賃貸住宅を探すときに誰がオーナーかを気にしますか?

賃貸住宅となると物件の品質やメンテナンスが行き届いているかが心配になります。

分譲賃貸の場合は基本的には設備などは良いはずですが、分譲マンションであってもメンテナンスが行き届いていない物件に住むのは快適ではありませんよね。

私はいま法人所有の物件に済んでいるのですが、不動産の素人の個人が所有している物件よりもメンテナンスが行き届いていますし、大家から非合理的な難癖をつけられる心配もなく快適に過ごしています。

今回賃貸住宅を借りるなら住宅リートが保有している物件を借りるのが良いのではないかと思いましたので、その理由について紹介します。

スポンサーリンク

リート物件とは何か?

リート物件というのは、Jリートが保有している物件です。

東証に上場している住宅リートは

  • 日本賃貸住宅投資法人
  • 日本アコモデーションファンド投資法人
  • アドバンス・レジデンス投資法人
  • ケネディクス・レジデンシャル・ネクスト投資法人
  • コンフォリア・レジデンシャル投資法人
  • 積水ハウス・リート投資法人
  • 平和不動産リート投資法人
  • サムティ・レジデンシャル投資法人

となっていて、これらのリートが保有している物件をリート物件と呼びます。

リート物件の代表的なブランドは?

リート物件の代表的なブランドは、

  • アドバンス・レジデンスのレジティアシリーズ
  • 日本アコモデーションファンドのパークアクシス、パークキューブシリーズ
  • コンフォリア・レジデンシャルのコンフォリアシリーズ
  • 積水ハウス・リートのエスティメゾン、プライムメゾンシリーズ
  • ケネディクス・レジデンシャル・ネクストのKDXシリーズ
  • サムティ・レジデンシャルのS-PORT, S-RESIDENCEシリーズ
  • 平和不動産リートのHFシリーズ
  • 等があります。

日本賃貸住宅リートと平和不動産リートはマンションの名前が結構雑多で統一感がありませんので、一見でリート保有物件とはわからないかもしれません。

リート物件の特徴は?

住宅リートの平均稼働率を見ると極めて高いことがわかります。

例えば、

  • 日本アコモデーションファンド:98%
  • 日本賃貸住宅リート:98.99%
  • アドバンス・レジデンス:97.8%

とほぼ100%近い稼働率です。

巷では空き家問題が騒がれていますが、リート物件に限って言えばほとんど空きはありません。

住宅リートは定期的に住民が入れ替わっていきますのでどうしても100%稼働にはなりませんが、住民の入れ替えを考慮すればほぼ100%稼働率と言っていいでしょう。

稼働率が高いというのは人気がある競争力のある物件ということです。

賃貸住宅にリート物件がおすすめな理由

賃貸住宅を探す際にリート物件がおすすめなのは次の理由です。

不動産のプロが運営している物件
メンテナンスとリノベーションで継続的にバリューアップを図っている

リート物件は基本的に一棟すべてをリートが保有しています。

リートは大手不動産会社がスポンサーとなっていますので、不動産のプロが保有している物件ということです。

例えば、

  • パークアクシスなら三井不動産
  • レジティアなら伊藤忠
  • コンフォリアなら東急不動産
  • エスティメゾンなら積水ハウス

といった大手不動産会社がサポートしている物件です。

リートは家賃を上げ稼働率を高め、分配金をあげることを目標にしているので、必死になってメンテナンスやバリューアップを行い、賃貸住宅のブランドを高める活動をします。

例えば、レジティアの「レジディアリノベ Part2 ~レジディア六本木檜町公園」という記事ではどういったリノベーションを行ったのかをブログ形式で紹介しています。

分譲マンションの場合は素人が集まってメンテナンス方針を議論して決めており、その判断が妥当かどうか全くわかりません。

リートの場合はリートが自分で保有している物件について不動産のプロの観点で必要なメンテナンスやバリューアップを行っており、こちらのほうがよっぽど良いです。

リートの場合は、不動産の修繕費・改修費なども投資主に開示されており、リートも積極的に投資主に対して情報開示をしています。

プロがメンテナンスしている賃貸物件と素人がメンテナンスの判断をしている物件とでどちらがよいとおもいますか?

私は断然不動産のプロがメンテナンスし継続的にバリューアップを図っている物件が良いです。

リート物件の探し方

リート物件ですが、レジティア、コンフォリアのようにブランドサイトがあればそこで検索してもいいですし、パークアクシスのように三井の賃貸を全体的に紹介しているサイトもあります。

あるいは、高級賃貸に特化した

  • R-Net
  • モダンスタンダード
  • 高級賃貸.com

あたりで探してもいいと思います。

高級賃貸が多いので家賃は高いですが、本業のサラリーマン収入とは別にブログで月10万〜20万稼げているのであれば誰でも住める水準の家賃が多いです。

リートに投資して配当金収入を得つつ、ブログでも副収入を月10万〜20万稼いで、リート物件を借りて快適な暮らしをするのがとてもおすすめですよ。

賃貸住宅についてはURもいいと思うのですが、良い場所にあるUR賃貸は人気過ぎてなかなか空きがないです。

その点リート保有物件であれば、物件数も多くURほど空きがないという状況ではないので、比較的物件を探しやすいと思いますよ。

まとめ

賃貸住宅を探すにあたって、プロの不動産会社がメンテナンス・バリューアップを継続的に行っているリート物件がおすすめです。

マンションはメンテナンスが重要ですので、通常の分譲賃貸や個人が保有している賃貸専用のマンションのように素人がメンテナンスしているマンションよりは、不動産のプロが必死になってメンテナンス・バリューアップを行い、情報も積極的に開示しているマンションのほうが良いのは自明です。

リート物件は多少家賃が高いのがネックではありますが、ブログで月10万〜20万円稼げていれば本業のサラリーマン収入と合わせて余裕を持って家賃を払い続けるのは誰にでも十分に可能です。

リート保有物件は高い品質のマンションが多いので、あえてリスクを取って分譲マンションを買わなくても家族で快適な暮らしが送れると思いますよ。

賃貸住宅を探す際には、ぜひリート保有物件も探してみてください。

 

SBI証券
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう