あなたは100万円あったら何に投資したらいいと思いますか?

いまは投資関連の情報が多くある時代です。

まさか銀行の定期預金に100万円を預ける人はいないと思いますが、よくあるパターンは株式のインデックスファンド(投資信託)に投資しちゃうというものです。

あるいは、ウェルスナビやTheoのようなロボアドバイザーに預けちゃう人もいるかも知れません。

私は100万円あったら(100万円しかないなら)シンプルに個別株1銘柄に集中投資するのがもっとも効率的に運用できる投資方法だと思います。

今回は100万円あったら何に投資すべきか?について説明します。

スポンサーリンク

100万円しかないなら集中投資しないと儲からない

あなたに100万円あったとしてSBI・バンガード・S&P500のような超低コストの米国株インデックスファンドを買うことは決して悪いわけではないのですが、正直高い運用リターンを得るのは難しいです。

なぜならそのようなインデックスファンドは年間リターンは5%-10%程度しかなく、全く儲からないからです。

仮にあなたに1億円の資産があれば年間5%-10%のリターンは、年間500万円〜1,000万円のリターンを意味するのでとても重要です。

持っているお金が大きければインデックスファンドへの投資は意味があるのです。

ただ、たかが100万円を投資し5%-10%儲かったらといっても、金額で計算すれば年5万円-10万円しか儲からない計算です。

全く儲かりませんよね。

100万円を投資するということは、「金がもっと欲しい」「金儲けがしたい」という強い思いがあるはずです。

インデックスファンドへの投資はこのあなたの思いを具現化しません。

100万円しか無いなら、最大で失っても100万円程度です。

この程度の金額を後生大事に運用しても全く意味がありません。

個別株投資で最大リスクを取って最大リターンを目指すのが、100万円投資の正しいやり方です。

それも100万円を5銘柄に20万円ずつ分散投資するようなことではなく、あなたが唯一無二だと考え信じられる1社だけに100万円全額投資しましょう。

100万円しか無いということはまだ投資経験は浅く、銘柄の知識もあまりないでしょう。

その状況で分散投資しても意味がないのです。

わからないものにわからないまま投資しても投資のスキルは上がりません。

徹底的に1銘柄を調べ抜き、絶対的な自信を持って100万円を1銘柄に集中投資しましょう

100万円しかない中で1銘柄に集中投資するというのは相当な緊張感ですから、あなたも必死に勉強して企業を研究するでしょう。

それが重要なのです。

100万円を1銘柄に集中するときの選定基準は何か

なけなしの100万円を1銘柄に集中するときにはどういった銘柄に投資すべきでしょうか?

私が考える銘柄選定基準は

  • 売上高粗利益率が極めて高い
  • 過去5年間の売上高の伸び率が極めて高い
  • 営業キャッシュフローは黒字
  • 盤石の現金残高を持っている
  • グローバルに事業を展開
  • 売上高が突然大きく落ちるリスクが殆どない

というものです。

仮に数字をおいて表すと

  • 売上高粗利益率が65%以上
  • サブスク企業で対前年売上伸び率が15%以上
  • 営業キャッシュフローは黒字
  • 手元流動比率10倍
  • 世界100カ国以上で事業展開
  • 売上高が突然大きく落ちるリスクが殆どない(これは定性的に考えましょう)

といった基準を立てられます。

手元流動比率10倍なんて現金持ちすぎだと考えるかもしれませんが、なけなしの100万円を投資するなら盤石の企業のほうがよくないですか?

では、例を見てみましょう。

米国に上場するAtlassianというソフトウェア会社があります。

JiraとかConfluenceといったツールをサブスクベースで提供している会社です。

Atlassianを基準に当てはめると

  • 売上高粗利益率が65%以上 --> 粗利益率83%なので余裕でクリア
  • サブスク企業で対前年売上伸び率が15%以上 --> 売上高成長率36%なので余裕でクリア
  • 営業キャッシュフローは黒字 --> 黒字
  • 手元流動比率10倍 --> 15倍なので余裕でクリア
  • 世界100カ国以上で事業展開 --> 世界中で使われているツールなのでクリアしているでしょう。
  • 売上高が突然大きく落ちるリスクが殆どない --> 企業のIT管理やシステム開発のプロセスに組み込まれて使われているので解約率は低いと想定されます。このため売上高が突然大きく落ちるリスクはないと考えられます。

というようにAtlassianならこの基準を余裕でクリアできます。

Atlassianは一例ですが、他にも銘柄候補としては

  • Microsoft
  • Google
  • Alibaba
  • Tencent
  • Shopify
  • Okta
  • Anaplan

等いろいろあると思います(注:私の方で全銘柄を検証したわけではありません)

まとめ

100万円あったら何に投資したらよいかについて説明しました。

私は100万円しかないならあなたが絶対的に信じられる個別株1銘柄に集中投資するのが最良の選択肢だと考えます。

何故なら

  • 個別株集中投資のほうが儲かる
  • 1銘柄に集中投資する緊張感の中で勉強すると投資のスキルが上がる

からです。

インデックスファンドは悪い選択肢ではないですが、全く儲からないので個別株のほうがいいです。

ただ、100万円を分散投資してしまうようなチキンな投資をするくらいならインデックスファンドのほうがまだマシです。

なお、個別株を選ぶときには徹底的に研究してから投資しましょう。

今回は一つの選択基準を挙げましたが、あなたが自信を持って投資できるなら何でも構いません。

ちなみに、私が2017円に100万円を投資したPaycom Softwareは株価が既に4.5倍近くまで上がりました。

つまり100万円投資してものから3年で450万円近くの含み益が得られているということです。

個別株投資には大金を稼げる夢があります

あなたが100万円を持って最初の投資をするなら、徹底的に研究をした上で個別株1銘柄に全力投資をしてみましょう。

もしかしたらテンバガー(10倍)銘柄をつかめるかもしれませんよ。

仮に投資が失敗したとしてもせいぜい100万円ですから長い人生で取り返せますし、気合を入れて研究した知識は次に活かせますので実質失いものなんてないですよ。

SBI証券
スポンサーリンク