米国株投資家にとって2019年はとても良い年でした。

米国株インデックスであるS&P 500は年初の2500ポイントから年末には3100ポイントを超えるまで上がりました。

私が注目していた米国株ではAnaplan, Paycom Softwareの株価が二倍になりました。

また、単純に超低コストの米国株インデックスファンドに投資していただけでも20%近くの値上がり益を達成できました。

総じて言うと2019年は米国株投資家にとって素晴らしい年でしたが、もっとお金を儲けたいですよね?

私はもっともっとお金がほしいです。

資産1億円は達成しましたが、もっと資産を増やしたいです。

私は2020年は米国株は調整局面を迎えるだろうと考えていますが、その中でも良い余別株を選べば将来のテンバガーも夢ではない有望株はきっとあります。

今回は2020年に儲けるための米国株テンバガー候補を紹介します。

スポンサーリンク

米国株テンバガー候補はITXリアルで世の中を変える企業

2020年以降の米国株テンバガー候補はどんな会社になるのでしょうか?

いままでのテンバガー銘柄はネットで完結する事業をやっている会社か、リアルで完結する事業をやっている会社でした。

例えば、

  • The Trade Deskは3年で株価10倍を達成していますが、事業はネット向けのアドテクです(ネット完結)
  • Shopifyも3年で10倍になりましたが、事業はECプラットフォームです)(ネット完結)

少し昔だとバイオバブルの時にAmgen, Gileadなどバイオ株が軒並みテンバガーを達成しましたが、あれはバイオテクノロジーで製薬産業を変えた企業群でした。

バイオテクノロジーは製薬産業しか変えられませんが、ITはあらゆる業界を変える力があります。

いままではITは主にネット完結でした。

人々の購買や消費パターンがオンラインに移行するに従ってオンラインでの広告や販売のためのプラットフォームを提供するGoogle, Amazon等の巨大企業が出てきました。

これらの企業の事業の大半はITとネットで完結するものです。

次の成長企業軍はITを従来からある産業に当てはめて、その業界を大きく変革させる企業から出て来ます。

例えば、以下のようなものです。

  • ITX法律=リーガルテック
  • ITX教育=EduTech
  • ITX住宅=スマートホーム
  • ITX人事=HRテック

当然このような分野では長年に渡り取り組みがなされてきたのですが、まだ大きな勢力にはなっていません。

ただ、その可能性は十分に現実的に見えてきたのが2019年です。

日本でもリーガルテックの弁護士ドットコムやHRテックのチームスピリットの株価がはねましたが、これは2020年以降の○○テックの事業をやる企業の株価が大きく跳ねる前兆だと私は捉えています。

米国株のテンバガー候補も「IT x リアルで世の中を変える企業」から選びましょう。

米国株テンバガー候補銘柄一覧

では、「IT x リアルで世の中を変える」テンバガー候補の米国株はどんな銘柄でしょうか?

私は今回紹介するような以下の銘柄がテンバガー候補だと考えています。

IT x 教育のInstructure

Instructureは学校と会社における学習管理システムをサブスクリプションベースで展開している会社です。

教育がどんどんデジタル化していく中で、将来的にはすべての学校が学習管理システムを使うようになるでしょう。

一部の特殊な学校や企業は学習管理システムを時前で作るかもしれませんが、殆どの会社はすでにあるInstructureのような学習管理システムを使うはずです。

サブスクリプションベースのサービスですので、顧客が多ければ多いほどベストプラクティスが溜まっていきユーザーは改善された最新のシステムを使えるので、基本的には自前で学習管理システムを構築するメリットはありません。

Instructureの2019年第3四半期のYTD営業実績は

  • 売上高:USD 189M (YoY 23増)
  • 粗利益率:68%
  • 経常損失:USD 58Mの損失
  • 営業キャッシュフロー:USD 31M
  • 現金同等物:USD 127M

でした。

まだまだ損失は続いていますが、営業キャッシュフローは黒字化していますし、粗利益率が非常に高いビジネスモデルですので売上高が上がっていけば黒字化するのは時間の問題です。

Instructureはポテンシャル市場をUSD 15Bと見込んでおり、今後も右肩上がりで市場は拡大すると見ています。

教育現場でのITの活用はまだ始まったばかりですから、Instructureのような学習管理システムの導入が進まないと考える要素はありません。

このため私にはInstructureの売上は増える可能性しか見えません。

Instructureの時価総額はまだUSD 2Bと非常に小さく、私は株価が上昇する可能性が大きくあると感じています。

IT x 慢性病管理のLivongo Healthcare

世界中各国で糖尿病や高血圧の患者数が増えています。

運動不足や食生活の乱れで糖尿病になる人が増えているのに加え、高齢化によりそれの水準が高止まりしています。

企業にとっては労働力を確保するために糖尿病の従業員の健康管理は大きな課題ですし、国にとっても人口が伸びていく中で糖尿病患者のQuality of Lifeを維持していくことは社会の活力を維持する意味でも医療費を削減する意味でも重要な課題です。

最近では日本でも筋トレや肉体改造がブームになっていますが、それは逆に言うと健康管理がきちんとできないことを多くの人が問題視しているためでもあります。

糖尿病は治ることはないですが、きちんと管理すれば状態を維持しつつ長生きもできます。

Livongo Healthcareはこの糖尿病管理のためのソリューションをサブスクリプションベースで提供している会社です。

Livongo Healthcareの2019年第3四半期のYTD営業実績は

  • 売上高:USD 120M (YoY 153増)
  • 粗利益率:70%
  • 経常損失:USD 49Mの損失
  • 営業キャッシュフロー:USD 55Mの赤字
  • 現金同等物:USD 400M

でした。

まだアーリーステージの会社なので大赤字ではありますが、売上高が急激に積み上がっているのがとても良いです。

大赤字とはいえ、現金同等物がUSD 400M近くあるので当面会社が潰れるなどということもありません。

このLivongo Healthcareのビジネスによって糖尿病患者の生活は非常に健全になることができます。

国としても医療費を抑えることができますし、Livongo Healthcareはその患者が長生きすればするほど高給的に売上を計上でき、Win Win Winのビジネスモデルです。

Livongo Healthcareの時価総額はまだUSD 2.7Bと非常に小さく、今後の大きな株価上昇が期待できますよ。

今後の流れとしてはLivongo Healthcareの慢性病管理ソリューションと遠隔医療を組み合わせたサービスの提供が予定されおり、この点でも大きな期待ができます。

IT x 住宅のAlarm.com

住宅のIT化、すなわちスマートホームは、その単語こそよく耳にしますが、実際にはまだまだ普及は始まったばかりです。

これからスマートホームの普及が進めば、米国におけるスマートホーム、コネクテッドホームのリーディングサプライヤーであるAlarm.comにも大きなビジネスチャンスが訪れるはずです。

Alarm.comは個人の住宅とオフィスのセキュリティソリューションをサブスクリプションベースで提供している会社です。

家の鍵はまだ普通のリアルな金属製の鍵を使っている住宅がほとんどだと思いますが、これからどんどんスマートキー化していきます。

自動車も今はスマートキーが普及していますが、この流れはあなたの住宅にも来ます。

物理的な鍵の場合、鍵穴をこじ開けて住居に侵入されるリスクもありますが、スマートキーでは物理的に鍵を解除して侵入することは非常に難しいので適切に管理していればセキュリティは非常に向上できます。

また、今後人の流れがさらに早くなり人々がより移動しながら生活するようになると、いまのように賃貸人が変わるたびに物理的な鍵を交換するのではなくスマートキーの設定を変えることで対応したほうが貸す側としても借りる側としても大きなコスト削減につなるのも見逃せません。

Alarm.comの2019年第3四半期のYTD営業実績は

  • 売上高:USD 361M (YoY 17増)
  • 粗利益率:63%
  • 経常利益:USD 40M
  • 営業キャッシュフロー:USD 23.8Mの黒字
  • 現金同等物:USD 164M

でした。

他のSaaS会社に比べて売上高の伸びが弱い気がしますが、これは住宅のスマート化がなかなか進展していないためかと思います。

InstructureやLivongo Healthに比べて、スマートホームの場合はIT化するメリットが少し弱いのでテンバガーになるまで時間は掛かると思いますが、10年後、20年後はほぼすべての住宅がスマートホーム化していると思いますので、気長に保有して大きく化けるのを待つつもりです。

まとめ

米国株テンバガー候補銘柄を紹介しました。

株価が大きく上がるためには現時点での時価総額が小さいことも重要ですので、時価総額がUSD 2B台の銘柄から選んでみました。

今までネット企業というとネット広告やオンラインショッピング会社が主な企業群でしたが、2020年以降はよりITを使って旧来のやり方、ビジネスモデルを大きく変える企業が躍進していきます。

  • 教育を変えるInstructure
  • 慢性病管理を変えるLivongo Healthcare
  • 住宅を変えるAlarm.com

等が代表例です。

米国市場ではこれからもどんどん新しいサブスクリプションサービスを提供する企業が飛び出してき、我々に大きな金儲けのチャンスを与えてくれるものでしょう。

2019年の米国株投資での大きな収益に満足せず、2020年も新たなテンバガー株を見つけ出し大きく金儲けをしていきましょう。

 

 

SBI証券
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう