ブログへのアドセンス広告をどのように貼っていますか?

私も2019年2月に二カ月の苦闘の末アドセンス広告の審査に合格してから、いろいろとアドセンス広告を試しています。

ワードプレス初心者にとってはアドセンス広告の貼り方自体が難しいのでいろいろ検索してみると、プラグインを使った方法やPHPファイルを編集する方法などいろいろありました。

それらを試した結果、私が使っているワードプレステンプレート・ダイバー(Diver)を使えば

  • WP QUAD、Master Post Advert等のプラグインを一切使わず
  • また、PHPの編集も不要

アドセンス広告の設定がDiverオプションの設定画面から完了できることに気づきました。

ブログ初心者でアドセンス広告の貼り方を試行錯誤している人もいると思いますので、今回はダイバーでの広告設定のやり方を紹介します。

ダイバーなら初心者でもとても簡単に設定できますよ。

本記事の対象と読んで得られること
    • 対象:ワードプレス初心者でテンプレート・ダイバーを使っており、アドセンス広告の貼り方がわからない人
    • 得られること:プラグインを使わないでアドセンス広告を設定する方法。ダイバー公式サイトに記載の一括で広告を設定する方法ではなく、個別に広告を設定する方法がわかります。

アドセンス広告の設定位置

今回想定しているアドセンス広告の設定位置は以下の位置です。

Adsense Location

これは一般的にいろいろな本やブログで紹介されている貼り付け方ですね。

最適なアドセンス広告の位置はブログによって変わってくると思いますが、最初は何が最適解かわかりませんので、まずはこれをまねることから始めてはいかがでしょうか。

なお、本来であれば記事下のリンク広告の下に「関連広告」を張るのですが、私の場合まだ関連広告が解放されていないので記載していません。

ダイバーでのアドセンス広告の設定方法

記事タイトル直下

記事タイトル直下は私の場合は何も貼りません。

これは検索出来てくれたユーザーが、広告を見た瞬間に離脱してしまうリスクを避けるためです。

検索ユーザーは何か情報を求めて自分のブログに来てくれているので、いきなり広告を見せるのは意味がないという理由です。

せっかく自分のブログに来てくれたのですから、何かの情報なりヒントをもって離脱してほしいと思っています。

最終的に、ユーザーにとってメリットを提供していないブログは収益化できないと思います。

ユーザーのメリットを追求した先にしか、自分自身の成功もありません。

導入文と目次の間にレクタングル広告とリンク広告

導入文を使って、この記事を書いている理由、この記事で答えようとしている問い、そして先に簡単に結論を述べてしまいます。

結論だけ知りたい検索ユーザーもいるでしょうから、導入部分で結論を述べてしまいます。

それで離脱してしまうユーザもいるでしょうが、ユーザーにとっての検索目的は達成しているので問題はありません。

そして、導入文を書き終わったら Shift + Alt + T を押し、Moreタグを挿入しましょう。

Moreタグがないと、導入文と目次の間にアドセンス広告を設定できませんので、これは必須です。

絶対に忘れないよう比しましょう。

ブログ開始の時はMoreタグを入れたほうがいいなんて知りませんので挿入していませんでしたが、後から一記事づつMoreタグを設定するのはめんどくさいので、アドセンス広告審査を通過していなくても記事にはあらかじめMoreタグを設定しておきましょう。

ここで離脱するユーザーに対して、レクタングル広告とリンク広告を張ります。

貼り方は、

Diverオプション -> 広告設定 -> 広告個別設定 -> Moreタグ

のところにAdsense広告ユニットで作ったレクタングル広告とリンク広告の広告タグを貼り付けます。

以下のような感じですね。

More Tag Adsense

私は当初導入文と目次の間に広告を張る方法がわからず、プラグインの WP QUADをインストールして設定していました。

WP QUADでも設定できるのですが、ワードプレス・テンプレート ダイバーの場合は、WP QUAD プラグインを使わずに設定できるのでとても簡単です

不要なプラグインは使わなければ使わないほど良いので、Diverオプションだけで設定してしまいましょう。

なお、広告個別設定から広告を設定する際には、広告表示 -> それぞれの設定先で「個別設定」を選択するのを忘れないようにしましょう

私は最初はこの設定を忘れていて、何度やってもアドセンス広告が表示されませんでした。

導入文と目次の間にアドセンス広告を張る方法
    • 導入文の後にShift + Alt + TでMoreタグ挿入
    • Diverオプション -> 広告個別設定 -> Moreタグに広告タグを貼り付け

2番目のH2見出しの上に記事内広告

次は記事内広告の貼り付け方です。

これも、広告個別設定を使います。

今回は記事内広告を2番目のH2見出しに張ることとしましょう。

Diverオプション -> 広告設定 -> 広告個別設定 -> 2番目のH2の直前

のところに、記事内広告の広告タグを貼り付けます。

Diverオプションで設定できるのは、

  • 最初のH2の直前
  • 2番目のH2の直前

の三カ所です。

どこに張るにしても、プラグインは不要ですし、PHPを編集する必要はありません。

なお、4番目以降のH2の直前に記事内広告を張りたい場合は、ダイバーであってもPHPの編集かプラグインの導入が必要になります。

記事内広告の貼り付け方
Diverオプション -> 広告個別設定で、広告を設置したいH2の直前を選び、記事内広告タグを貼り付ける

記事下にレクタングル広告とリンク広告

次に投稿記事下へレクタングル広告とリンク広告を張りましょう。

これは私の場合は、

広告設定 -> Google Adsense -> data-ad-client と data-ad-slot を設定した上で、

Diverオプション -> 広告設定 -> 広告表示 -> 投稿内下部

の部分でレクタングル広告を設定します。

そのうえで、

外観 -> ウィジェットの

  • PC: 投稿内下部
  • SP: 投稿内下部

のところに、【Diver】広告エリアを使ってリンク広告タグを張っています。

Tokonai Kabu Widget

広告個別設定 -> 投稿内下部

でも設定できるとは思うのですが、「広告表示」から設定したほうがレクタングル広告のシングルとダブルの切り替えが簡単なのでこうしています。

いずれにせよプラグインは使わずに、アドセンス広告を設定できます。

サイドバーにラージスカイスクレイパー広告を張る

最後に、サイドバーにラージスカイスクレイパー広告を張りましょう。

サイドバーはスマホからは殆ど見られない広告ですが、PCでは右上に大きな広告が表示され一定の効果が期待できます。

サイズが大きければ広告単価も高くなりますしね。

これはDiverオプションからでは設定できないので、外観 -> ウィジェットにいきます。

そこで、メインサイドバーのところに【Diver】広告エリアを使い、Adsense広告ユニットで作ったラージスカイスクレイパー広告タグを貼り付けましょう。

Main Side Bar

スマホからは見えませんが、PCではページ右上の広告は非常に目立ちユーザの目に留まりますよ。

まとめ

ワードプレス・テンプレート ダイバー (Diver) を使えば、プラグインもPHPの編集もなしにアドセンス広告の設定をすることができます

これがダイバーの大きなメリットですので、最大限活用しましょう。

ダイバーの公式サイトでは、アドセンス広告を一括で設定する方法が書いてありますが、今回は個別で設定する方法を紹介しました。

参照:サイト内での広告表示方法・広告非表示設定

公式サイトのやり方を使ってもアドセンス広告の設定はできるのですが、個別に設定しないと個別広告の効果をきちんと測定できないので、本気でブログの収益化に取り組んでいる人には個別設定がおすすめです。

但し、アフィリエイトの傍らでアドセンス広告も簡単に貼れればよいという人であれば、公式サイトのやり方で十分だと思います。

ダイバーを使えば、アドセンス広告の設定自体はとても簡単にできますので、もっと重要な記事の作成やサイト構成の改善に時間を掛けられますよ。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう