40代、50代サラリーマンをターゲットとした人員削減の流れが止まりません。

富士通のように経理担当社を全く畑違いの営業に配置転換したり、損保ジャパン興亜に至っては新聞報道によると介護分野などに配置転換も検討していると言われています。

全く畑違いの配置転換を受け入れてしまえば、自分のキャリアに大きな傷がつくのでよほどのことがない限り受け入れるべきではないです。

この結果、会社が人員削減を打ち出した場合、転職を余儀なくされる場合が多いです。

40代、50代サラリーマンをあえて高給で雇おうなんていう企業は多くはありませんので、私も含めほとんどの人は転職活動で苦しみます

そして、仕事が見つからない中、やむなく全く別の分野の賃金が低い職種に応募せざるを得なくなりますが、畑違いのため仕事が長続きせず、転職を繰り返しながらどんどん給与水準が下がっていく、こんな負の連鎖に陥るリスクもあります。

これは日本社会の構造的な流れなのであなたや私個人が止めることはできません。

これに対抗する方法はサラリーマンも副業で副収入を確保しておくことです。

今回は40代サラリーマンが副業で副収入を確保していない場合に人生が詰むリスクを説明するとともにおすすめの副業も紹介します。

本記事の対象と読んで得られること
    • 対象:リストラの可能性のある40代のサラリーマン
    • 得られること:40代サラリーマンにとっての厳しい現状の把握と生き残るための方法がわかります。
スポンサーリンク

40代サラリーマンが直面する危機

40代サラリーマンがいま直面しているのは容赦ないリストラです。

最近ニュースになっている大企業のリストラだけをリストアップしても、

  • JDI 1,200人リストラ
  • 野村證券 店舗2割削減(となれば、人員削減となります)
  • 東芝Nextプランで7,000人削減
  • 協和発酵キリン 希望退職募集
  • 鳥居薬品 希望退職募集
  • 富士通 2,850人リストラ

といわゆる大手企業が希望退職やリストラをおこなうのが当たり前になってきました。

40代サラリーマンは就職氷河期でやっとの思いで新卒で就職して給料も上がらない中働いてきて、「これから給料が上がるぞ!」というときにリストラされます。

最悪ですね。

もっとも、私が経営陣だとしても40代の中年おじさんサラリーマンを切って若手に切り替えたいと思うでしょうから、この経営判断はやむを得ないものでしょう。

サラリーマンではなく投資家の観点では、使えない40代の中年よりは若々しく働いてくれる20代、30代の若い力を使ってほしいと思いますものね。

我々40代サラリーマンにできることは、この大リストラは社会構造上もう避けられないものだと冷徹に理解し、着々と準備をすることだけです。

会社からの畑違いの配置転換を受け入れるべきでない

会社によってはあなたをクビにしない代わりに、全く畑違いの配置転換を命ずる場合もあります。

間接部門から営業やSEに移動させたりなどです。

最近の事例では、時事のニュースサイトによると、介護を手がけるグループ会社に配置転換ということもあるそうです。

損害保険ジャパン日本興亜が2020年度末までに、従業員数を17年度比で4000人程度減らす方針であることが24日、分かった。全体の約15%に相当する。ITを活用し、業務の効率化を進める。余った従業員は介護などを手掛けるグループ企業に配置転換し、新卒採用も抑える。希望退職者の募集は予定していない。

私はこういう無茶な配置転換は受けるべきではないと考えています。

あなたが営業畑であれば、積み重ねてきたキャリアの成功ストーリーがあるはずです。

私が面接官の立場だと、そういう流れるような一貫性のあるキャリアストーリーが聞きたいです。

会社の都合で専門領域がコロコロ変わっているような自分のない40代なんて雇いたくありません。

40代のサラリーマンにとって専門性というのは転職するための重要なポイントですが、会社の都合による無茶な配置転換を受け入れるとあなたのセールスポイントである専門性が消えてしまい、次の転職で大きく苦労する可能性が高まります。

あなたが面接官だとして、経理から営業に配置転換された人の応募を見てどう思いますか?

私なら「経理としてのスキルに自信がないから配置転換を受け入れたのかな?」と思ってしまいます。

ただ、「配置転換を受け入れない」となるとあなたは会社をクビになるか辞めるしかありません。

つまり、あなたの専門家としての筋を通すためには、会社をいつ辞めてもいつクビになってもへっちゃらな状況を作って追う必要があります

無茶な配置転換を受け入れるべきではありませんが、サラリーマンを辞めることで収入が完全に途切れてしまうと人生詰みますからね。

40代サラリーマンが生き残るための方法

リストラの危機に直面している40代サラリーマンが今すぐにやるべきことは、収入源の分散化です。

サラリーマンとして会社からもらう給料は大切ですが、収入源がそれだけの場合リストラや会社を辞めざるを得ない状況に追い込まれた時収入がゼロになってしまいます。

収入がゼロになったら奥様はじめとした家族に顔向けできませんよ!

でも、サラリーマンの収入の他に収入源が複数あったらどうでしょうか。

例えば、

  • リートや株式投資からの配当
  • 資産ブログからの安定したアドセンス広告収入
  • ASP経由のアフィリエイト収入
  • 書籍の販売

など複数の収入源がある場合、サラリーマンの収入がなくなっても、あなたの収入はゼロにはなりません。

生活の支出は抑制しないといけないかもしれませんが、人生が詰むことはないと思います。

ブログをやっている人ならわかると思いますが、ブログやアフィリエイト収入で生計立てようとする人がサイト一つだけで独立しませんよね?

ブログで独立しようとする場合、ジャンルの違うサイトで異なる商材で収益を徹底的に分散するでしょう。

ブログサイトなんてGoogleのアルゴリズム変更で一気に検索順位が吹っ飛ぶことはよくありますから、収益源の分散は必須です。

40代サラリーマンにも同じことが言えます

40代サラリーマンなんていつ会社をクビになってもおかしくありません。

クビニナッタことがないのは、単に運が良かっただけです。

いままでクビを避けられたとしても、二度あることは三度ありません。

サラリーマンは、給与以外の収入源を少なくとも二つは作り収入源を分散させておきましょう。

40代サラリーマンにおすすめの副業

40代サラリーマンにとってのおすすめの副業は

  • 資産型ブログ
  • 高配当利回り商品での運用

の二つです。

注意してほしいのは、両方共副業を始めてから実際の収入を得るまでに時間がかかるということです。

ブログを始めたからすぐにアフィリエイトが成約するわけないですし、投資したからすぐに大きな配当金がもらえるわけでもありません。

ある程度の副収入を得られるまでにかかる時間のめどは、

  • 資産型ブログ:1日2時間やって1年後
  • 高配当利回り商品での運用:大規模に投資してから最低約半年後

くらいのイメージです。

ですので、あなたがリストラに遭う少なくとも1年前から本格的に副業を始めてないと間に合いません。

リストラに遭ってから副業を始めても遅すぎることには注意が必要です。

リストラに遭う可能性が少しでもある40代サラリーマンは、今すぐにワードプレスでブログを始めつつ、ネット証券に口座を開きましょう。

老後資金が2,000万円足りないから副業しようとかいう悠長なことを言っている段階ではありません。

明日会社をクビになって路頭に迷う可能性があるのですから、明日生き延びるために副業を今すぐ始めましょう。

SNSをみているとブログアフィリエイトなんてオワコンという人は多いですが、気にすることはありません。

ブログアフィリエイトで仮に十分な生活基盤が作れなくても、ブログに真剣に取り組む中であなたはSEO、セールスライティング、マーケティング、セールス等の技術を自然と身につけられますし、ウェブサイトのポートフォリオを作れますので、それをベースに十分に転職できますよ。

まとめ

私自身が40代サラリーマンということもあるでしょうが、日本企業の40代リストラのニュースをよく目にします。

リストラされている人は大変だなと思う一方、私自身も今日会社行ってすぐに上司に呼ばれて「あなた今日で最後ね」と言われるかもしれないなと感じます。

会社が希望退職を募集してから副業を開始しても完全に遅いです。

今の時代の40代サラリーマンが収入源が会社からの給与しか無い場合、クビになったら生活費が捻出できなくなって人生が詰みます。

会社からクビを宣告されても、無茶な配置転換を指示されて拒否したとしても安定した生活を維持できるように、ブログと投資を今すぐ始めましょう。

特別な知識は必要ないですし、コツコツ真剣に取り組んでいけば誰でも簡単に稼げるようになりますよ。

お金があっても幸せになれるわけではないですが、お金がなければ人生は詰みます。

主体的な人生を送るためにも、40代サラリーマンは副業をし副収入を確保しましょう。

SBI証券
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう