日本株投資の楽しみの一つは株主優待ですよね。

ただ、いろいろな会社が様々な株主優待策を出してきていて何が実際にもらってメリットがあるものなのかわかりづらい面があります。

いろいろあるけど、結局どの会社の株主優待が使い勝手いいの?

私と同じ40代関東在住サラリーマンにおすすめの株主優待を紹介するよ

ということで、実際に私が優待を利用しておすすめだと感じる銘柄を紹介してみます。

本記事の対象と読んで得られること
    • 対象:株主優待に興味があるけど、どれが使い勝手いいのかよくわからずに始められない人
    • 得られること:最初に投資すべき優待銘柄のアイデアがわかります

まずは本記事であげたような銘柄への投資から初めて、徐々に自分なりの優待銘柄を探していけばいいと思いますよ♪

スポンサーリンク

GMOクリック証券

40代関東在住サラリーマンにおすすめの株主優待銘柄

三越伊勢丹ホールディングス

私は伊勢丹新宿店、三越銀座店でよく買い物をするので、三越伊勢丹ホールディングスの株主優待は10%引きになりとても助かっています。
支払い手段がMIカードか現金に限られるため、MIカードを保有していない私はいつも現金払いになるのが不便ですが、基本的に三越伊勢丹のモノは高額なものが多いのでこれはメリットがあります。
同じようなモノでも三越伊勢丹と他のセレクトショップと比べると、三越伊勢丹のほうが価格が高いように関するモノもあるので、三越伊勢丹の売価に株主優待割引分が上乗せされているんじゃないかと思います。
だとすると、株主優待割引を利用しないのは明らかに損な気がします。

ベネフィット・ワンと青山商事

私は仕事用のワイシャツは青山商事系列のユニバーサルランゲージメジャーズでオーダーしています。
青山商事の株主優待券はユニバーサルランゲージメジャーズでも使えるのでオーダーシャツが元々の価格から15%引きです。しかも、青山商事の株主優待券はベネフィット・ワンの株主優待で使えるベネフィットステーションの割引「提携会員様限定!いつでもお買い物が全品10%OFF!」と併用できるため、いつでも25%引きでシャツのオーダーができてしまいます。オーダーシャツでも意外にも百貨店の既製品より安く作れたりしますのでおすすめです。
サラリーマンも40代ともなるとある程度ちゃんとした身なりをすることも重要ですが、株主優待を使ってスーツなりシャツをオーダーするのは費用対効果が高くとてもおすすめです。

オリックス

オリックスの株主優待の「ふるさと優待」では普段自分では買わないような高級調味料や高級食材をもらって食事を楽しんでいます。今年は高級ごま油セットをいただきました。
高級調味料や高級食材は高額なためあえて自分で買いませんが、株主優待でもらうととてもうれしいものです。

ふるさと優待以外にも

  • オリックスレンタカー
  • すみだ水族館
  • 医療法人DIC宇都宮セントラルクリニックでの人間ドック

等も使えますよ。DIC宇都宮セントラルクリニックは場所が宇都宮で遠いので私個人的には行けていませんがね。

ユナイテッドアローズ

仕事以外のカジュアルな服はユナイテッドアローズで買うことが多いです。
ユナイテッドアローズの株主は100株保有で優待割引券(15%引き)を二枚もらえるので、春夏、秋冬それぞれシーズンの前に洋服をまとめて買うときに活用しています。
まとめ買いのため一回の購入金額が大きいので、15%引きはとてもメリットがありますよ。
200株保有だと優待割引券4枚になり、四半期に一回優待券を使って買い物ができますよ。

個人的には優待割引券が二枚だと足りないので、もう100株追加投資しようか悩み中です。

TSIホールディングス

ユナイテッドアローズのほかには nano universeでもたまに服を買います。
TSIホールディングスの株主優待でナノ・ユニバース20%引き券OFF券が一枚もらえます。
ナノ・ユニバースはルミネに入っていることも多いので、ルミネカードの5% OFFとの併用で通常で25%引き、ルミネセールで30%引き(株主優待20% OFF + ルミネセール 10% OFF)にまでなるのでとてもお得です。

ナノユニバースの20%引き券は一枚しかもらえませんので、有効に使いましょう。

GMOインターネット

GMOインターネットの株主は、GMOクリック証券での株式売買手数料を上限5,000円までのキャッシュバックを受けることができます。
GMOクリック証券は50万円までの一回の取引で現物取引手数料260円とそもそもとても売買手数料の安い証券会社です。売買手数料が低い中で手数料5,000円になるほどの取引を繰り返すことは難しいんじゃないでしょうか。

頻繁に売買を繰り返す投資方法を取っていなければ、年間売買手数料が5,000円を越えることはなく、実質的に売買手数料無料で株を取り引きできますよ。
中長期保有の株式投資家にとっては重要な株主優待です。
私はGMOクリック証券ではJリートの売買しかしませんので、基本的に売買手数料は全額キャッシュバックされています。

ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス (USMHD)

USMHDの株主は100株以上の保有で半期毎に、株主優待券30枚 or お米2kg or 横須賀海軍カレー200g x 5袋 or 繁盛店ラーメン 8食 or はちみつ梅干し 300g or 小豆島そうめん 1kgがもらえます。
株主優待券はマルエツでの1000円以上の買い物に対して1枚使える100円引き券です。500株保有の場合株主優待券が60枚もらえます。

仮にマルエツで一回1000円の買い物を週2ですると仮定すると、月8回、半期で48回。500株保有していれば毎回10‘%弱の値引きを受けるのと同じことなのでメリットは大きいです。自宅の近くにマルエツがある場合は非常に有効活用できます。

関東周辺であれば家の近所や最寄り駅の近くにマルエツないしマルエツプチがある場合も多いでしょうから、食費を下げるという意味でとても有効ですよ。

まとめ

本記事では関東在住の40代サラリーマンである私が実際に使ってメリットがあると感じた株主優待を8社(三越伊勢丹ホールディングス、ベネフィット・ワン、青山商事、オリックス、ユナイテッドアローズ、TSIホールディングス、GMOインターネット、ユナイテッドスーパーマーケットホールディングス)を紹介しました。
どうせ買い物するなら安いに越したことはないので、みなさんもぜひ自分に合った株主優待銘柄を探してみてください。

私が紹介した銘柄で株主優待を受け取るために株主になっておく必要がある権利確定月は

2018年12月末

  • GMOインターネット

2019年2月末

  • TSIホールディングス

2019年3月末

  • 三越伊勢丹ホールディングス
  • ベネフィット・ワン
  • 青山商事
  • オリックス
  • ユナイテッドアローズ

です。

権利確定月に注意して取引してみてくださいね。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう