金融資産1億円億円以上あるとどんな生活をしていると思いますか?

すごく豪勢な生活をできると誤解するかもしれませんが、超質素です。

この日本で金融資産1億円程度で生活は何も変わりません。

今回は私の例をとって金融資産1億円以上の人の日常はどんな生活かを紹介します。

スポンサーリンク

サラリーマンで1億円達成した人はどんな人か?

サラリーマンで1億円達成する人はどこにでもいる普通の人です。

あなたが知らないだけであなたの側にも普通にいますよ。

例えば、こんな人が1億円持っていたりします。

  • 年齢:40歳
  • 年収(給与):800万円
  • 転職経験:有り
  • 株式投資経験:18年
  • 投資歴:18年
  • 投資保有平均期間:7年
  • 初めての投資額:1万円
  • 初めて株式投資をした年齢:22歳
  • 金融資産の拡大に最も寄与したのは、株式投資
  • 一月平均15万円を投資
  • 国内債券の保有比率:0%
  • 金融資産に占める現金の割合:1割以下
  • 平日ランチ:自作弁当
  • 職業:サラリーマン
  • 好きなスーパー:マルエツ
  • 住んでいるところは:郊外の賃貸

年収800万円は東京のサラリーマンとしては普通ですから、至って普通の質素な中年サラリーマンです。

金融資産1億円の人の日常

金融資産1億円の人の日常はこんな感じです。

  • 毎日満員電車で会社に通勤
  • 極力安いスーパーで食材を買い自炊して食費を節約
  • 外食はほとんどしない
  • 家は買わず郊外の安い賃貸に住む
  • 海外旅行は2年に1回くらいしかいかない
  • QR決済やクレジットカードでポイントを貯める
  • 支払いは完全キャッシュレス
  • 生命保険は入っていない
  • 週末は基本定期券の範囲内でしか移動しない
  • 好きなことは散歩
  • 本は買わずに図書館で借りる
  • スタバ等は行かずに自分でコーヒー作って水筒で持ち歩く
  • 携帯は格安SIM
  • 洋服は高級品を高ローテーションで使い倒す
  • 好きなお店はバーニーズニューヨーク、トゥモローランド、伊勢丹メンズ館、ユニクロ
  • ハイブランドもたまに買う
  • タワマンには住んでいない
  • 車には興味ない
  • 筋トレは週2でやる
  • 家でアルコールは飲まない
  • 自動販売機やコンビニで飲み物は買わない
  • 一日平均1時間くらいは何か勉強する

金融資産1億円を超えてからお金の使い方が変わったことというと、高いから買わないという判断はあまりしなくなったことですね。

高くても自分にとってメリットがあればどんどんお金は使います。

ただ、お金を使うことでどんなリターンがあるかはきちんと合理的に考えてから使い、衝動買いはほとんどしません。

金融資産1億円による配当金があるので高いところに住んでも良いんですが、家賃が高い地域に引っ越すと生活水準が上がり固定費が上がってしまうため郊外の安い賃貸にへばりついています。

お金がないから郊外に住んでいるのではなく、生活水準を上げるのが嫌なので引っ越しをしていません。

金融資産1億円の人はどんな投資をしているのか

金融資産1億円であっても毎月つみたてNISA投資信託の積立をやっていますよ。

金融資産が幾らあろうとサラリーマンであれば毎月投資するものは殆ど変わらないと思います。

私の場合はシンガポールリートに集中投資していますが、40歳で1億円まで到達するような人は何か自分が得意な投資方法を持っていると思います。

オールラウンドプレイヤーというよりは、米国株、日本株、Jリート、FX等なんでもいいですが、得意な投資対象に集中投資して資産を築くパターンが多いと予想します。

自分の勝ちパターンを築いて、それを集中的に投資し伸ばしていかないと短期間で金融資産を大きくは増やせないですね。

金融資産1億円の人が生活の上で気をつけていること

どんなことに気をつけて生活をしているかというと、自分自身と人生を自分の手でコントロールすることを意識しています。

自分でコントロールできる

  • 体型
  • 外見
  • 見た目

にはお金と時間をかけてコントロールしています。

家でアルコールを飲まないのは、お酒によって自分の思考能力が落ちるのが嫌だから。

外食をしないのは自分で食べるものは自分でコントロールしたいから(と節約のため)。

そして、本ブログの記事に書いているようにあらゆる事態を想定して、どんな事態に陥っても自分の人生をコントロールできるような体制を心がけています。

今なら南海トラフ地震、巨大台風、リーマンショック級の金融危機、世界同時多発テロ、会社をクビになることが同時に起こっても、多分肉体が大丈夫であればお金の面ではビクトもせず生きていけるはずです。

まとめ

金融資産1億円を持っていますが、徹底的に削りたいコストは削減しています。

ただ、中年になって全身ユニクロだとみすぼらしいので、品があるように見えるように心がけてはいます。

金融資産1億円あっても実際のところ普通のサラリーマンと同じ生活です。

違いがあるとすると、金融資産1億円あれば多少ゴージャスな生活は可能ですから、質素な生活をしているのは自分が望んでしているということです。

お金がなくて質素な生活をしている人はそれしか選択肢がないからですが、私の場合はゴージャスな生活に全く興味がないので質素な生活をしています。

お金によってライフスタイルを変えるのがとても嫌なので、お金があろうとなかろうと自分がしたい生活をする方針です。

お金があることによって自分の人生をコントロールできる力を手に入れることができたので、私はそれで満足です。

金融資産1億円を達成することにより、他人に支配される人生から脱却できました。

あなたも金融資産1億円を達成し、自分の人生を自分の手で動かしていきましょう。

SBI証券
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう