年収1000万円がすごいとか憧れとかいうコメントをネットで見ますが、果たして年収1000万円ってすごいのでしょうか?

年収1000万円に到達したからうちはすごいからタワマン住んで、BMW乗って、子供を私立学校に入れて、毎月一回は高級ホテルで外食してなんて思っていませんか。

結論から言うと、年収1000万円なんて単なる一般人の生活しかできません。

生活水準は年収700万円〜800万円の家庭と変わらないはずです。

今回はあなたが将来勘違いしないように、年収1000万円はすごくないし普通の一般人の生活しかできないことについて説明します。

スポンサーリンク

年収1000万円の割合は意外に多い

年収1000万円の人ってどれくらいいると思いますか?

実は以外に多いです。

国税庁の給与階級別分布によると、すべての給与所得者のうち年収1000万円を超える人の割合は5.5%です。

20人に一人の割合で年収1000万円なので多少少ないかなと言う気もしますが、従業員5000人以上の事業所では男性で全体の16%、男女合計でも全体の11.1%が年収1000万円〜1500万円のレンジに入ります。

従業員1000人〜4999人の事業所で男性で調べると全体の11.5%は年収1000万円〜1500万円をもらっています。

職場によっても違うと思いますが、いわゆる中堅〜大企業の男性従業員の中では10人に1人くらいは年収1000万円は越えているのではないでしょうか。

年収1000万円の手取り額は大して多くない

年収1000万円の手取り金額はおおよそ750万円です。

手取りの月収に換算すると、月収45万〜50万円前後ではないでしょうか。

月収800万円の人に比べると月収10万円高い程度です。

月収10万円であればパートやアルバイトで十分稼げる金額ですから、年収1000万円で奥様が専業主婦の家庭と年収800万円で奥様がパートに出ている家庭では、ほぼ世帯年収は変わりません。

年収1000万円といっても手取り金額は大した金額ではないのです。

それなのに年収800万円から年収1000万円に上がって高給取りになったと勘違いをしてはいけません。

年収1000万円程度で高いタワマンを買うと生活が地獄

年収1000万円程度では手取り月収が45万円〜50万円前後です。

子供がいる家庭だと、この収入で捻出できる家賃は最大でも月15万円程度でしょう。

東京周辺で家賃15万円というと荻窪あたりでも探すのが難しいので、立川、町田、浦和、柏等で探すことになるでしょう。

どれも都心部からは40分〜1時間程度離れたところにある街です。

要するに年収1000万円でまともにある程度余裕を持って住めるのは年収800万円以下と同じです。

この程度の年収では麻布、広尾、代々木上原といった高い場所にはとても住めません。

よく年収1000万円もあるから6000万円〜8000万円のタワマン買っちゃおうかと勘違いしてしまう人がいますが、完全に無謀です。

年収1000万円は一般人なので、せいぜい自己資金1000万円入れて4000万円くらいの家を買う程度に抑えておくのがいいでしょう。

6000万円のタワマンを自己資金1000万円、金利1.5%の35年ローンで買った場合の毎月の支払金額は15万円強に収まるので一見年収1000万円あれば6000万円のタワマンを買えるような気もしますが、

  • 管理費と修繕積立金が掛かり、生活はとても苦しい
  • 多額の負債を抱えて売るに売れない状況に陥る

ので全くおすすめできません。

管理人修繕積立金諸々を入れると毎月の住宅関係の支出は20万円近くになってしまい、とてもではないですが年収1000万円では家族の生活は維持できません。

年収1000万円ですごいと勘違いしてしまい、分不相応の高額マンションを買わないのが得策です。

年収1000万円で生活を変えたいなら投資と副業をすべき

年収1000万円を達成したらお金持ちになったという錯覚をしてしまいがちですが、生活水準は変えずに投資と副業をしてみましょう。

月収50万円として家賃を月10万円くらいに抑えれば家族持ちでも月10万円程度は投資ができるでしょう。

これに副業で月5万〜10万円を稼げば、家族持ちでも月15万円〜20万円くらいの投資は普通にできます。

そして、それを5年程度続け投資と副業がうまく行けば数千万円の金融資産ができ、更にそれを運用することで生活に余裕を作ることができます。

年収1000万円になったら生活を変えるのではなく、年収1000万円になってから家計管理と副業で資産を築いてから生活を変えるほうがはるかに安全で合理的な判断です。

年収1000万円になったと奥様に伝えると奥様の方がお金持ちになったという錯覚に陥ってしまう可能性もありますので、奥様にも全く生活水準を変えられるレベルではないことを説明しましょう。

あなたが年収1000万円になったといって奥様がパートを辞めて、自家用車を高給外車に変えたいとか、ハイブランドのバッグがほしいとかいい出してからでは説得に苦しみますので、奥様対策はきちんとしましょう。

できるだけ家計管理をあなた自身でやり、年収がいくらになろうと節度を持って家計管理をするのがおすすめです。

まとめ

年収1000万円がすごいのか?という疑問に対し、手取り月収は大して高くないのですごくなく、平均的な生活しかできないことを説明しました。

「うちは年収1000万円あるのになんでこんな節約生活しているのか?」と奥様に聞かれたら、手取り月収から考えて贅沢な生活ができるような給与水準ではないことをきちんと説明しましょう。

むしろ、東京の都心部で子供がいる家庭の場合夫婦共働きでないと生活が苦しい場合さえありますよ。

感覚ですが、世帯年収2000万円を超えれば東京都心部でも多少余裕のある生活ができると思いますので、投資と副業を頑張って稼ぎまくりましょう。

SBI証券
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう