投資を一度もやったことのない場合、

何から始めたらいいのか全くわからない!

と思いませんか?

私も妻に「投資したほうが良いよ」と言おうかと思ったとき、

初心者が何から始めたらいいのかわかるものかな??

という疑問にいたりました。

実は投資初心者が何から投資したらいいのか?はとても簡単ですが重要です。

そして、答えはあります。

今回は「初心者が何から投資したらいいか全くわからない場合どうすればよいか?」について説明します。

スポンサーリンク

投資初心者はまずアンカーを設定しましょう

ダン・アリエリーの行動心理学についての本「予想通りに不合理」の中で、彼は人間のあらゆる行動は相対的だと説明していました。

人間は意識するしないは別として、何かを元にして相対的に別のことを判断します。

投資の場合は、自分が保有しているある商品を元にして別の投資を判断することが多いですね。

投資において「よくまず少額から始めてみて、投資をやりながら勉強したほうが良い」というのは、あなたが何かに投資していないとそれと比較しての判断ができないからです。

これを「アンカー」と呼びます。

日本語でいうとイカリですね。

初心者が投資を始めるにあたってまずすべきことはアンカーの設定です。

あなたの投資の出発点を設定するという意味です。

アンカーを設定することで、あなたはいろいろな投資を比較し合理的な判断ができるようになります。

投資初心者に向いているアンカー商品は何か?

問題は、投資初心者は自分自身だけではアンカーを設定するのが難しいということです。

振り返ってみると、私が投資を始めた大昔はアンカーに適した商品もなかったですね。

ネットの情報も充実していなかったので暗中模索し手探りで投資を始めていました。

今投資を始める人は非常に幸運でとてもよいアンカー商品があります。

投資初心者のアンカーとなる投資商品の条件

投資初心者のアンカー=出発点となるべき投資商品の条件は以下です。

  • 販売手数料無料か非常に安い
  • 運用コストが非常に安い
  • 長期間持てば価格が上る可能性が高く、資本主義の醍醐味を感じられる

投資初心者は支払う費用の効果を合理的に判断できないので、販売手数料や運用コストは安ければ安いほうがいいです。

そして、投資して面白くかつ儲かるものじゃないといけません。

世の中に確実に儲かるものはないですが、儲かる確立が高そうな商品を狙いましょう。

ポイントは、中長期的に上がってきた市場の株です。

過去は未来を約束しませんが、長い間上がってきた株であればこれからも上る可能性はある気がします。

アンカー投資商品を検証する

では、以下の代表的な投資信託の中でアンカーとしてふさわしいものを検証してみましょう。

  • ニッセイ日経225インデックスファンド
  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド

日本株の日経225に連動するインデックスファンドと米国のS&P 500に連動するインデックスファンドです。

どれもSBI証券の販売金額上位に上がっている人気のある銘柄です。

SBI証券で買う場合、3つすべての投資信託の販売手数料は無料です。

運用コストは、

  • ニッセイ日経225インデックスファンド:年 0.27%
  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500):年 0.162%
  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド:年 0.1596%

となり、楽天・全米株式インデックス・ファンドが最も低コストです。

中長期的に伸びて資本主義の醍醐味を感じられるかどうかですが、日本株と米国株の過去のチャートを見てもらえばわかるように、米国株のパフォーマンスは日本株を大幅に上回っています。

検証の結果として、どの投資信託がもっとも優れているかわかりますか?

投資初心者が何から投資をしたらよいのか全くわからない場合、上記3つの中の最も優れた投資信託をアンカーとしてまず投資してみることがおすすめです。

アンカーとなる投資信託を設定するメリット

アンカーとなる投資信託を設定したらどんなメリットがあるのでしょうか?

それは別の新しい投資商品を比較できるようになるというメリットです。

  • 楽天・全米株式インデックス・ファンドと日本たばこ産業の株
  • 楽天・全米株式インデックス・ファンドと楽天・新興株式インデックス・ファンド
  • 楽天・全米株式インデックス・ファンドとGLP投資法人(リート)

などというようにアンカーである楽天・全米株式インデックス・ファンドを基軸として他の商品のメリット・デメリットを数量的に比較できるようになり、あなた自身で合理的な投資判断ができるようになりますよ。

投資初心者が「何から始めたらいいのか全くわからない!!」と思うのは、あなたの中で相対的に比較する基準を持っていないからです。

その基準としてアンカー商品である楽天・全米株式インデックス・ファンドを使うのがおすすめです。

20年選手の私もこのファンドに惚れ込んで投資していますので、ここから始めるのに大きなデメリットはないと思います。

まとめ

初心者が何から投資したらいいか全くわからない場合どうすればよいかについて紹介しました。

人間は物事を相対的にしか判断できないため、最初のアンカーとなるべき投資信託を投資するのがおすすめです。

そして、私であれば具体的には楽天・全米株式インデックス・ファンドから始めます。

楽天・全米株式インデックス・ファンドは販売手数料無料で運用コストも低いので、ここから始めてもっとよい商品が見つかったら売却して乗り換えればよいのです。

低コスト商品に投資している場合、乗り換えをしても大きなコスト負担にはなりませんから。

投資についての判断力をつけていくためには、とにかくまずアンカーとなるべき投資信託から投資を始めてみましょう。

SBI証券
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう