f:id:derosa91:20190125225925p:plain

Revolutが日本に上陸するということで、果たして海外送金手数料がトランスファーワイズと比べて安くなるのか、気になりませんか?

海外送金手数料が安い金融機関を検討してみた」の記事の中で、トランスファーワイズの海外送金手数料がかなり安いことはわかりました。今回はトランスファーワイズとRevolutの比較をして、Revolutの海外送金手数料が安いのかどうか、検討してみましょう。

なお、Revolut Japanのサービス内容が明確になっていませんので、イギリスのRevolutサービスが日本でそのまま適用されるという前提で検討しています。

スポンサーリンク

ワンコイン投資

Revolutとトランスファーワイズの海外送金手数料

Revolutの海外送金手数料の内訳

Revolutのホームページの「Send money abroad」のところをみると、以下の記述があります。

Transfer up to amount abroad with the interbank exchange rate each month, and we only add a small fee of 0.5% for anything above this amount. Premium and Metal customers can send unlimited money transfers each month.

また、PricingのところにはStandard口座として

No fee exchange in 24 fiat currencies up to £5000/€6,000 per month

とも記載があります。

すなわち、

  • 毎月6,000ユーロまではインターバンクレートで為替取引し送金する以外は手数料はかからない
  • 6,000ユーロを超える部分については、インターバンクレートで為替取引したうえで、0.5%の手数料がかかる

のがRevolutの海外送金手数料です。

仮に1ユーロ=125円とすると、6,000ユーロは75万円になります。

仮に、100万円分を米ドルに換えて海外送金する場合、

  • 75万円分相当まではインターバンクレートで為替取引し、他には送金手数料がかからない
  • 残りの25万円相当については0.5%の手数料1,250円がかる

これ以外に手数料がかかるという記述はホームページにはありませんので、Revolutで100万円を海外送金する場合の海外送金手数料は合計1,250円と計算できます。

これはStandard口座についての話で、月7.99ユーロのPremium口座の場合は海外送金金額が幾ら多くても、インターバンクレートで為替取引をする以外の海外送金手数料はかかりません。

100万円分を海外送金しようとするとStandard口座では1,250円がかかるわけですから、毎月のように100万円以上定期的に海外送金をする人であればPremium口座を契約したほうがお得になります。

トランスファーワイズの海外送金手数料内訳

では、同じく100万円を米ドルに換えて海外送金した場合のトランスファーワイズの海外送金手数料は幾らになるのでしょうか?

トランスファーワイズのホームページでシミュレーションをしてみると、海外送金手数料は以下でした。

  • 0.55% Fee + ¥ 100.00 JPY

執筆時点の2019年1月25日22:35時点では、為替レートがExchange rate: 0.00910で、海外送金手数料は5,569.00 JPYでした。

なお、トランスファーワイズの送金の仕組みは国際的な銀行間の取引は使わず、トランスファーワイズが世界各国に保有している銀行口座を使って国際的な送金を実現しているそうです。このため、通常の海外送金と違って中継銀行は使いません。

興味あれば、以下のYoutubeをご覧ください。

www.youtube.com

Revolutとトランスファーワイズ比較結果

Revolutとトランスファーワイズの比較をしてみましょう。

  • 為替レート:両者ともインターバンクレートで違いなし
  • 海外送金手数料:Revolutが1,250円、トランスファーワイズは5,569円ですので、Revolutの方が77.5%安いです。
  • 海外送金手数料体系の違い:Revolutが毎月6,000ユーロまでは海外送金手数料がかからないのに対し、トランスファーワイズはそんな金額であても海外送金手数料がかかります。

まとめ

Revolutが日本に上陸するということで、果たしてRevolutの海外送金手数料はトランスファーワイズと比べて安いのかを検討してみました。

検討結果は、Revolutの圧勝でした。Revolutの海外送金手数料がトランスファーワイズに比べて優れているポイントは、

  • 6,000ユーロ=75万円相当までは海外送金手数料がかからない
  • 月7.99ユーロ=1,000円のPremium口座になってしまえば、毎月の海外送金金額が幾らであっても海外送金手数料はかからない

という点です。

なお、上記はイギリスでのサービス内容ですので、日本でのサービス内容は上記から変わる可能性があることはご了承ください。

圧倒的な価格競争力を持つRevolutが、同等レベルのサービスを早く日本で開始してくれることを期待しましょう。

SBI証券
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう