NISAの中には私も既にやっている「つみたてNISA」のほかに、主に子供の教育資金用の「ジュニアNISA」もあります。

私は以前からジュニアNISAについては知っていたのですが、運用期間が5年間しかない!っていうイメージがあってよく調べていませんでした。

今回もう少し調べてみると「ロールオーバー」なる単語が出てきて、なかなか良い制度であることはわかりました。

一言でいうと、

ロールオーバーが可能になったことで、長期間非課税で運用ができるようになり、ジュニアNISAが非常に有利な制度になりました。

とはいっても、投資初心者で

でも、ジュニアNISAでどんな銘柄を選んでいいかわからないし、どの金融機関で取引したらいいのかわからない!

 

という方も多いと思いますので、今回はジュニアNISAのおすすめ銘柄とその銘柄に投資するためのおすすめ証券会社を紹介します。

スポンサーリンク

SBI証券

ジュニアNISAのポイント

ジュニアNISAは年間投資額80万円・5年間買い付け可能

金融庁のホームページの記述からジュニアNISAの運用条件は以下のようにまとめられます。

  • 非課税運用期間は5年間のみ。個別株投資の場合、この5年間の間だけ買い付けができます。
  • 非課税投資枠は年間80万円まで
  • 5年間の非課税運用期間後は、「継続管理勘定」に移管(ロールオーバー)すれば子供が20歳になるまで非課税で保有することができる。
  • 継続管理勘定に移管する金額に上限はない

要するに、5年間の間だけ買い付けでき、5年間の間に投資したものが幾ら増えようと上限なく継続管理勘定にロールオーバーでき、子供が20歳になるまで非課税で運用できるが新規投資はできないということです。

ジュニアNISAはロールオーバーで非常に有利な制度になった

ロールオーバーという単語は重要なので、金融庁のホームページから定義を引用しましょう。

非課税期間が5年間である点は、通常のNISAと同様です。
・ジュニアNISA口座の投資可能期間は、2023年で終了します。ただし、2023年の制度終了時点で20歳になっていない方については、2024年以降の各年において非課税期間(5年間)の終了した金融商品を継続管理勘定に移管(ロールオーバー)することができます。継続管理勘定では20歳になるまで(1月1日時点で20歳である年の前年12月31日まで) 、金融商品を非課税で保有し続けることができます。なお、ロールオーバー可能な金額に上限はなく、時価が80万円を超過している場合も、そのすべてを継続管理勘定に移すことができます。
・継続管理勘定では売却は可能ですが、新規の買付を行うことはできません。

ロールオーバーにより、ジュニアNISAは、子供が0歳の時から始めれば0歳~4歳が終わるまで5年間投資の買付ができ、その間も含め20年間非課税で運用できるという夢のような商品になりました。

ポイント
非課税運用期間である5年間に中長期的に株価が騰がる良い銘柄を選んでしまえば、子供が20歳になるときには大きなリターンを得ることができますし、運用益に税金も掛かりません。

ジュニアNISAで注意するポイント

ジュニアNISAでは以下の点を注意する必要があります。

  • 制度面の注意点
  • 運用上の注意点

ジュニアNISAの制度面の注意点

ジュニアNISAは、金融庁のホームページに明記されているように、今のところ

投資可能期間は:2016年~2023年

と2023年までの期間限定の制度です。2023年以降も延長されるかは現時点では全く分かりません。また、2023年以降に制度が継続されない可能性もあります。

また、原則として子供が18歳になるまでは非課税での引き出しができません。18歳になる前に引き出そうとすると、過去にさかのぼって利益に課税がされたうえでの引き出しとなり、ジュニアNISAを使う意味が全くなくなります。18歳以上で引き出すのを大前提として銘柄の選定をする必要があります。

ジュニアNISAの運用上の注意点

ジュニアNISAという名称はついていますが、実際上は通常の株式投資です。当たり前のことですが、株式投資では投資した銘柄の株価が上がるときもあれば、下がるときもあります。

中長期的に非課税で運用が可能なことは、中長期的に利益を上げられることと同義ではなく、両社は全く関係のないものです。投資した銘柄によっては最大20年の運用の結果、損失を出す可能性もありますので、ご注意ください。

ポイント
中長期の投資になればなるほど、銘柄選定がとても重要です

ジュニアNISAに向く銘柄

低コストのグローバル株式ETFがおすすめ

仮にジュニアNISAを子供が0歳の時に始めたとすると20年先まで安定的に成長していくと思われるビジネスなり業界に投資する必要がありますよね。ただし、20年後にどの業界、どの国が発展しているかなんてわかりません。ここで取るべき手は2つ。

  • 米国の主要企業の株価に連動するETF
  • 全世界の株価に連動するETF

米国の主要企業はグローバルでビジネスをやっているので、米国株式に投資した形にはなりますが、実際には世界経済の成長の影響をきちんと享受することができます。日本株ETFの場合、中長期的に日本経済が成長し、日本株株があがらないと利益を得ることはできません。ただ、個々の国の経済が中長期的に伸びるかどうかを正確に予測するのは難しいと思います。

そうであれば、どの国の経済が成長するかを予想することはあきらめ、グローバルにビジネスを展開する米国の主要企業や全世界の株価に連動するETFを買うことで、どの国が成長しても利益を得られる形にしたほうが、中長期的に利益を得られる可能性が高いと考えます。

なお、長期間であれば投資対象は過去のパフォーマンスから考えて債券より株一択です。過去実績では株式のパフォーマンスが債券のパフォーマンスを上回っているためです。

非常に注意すべき点は企業買収です。個別株を買っていて買収する側であればいいのですが、買収される側になってしまい現金化されてしまうと運用が止まってしまうので最悪です。新規買い付けができない状況で現金化されてしまうとジュニアNISAの場合は何も手を打ちようがありません。企業買収を受けたときに機動的に対応できないことを考えるとETFがいいとおもいます。

また、20年の運用期間を考えると管理費用は0.01%でも低いほうがいいです。非課税で運用期間が20年にもなると0.01%でも大きな差が出てきます。

これらをまとめると、私が考えるジュニアNISAおすすめ銘柄の条件は以下の3つです。

企業買収の影響がないように個別株ではなくETF
米国の主要企業の株価に連動するETFか全世界の株式市場に連動するETF
運用管理コストを下げるため投資信託ではなくETF

よって、以下のような銘柄をジュニアNISAで選ぶのは止めましょう。

  • 日本の個別株
  • 日本の株式インデックス
  • 債券ETF
  • 債券を含む投資信託

誤解の無いように言うと、これらが悪いということではありません。私は米国株ETFのほうが中長期的なリターンが高い可能性があると思っているので、パフォーマンスの良い可能性がある方を選ぶのが合理的である、というだけです。

ジュニアNISAには、バンガード・トータル・ストック・マーケットETFがおすすめ

ジュニアNISAに向く銘柄の条件三つを満たすのは米国上場の以下の株式ETFです。

  • SPY SPDR S&P 500 ETF
  • IVV iShares Core S&P 500 ETF
  • VOO Vanguard S&P 500 ETF
  • VTI Vanguard Total Stock Market ETF
  • VT Vanguard Total World Stock Market ETF

米国上場のETFのほうが運用規模が圧倒的に大きい関係で管理費用は安くなります。ETFでも規模は正義です。

VT Vanguard Total Workd Stock Market ETFもいいかなと思っていたのですが2つの理由で候補から落とします。

  1. 他のSPY, IVV, VOO, VTIに比べて規模がかなり小さい。
  2. 世界経済に投資するのであれば、経営効率の良い米国企業に集中投資したほうが良い。

VTに投資すると、世界の株式市場の比率から経営効率の悪い日本企業にも間接的に投資することになり結果として投資のパフォーマンスを落とします。過去5年間のパフォーマンスで見てもVTのパフォーマンスだけがほかに比べて明らかに劣っています。Google Financeで比較してみればパフォーマンスの差は明らかです。

ここら辺は、バフェット太郎氏の「残念な投資家ほどVTというクソETFに投資する理由。」の論考を参考にしてください。

なお、米国株に投資するETFも二パターンがあり、

  • SPY, IVV, VOOはS&P 500に連動し、
  • VTIはすべての米国企業の株価に連動する形

なのでVTIのほうが投資対象がS&P500より広くなります。

過去5年間では両者の間にパフォーマンスの差はほとんどないのですが、過去20年で見るとVTIのほうが若干パフォーマンスが良いです。Google Financeで比べてみてください。

色々書きましたが、本ブログでの結論をいうと

となります。

未来のことは誰にもわかりませんが、グローバルに事業を展開する米国企業で構成するETFに投資するのが一番確率の高い賭けと思います。SPYでもいいのですが、過去の若干のパフォーマンスの差からVTIのほうがより勝つ確率が高いと私は思います。

ジュニアNISA投資のおすすめ証券会社はSBI証券

さて、ジュニアNISAおすすめ銘柄としてバンガード・トータル・ストック・マーケットETFを選んだのですがここで問題があります。

楽天証券とマネックス証券ではジュニアNISAでは米国ETFが買えないのです。そんなバカな!と私も思いました。

最大20年間の長期運用をするための最も確率の高い賭けは米国市場全体に投資するETFに賭けることですが、楽天証券とマネックスではジュニアNISAではそもそも米国ETFを買えません。

マネックス証券のジュニアNISAのページによると、取扱商品として、国内株式と投信、と記載されており、海外ETFは買えません。楽天証券のジュニアNISAのページにも、取扱商品として、国内株式(現物取引)、投資信託とあり、海外ETFは買えません

ここからジュニアNISAのおすすめ銘柄はSBI証券一択となります。SBI証券のみがジュニアNISAで海外ETFに投資できるからです。SBI証券のホームページには、以下のように書いてあり海外ETFが買えることが明記されていますよ。

SBI証券におけるジュニアNISA取扱商品は、国内株式(現物株式、ETF、REIT、ETN、単元未満株(S株)を含む)、公募株式投資信託、外国株式(米国、香港、韓国、ロシア、ベトナム、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシア、海外ETFを含む)となります。※取扱商品は今後変更の可能性があります。

まとめ

ジュニアNISAは最大20年間の非課税運用ができるとても素晴らしい制度です。当ブログではバンガード・トータル・ストック・マーケットETFをおすすめし、証券会社はジュニアNISAで海外ETFに投資可能な唯一のネット証券であるSBI証券をおおすすめです。

ジュニアNISAの制度が2023年以上どうなるのかわかりませんが、非常にお得な制度ですのでぜひ検討されてはいかがでしょうか。

ジュニアNISAにおすすめのSBI証券の口座開設はこちらからどうぞ。
SBI証券

 

あわせてどうぞ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう