お金持ちになりたくないですか?

すごく胡散臭い質問ですが、人間本心では誰しもお金持ちになりたいでしょう。

私は普通のどこにでもいるサラリーマンですが、会社で働き始めてから18年で

ゼロから金融資産1憶円

を達成しました。

世間一般でいうとお金持ちの部類に入るでしょう。

海外駐在に行ったりしたのでちょっとズルしてますけどね。

今回は私がゼロから金融資産一億円を築く過程で、とてもためになった書籍を紹介します。

    • 投資の技術的な本ではなく、誰にでも容易に読め、特に投資初心者におすすめ

と思った本を3冊紹介します。

何十冊も本を読むのは大変ですが、私のおすすめはたった3冊です。
これで人生が変わるなら、本というのはめちゃくちゃ効率が良い投資ですよ。

投資や資産運用については、やりながら勉強していくのがベストです。
本で学んだことを実践していくだけで、大きく買われますよ。

なお、読んでいく順番はどれからでもいいですが、上から順に読むのが簡単なので、紹介した順に読んでいくのがおすすめです。

誰でも資産家になれる方法がわかる:「となりの億万長者 〔新版〕 ― 成功を生む7つの法則」

金融資産一億円というと達成していない方にはすごく難しいように思えるかもしれませんが、実は誰でもその程度は達成できることが書かれている本です。

これは非常に残酷な本です。

何故かというと、今の世の中は誰でも金融資産1憶円程度のお金持ちにはなれてしまうのがわかるので、逆に言うと厳しい言い方ですがお金がないのは自己責任ということも逆説的にわかってしまいますから。

「となりの億万長者」では、支出をコントロールし、収入の一定額を投資し続ければ誰でもお金持ちになり、経済的自由を実現できることがわかります。

実際に私はそれで金融資産一億円と生活ができるくらいの配当収入を18年で達成できました。

お金持ちになりたい!と思うならぜひ読んでほしい本です。

システムのゆがみを利用すると簡単にお金持ちになれることがわかる:「お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015-知的人生設計のすすめ」

次に橘玲さんの本です。

橘玲さんの本は殆ど全部読んでいるのですが、中でもこの本がおすすめです。

この本では世の中にあるシステム上のゆがみを利用すると、誰でもお金持ちになれることが書かれています。
例えば、サラリーマンは理不尽に政府に搾取されていくが、自分で会社を運営することにより税金などの負担を大きく減らせる等です。

また、非常に単純な話ですが、「世界にひとつしかないお金持ちの方程式」というのも紹介されていて、投資を始めたころに非常に勉強になりました。
実を言うと、上述の「となりの億万長者」もこの本から知って読んだものです。

いま私がシンガポールリートに集中投資しているのも、ある意味この本でいう構造的なゆがみを利用しているわけです。

シンガポールのリートに投資すれば簡単に年率6%-7%の配当利回りを得ることができるが、日本に居住していると投資できないという状況を飛び越えて私は投資し配当収入を得ています。

8年前にシンガポールリートを「発見」したときには、黄金の羽根を見つけた!と興奮したものです。

それから8年たった今でも、

「日本からはシンガポールリートに投資がしづらいが、配当利回り6%-7%は簡単に達成できる」

状況は変わらず、私はこの間ずっとこのゆがみから生み出される利益を得続けています。

今まで生きてきた常識とは大きく異なる、お金持ちの本当の常識に触れることができる本ですのでおすすめですよ。

2017年に出た新版のKindle版だと、今なら334円で買えるので超お得です!

 

不労所得の重要性がわかる:「金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学」

最後にこれまたベストセラーになったロバートキヨサキの「金持ち父さん 貧乏父さん」です。

これは良いのですが、長くて少し難しいので、私のおすすめは最初の二冊を読んだ後に読むのがいいと思いますよ。
最初から読むと長くて挫折しかねません。

この本で書かれているのは、

サラリーマンからの給与収入だけに頼るのではなく、キャッシュフローを生む資産を活用してお金持ちになろう

ということです。

アメリカの不動産投資の事例が多く書かれていたので、ちょっとピンとこないこともあるかもしれませんが、最初の二冊を読んでいれば自分でいろいろ日本の事例に置き換えて想像しながら読んで理解できますよ。

私もこの本で不労所得とキャッシュフローを生む資産の重要性を学んで、少ない収入からどんどん投資していきました。

結果として、いまはシンガポールリートで大きな不労所得を得ていますが、そのきっかけとなった本です。

本を読んで行動を起こしましょう

残念ながら本を読んだだけでは何も変わりません。

お金持ちになるには行動が重要です。

今回初会した三冊を何度も読めば、お金持ちになるために何をしないといけないのかはほぼわかると思います。

投資スキルをあげるとか、銘柄選定能力を上げるとか、そういうことも大事は大事なのですが、
もっと重要なことがあります。

投資をもう何年もやっているよっていう人も、振り返りの意味で時々この三冊に立ち返ってみるとさらなる改善点がみつかるかもしれませんよ。

本を読んだ後は証券会社に口座を開いて、さっそくお金持ちへの一歩を踏み出してみましょう。

私も使っているネット証券最大手のSBI証券がおすすめですよ。
SBI証券

Twitterでフォローしよう