証もできますし反省もできます。この支払履歴の見える化により、きちんと支出を管理できます。

キャッシュレス生活で履歴をデータで管理できるほうが使い過ぎを防止できますよ。

キャッシュレスは支払履歴データをもとに家計簿が自動で作成できる

キャッシュレス生活の場合、支払履歴が全部データ化されています。家計簿アプリ(マネーフォワードME等)でクレジットカード、電子マネーと家計簿を連携させれば、支払履歴のデータを全部家計簿に自動で取り込み、仕分けをすることができます。

これも現金払いだったら、いちいち家計簿アプリに自分で仕分けし、金額を撃ち込まないといけません。手作業で家計簿を作るなんていうそんな旧石器時代のようなことはいまさら誰もやらないでしょう。

キャッシュレス生活の場合家計簿が自動作成できるので便利ですよ。

キャッシュレスは荷物が軽く盗難の可能性も低く安全

キャッシュレス生活のほうが現金を持ち歩く必要がない分荷物も軽くなり、かつ安全です。現金を持ち歩く場合財布を取られたらすぐに現金は全部持っていかれます。クレジットカード払いであれば署名やPIN番号の入力が必要なので財布を盗まれたとしてもすぐに使われるわけではないですし、また仮に使われたとしても不正利用であればクレジットカード会社が保証してくれる可能性もあります。財布を無くしたことに気づいたらすぐにクレジットカード会社に電話すれば利用を止めてくれます。現金の場合、盗まれた現金の利用を止めるなんてことはできませんよね。

キャッシュレス生活のほうが現金より安全ですよ。

キャッシュレスは現金をおろす時間の無駄がない

現金払いの場合、手持ちの現金がないっていう場合もありますよね。その場合近くのATMを探し、わざわざそこまでいって現金をおろすのに手間がかかります。コンビニATMで無料で現金をおろせる場合はまだいいですが、現金をおろすのに手数料を取られる場合もあり最悪です。キャッシュレス生活の場合、そのような現金をおろすという無駄な時間と手間を掛ける必要も、無駄な銀行手数料を払う必要もありませんよ。

キャッシュレスは現金より短時間で支払いができる

スーパーやコンビニのレジでよく財布の中から小銭を探すのに時間がかかっている姿ってみませんか?私も現金払いの場合はお金を取り出すのに時間がかかり、支払を完了させるまでに時間がかかってしまいます。クレジットカードや電子マネーの場合、(サインレスであれば)カードリーダーにピっと通せば一瞬で支払いが終わります。これは私自身の時間の節約にもなりますし、お店の立場からも顧客一人当たりにかける時間が短くできるわけで、今のような人手不足の時代には重要なポイントです。

キャッシュレス生活のほうが現金より支払いに要する時間が短いですよ。

キャッシュレスはポイント還元でお得

クレジットカード、プリペイドカード、バーコード決済、電子マネーでの支払いの場合、殆どの場合決済時にポイントが貯まります。JCBカードだとOki Dokiポイント、三井住友VISAのワールドポイント、楽天カードの楽天ポイント、ヤフーカードのTポイント、セブンカードプレスのnanaco、PayPayのPayPayポイント、LINE PayのLINEポイント等各社様々なポイント制度があります。だいたいポイント還元率としては支払金額の0.5%~1.5%くらいでしょうか。中には還元率2%のKyash Visa カードなんていうのもあります。

私のケースでいうと年間クレジットカード支払額が200万円くらいなので、1.5万円~2万円分の還元があります。現金払いをしていたとすると、何も還元されません。

キャッシュレス生活の場合、現金支払いにはないポイント還元がありお得です。

まとめ

キャッシュレス生活のメリットとして

使い過ぎ防止になる
支払履歴データをもとに家計簿を自動作成できる
荷物が軽くなり、また現金を持ち歩くより安全
ATMで現金をおろす時間の無駄がない
レジでの支払いに要する時間が短くできる

といった点を紹介していきました。

逆に現金がキャッシュレスより有利な点は、

  • 停電時・災害時にクレジットカード・電子マネーが使えない
  • 財布に札束が入っているとドヤ顔できる

くらいしか思い浮かびません。ただ、これは現金を持っておくメリットであって、現金で支払うメリットではありません。支払いを現金でするメリットって本当にありますか?私には思い浮かびません。

キャッシュレス生活のほうが現金より断然便利、安全、お得です。

今一度現金はオワコンであること、キャッシュレスのほうが優れていることを理解し、現金は使わない生活に切り替えましょう!

キャッシュレス生活の始め方も紹介していますので、こちらもどうぞ。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう