配当金を目的として投資している人は多いと思いますが、配当性向は気にしていますか?

私は2018年に配当金狙いで高配当株を保有していていたところ、業績下方修正および配当金カットによって株価大暴落を直撃しました。

その経験から、配当金狙いで株式投資をするときであっても配当性向を注意する必要があることを学びました。

配当性向が低いというのは株主還元が低いことなので良いことではないのですが、逆に高すぎると業績が下方にぶれたときに配当金カットになりやすいリスクがあります。

企業が配当金を払うの原資は利益ですから、利益が落ちていけば配当は維持できないのは当然のことです。

本記事では、配当金投資家の投資判断材料の一つとして各企業の配当性向はいったいどれくらいなのか、をまとめて紹介します。

スポンサーリンク

配当金投資の考え方と配当性向の計算方法

配当金投資の基本的な考え方

高配当株を選ぶときの基本的な考え方ですが、配当利回りが高い銘柄同士を比較し、どちらに投資すべきかの判断をする場合、

  • 業績の安定性が高いほうが良い
  • 同じ配当利回りなら、配当性向が低いほうが安全性が高く良い

という判断になります。

業績が安定していない場合、仮にいま配当利回りが高くてもそれを継続できるかわかりません。

配当性向が高すぎる場合は、仮に利益が減った場合高配当を維持できない可能性があります。

配当性向が高すぎるというのは、すでに無理して配当を支払っているという証でもあります。

配当金投資の判断をする際に、配当性向はポートフォリオの安全性を評価するうえでとても重要な指標ということです。

配当性向の計算方法

今回東証上場の中堅~大型株の中での「配当性向が低い銘柄ランキング」を自力で作ってみました。

情報源は企業発表の短信とホームページです。

「発表日」とあるのは業績発表日で、数字を検証したい場合は企業の短信と見比べてください。

配当性向の計算式は以下を使っています。

配当性向の計算式
配当性向=(発行済株式数x配当予想)/ 当期純利益予想

なお、発行済株式にはストックオプションなどの潜在株は含まれていないものと理解しています。

配当性向の低い銘柄ランキング

2019年3月23日時点での配当性向ランキングは以下でした。

銘柄配当利回り配当性向発表日
住友不動産0.62%11%2018/11/13
鹿島1.44%13%2019/02/12
共立メンテナンス0.74%18%2018/11/09
オリエンタルランド0.32%18%2018/10/30
JR東日本1.39%20%2019/01/30
サンフロンティア不動産2.89%21%2018/11/07
レーサム4.03%21%2018/11/09
三井海洋開発1.32%21%2019/02/05
東鉄工業1.95%24%2019/02/01
三井不動産1.42%24%2018/11/09
鉄建建設2.67%26%2019/02/08
丸紅4.22%26%2019/02/07
九州電力2.27%26%2019/01/31
三菱ガス化学4.22%26%2018/11/01
ユニゾHD3.78%27%2019/01/31
伊藤忠商事4.02%28%2019/02/05
JR九州2.27%28%2018/12/13
住友化学4.07%28%2019/02/01
三菱ケミカル4.85%28%2019/02/06
五洋建設3.41%29%2019/02/07
東京ガス1.78%29%2019/01/31
良品計画1.45%29%2019/01/09
住友商事4.64%29%2019/02/06
三菱地所1.28%29%2018/11/07
旭化成2.85%30%2018/11/02
帝人3.69%30%2019/02/04
東急不動産HD2.34%30%2019/02/07
三菱商事3.84%31%2019/02/05
野村不動産HD3.42%31%2019/01/31
三井物産4.43%32%2019/02/01
ブリジストン3.71%33%2019/02/15
西松建設3.89%33%2019/02/06
AGC2.79%33%2018/11/30
澁澤倉庫2.67%33%2019/02/07
関西電力2.92%34%2019/01/31
上組1.77%34%2018/11/09
ダイビル1.78%34%2018/10/31
JR西日本2.09%35%2019/01/30
マニー1.12%36%2019/01/10
東京精密4.13%36%2019/02/13
イオンフィナンシャルサービス2.93%37%2019/02/13
日本ガイシ2.94%37%2019/01/31
日東電工3.03%37%2018/10/31
ニプロ0.56%37%2019/02/07
シチズン時計3.18%38%2018/11/09
中部電力2.25%38%2019/01/31
沖縄セルラー3.37%39%2019/01/29
不動テトラ3.35%39%2018/11/09
トヨタ自動車3.26%39%2019/02/06
ナカニシ1.30%39%2019/02/07
花王1.50%40%2019/02/04
セブン&アイ2.19%40%2019/01/10
アマノ2.26%45%2019/02/01
フジテック3.32%46%2018/11/09
セコム1.73%46%2019/02/08
ショーボンド1.75%47%2019/02/08
TOTO1.97%50%2019/01/31
東京エレクトロン4.38%50%2019/01/31
グンゼ2.13%52%2018/11/05
安藤ハザマ3.85%54%2019/02/07
三菱重工2.78%55%2018/10/31
ヤフー3.23%56%2019/02/04
日産自動車5.95%59%2019/02/12
日本取引所2.71%60%2019/01/29
マブチモーター3.52%63%2019/02/14
大阪ガス2.17%68%2019/01/31
沖縄電力2.97%68%2019/01/31
住友倉庫1.92%71%2018/11/06
SUBARU5.26%79%2019/02/07
日本たばこ産業5.59%83%2019/02/07
パーク242.81%85%2018/12/17
イオン1.47%85%2019/01/09
キャノン4.99%89%2019/01/30
ポーラ・オルビス3.26%104%2019/02/13

注意してもらいたいのは、この数字はあくまで単年の数字で企業の業績予想に基づき、かつ企業ホームページに私の確認時点で掲載されていたの発行済み株式数に基づいているということです。

発行済み株式数、当期純利益予想、一株当たり配当といったパラメーターが変われば、配当利回りは変化していきます。

まとめ

日本株の配当性向について低い順でリスト形式でまとめてみました。

配当性向については、配当性向が低い銘柄の多くは配当利回りが低いですが、なかには配当性向が20%台であっても配当利回りが高いものもありました。

私は成長株については配当はせず利益はさらなる事業成長のために投資したほうがいいと思っている人ですが、逆に言うと急激な事業成長が見込めない状況であればきちんと配当というたちで株主還元はやってもらいたいですとも思っています。

但し、当期利益のほとんどを配当に回すような配当性向が高すぎる会社もバランスを欠いていると感じます。

上場企業は公器といいますが、株主・事業成長・そこで働く人々への還元、これらをバランスよくやっているのが、私の考える良い上場企業であり投資に値する会社です。

配当性向という基準は、企業のマネジメントががこういった社会の公器たるバランス感覚をもってをもって経営をしているのかどうかを理解する重要指標でもあります。

高すぎる配当金を出している会社のマネジメントは注意したほうがいいでしょう。

配当性向という指標を見ることで

  • 投資先の配当の安定性
  • マネジメントのバランス感覚

もみることができます。

高配当は確かに魅力的ではありますが、その裏に何かリスクがないのか、配当性向をきちんと検証してから投資判断をしてみましょう。

なお、配当性向の指標を使った配当株の選び方については以下で書いていますので参考までに。

更新履歴
2919年2月18日:日産自動車、SUBARU、日本取引所、帝人、沖縄電力データ更新
2019年3月1日:ブリジストン、JR東日本、東急不動産HD、住友商事、三井物産、東京エレクトロン、東京精密、日本ガイシ、東鉄工業データ更新
2019年3月6日:ショーボンド、中部電力、沖縄セルラー、花王、セコムデータ更新
2019年3月15日:トヨタ自動車、イオン、セブン&アイ、マブチモーター、ニプロ、マニー、ナカニシデータ更新
2019年3月23日:鉄建建設、丸紅、伊藤忠商事、良品計画、安藤ハザマ、TOTO、野村不動産HD、澁澤倉庫データ更新
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう