セゾン投信という独立系投信としては老舗の会社がやっているセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドという投信があります。この投信が出始めたときに管理手数料も安く画期的な投信だと思った記憶があります。

私はずっと毎月積立投資をしていたのですが、今回積立をやめることにしました。

今回はなぜセゾン投信の積立をやめることにしたのか?についての記事です。

セゾン投信での運用を検討されている方への投資判断の一つの切り口になれれば幸いです。

スポンサーリンク

ワンコイン投資

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドに積立投資していた理由

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドとはセゾン投信が運営している投信です。セゾン投信のウェブサイトによると、セールスポイントは

  • 国際分散投資が一本でできる
  • 株式と債券への分散投資が一本でできる
  • 低コスト

の3点です。

積立を始めた当時はまだそこまで低コスト投信が普及しておらず、セゾンバンガード投信は比較的低コストで運用できたことと、債券も含めて国際分散投資できるのであれば超長期の運用に向くと考えて投資していました。

20年を超える超長期で運用する際に債券を含める必要はないのではないか

今回ふと債券に投資する必要あるかな?という考えに至りました。

歴史的にみて過去株式のパフォーマンスは債券を確実に上回ってきました。債券をポートフォリオに含めることで値動きは安定するのは事実でしょうが、20年という運用期間を考えた場合株式100%で運用していったほうが資産の増加率は高いのではないか、債券が含められている投信だと株式100%の投信に比べてパフォーマンスが劣る可能性が高い、という至極当然のことに気づきました。

退職後の年金生活者が運用するなら安定性最重視でもいいでしょうが、私は老後まで運用期間が約20年残っているのでもう少し値上がり益重視にしたほうがいいのではないだろうか、そういう疑問がわいてきました。

この場合の判断としてセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは20年後に大きな値上がり益を得たい私のニーズにあってません。投資期間を考えれば株式100%の投信のほうがあっていると思ったのです。

より低コストの強力な代替案が登場した

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは以下7つのETFでポートフォリオを作っています。

バンガード・U.S. 500 ストック・インデックス・ファンド
バンガード・インスティテューショナル・インデックス・ファンド
バンガード・ヨーロピアン・ストック・インデックス・ファンド
バンガード・ジャパン・ストック・インデックス・ファンド
バンガード・パシフィック・エックスジャパン・ストック・インデックス・ファンド
バンガード・エマージング・マーケット・ストック・インデックス・ファンド
バンガード・U.S.・ガバメント・ボンド・インデックス・ファンド
バンガード・ユーロ・ガバメント・ボンド・インデックス・ファンド
バンガード・ジャパン・ガバメント・ボンド・インデックス・ファンド

株式100%でいいとした場合、

バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)

一本で十分ということになります。毎月小額投資するという現在のスタイルを継続したいのであれば、楽天投信の楽天・全世界株式インデックス・ファンドを利用することで毎月積立投資も容易に可能です。

セゾン投信の信託報酬が0.4968%に対して、楽天・全世界株式インデックス・ファンドの費用が0.2296%ですから費用が半分以下で済むのも長期的な値上がり益の追求の観点では重要です。。

私は米国市場に投資しておけば実質的にグローバル投資できると思っているので、楽天・全米株式インデックス・ファンドを使うとすると費用は0.1696%とセゾン投信に比べて圧倒的に低コストで投資ができます。

まとめ

セゾン投信の積立を継続するよりも

楽天・全米株式インデックス・ファンド か

楽天・全世界株式インデックスファンド

の積立をするほうが2つのメリットがあると考えます。

  • 運用コストが低いので中長期でのパフォーマンスでは後者のほうがパフォーマンスが良い
  • 中長期であれば株式100%の投信のほうがパフォーマンスが高い確立のほうが高いので、私が想定している20年の運用期間だと後者のほうがパフォーマンスが良い

セゾン投信は独立系低コスト投信という世界を切り開いたパイオニアでありますが、現在では投信間の競争も激化し、消費者にとってより良い選択肢が出てきていることはよいことでしょう。今後も広くきちんと情報を収集・整理しながら、ベストな積立商品を選んでいきたいですね。

なお、他にも積立投資について紹介していますのでご参考までに。

つみたてNISAに楽天・全米株式インデックスファンドがおすすめな2つの理由

新社会人におすすめの積立投資方法【2019年版】

ロボアドバイザー投資への見方 | 敢えて投資する意味はない

SBI証券
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう