フォリオというテーマを選ぶだけで株式投資ができる証券会社があります。

既に株式投資経験が20年以上あり、個別株に投資しまくっている私ですが、今回フォリオ投資をやってみることにしました。

私はフォリオを使わずとも個別株で株式投資をするのに十分な資金を持っていますが、そんな私がなぜフォリオ投資を始めるのか、その理由を紹介します。

本記事の対象と読んで得られること
    • 対象:テーマ投資・フォリオに関心があるけど、まだやっていない投資家
    • 得られること:投資をやってみるべき理由がわかります。
スポンサーリンク

フォリオ投資をやるのは新しい投資銘柄を見つけ試しに投資するため

フォリオ投資をやる理由は、新しい投資銘柄を見つけ、少額で試しに投資するためです。

20年も株式投資をやってきてある程度資産もできると、どうしても自分の勝ちパターンに固執してしまい、投資家として成長していきません。

私の場合だと

シンガポールリートとJリートで安定した配当を得つつ、日米の成長株で大きなキャピタルゲインを得ていく

というのが基本戦略です。

ただ、日米の成長株でキャピタルゲインを得ると言っても、基本的には既に選んだ会社をホールドし続けるということしかしていませんでした。

その中で2017年頃から日本のクラウドやサブスクリプションビジネスの会社に投資し、大きなリターンを得る中で

世の中にはまだまだ自分が知らないいい会社がいっぱいありそう

と思うようになりました。

世の中には自分が知らないことがいっぱいあり、投資のチャンスはいろいろ転がっているということです。

ただ、自分で調査して企業を発掘していくにはかなり時間がかかります。

いま私はフルタイムで会社員をやり、サイドビジネスでブログの収益化にも取り組んでいる中で、新しい個別銘柄を自分で調査して発掘していく時間がありません。

このためフォリオのテーマ投資を使ってみようと思いました。

フォリオでは、自分が興味があるテーマを選ぶだけで、テーマに関連する専門家が厳選した銘柄に投資することができます。

自分で銘柄を調査して選ぶ必要がありません。

フォリオでのテーマ投資をすれば、自分が知らない新しい銘柄に出会えます。

また、フォリオでは100株のような単元ではなくテーマ関連の株に投資できるので、少額で新しい株への投資を試すこともできます。

自分の知らない会社に投資するのでいきなり単元で数十万円を投資するのはさすがに私も怖いので、少額で試しに投資できるのはとても便利です。

フォリオ投資を始める理由まとめ
    • 自分の知らない新しい銘柄を発掘するため
    • その新しい銘柄に少額で試しに投資してみるため

投資信託ではなくフォリオ投資をする理由

専門家が銘柄を選定し、少額で投資できる、というと投資信託でもいいんじゃないの?

と思うかもしれません。

たしかに投資信託でもテーマ特化したものがあります。

投資信託では、ファンドマネージャーが選んだ銘柄で構成したファンドに投資していくので、ファンドの構成銘柄を調べれば新しい銘柄を探すことも可能です。

ただ、次の二つの理由でフォリオのテーマ投資のほうがいいと思います。

  1. フォリオのテーマ投資では、自分で直接銘柄を保有できる(投資信託はファンド経由)ため自分自身で銘柄を保有している実感を強く持てる。
  2. フォリオのテーマ投資のほうが、買い付けコストも運用コストも安い。

フォリオのテーマ投資では銘柄を直接保有できる

新しい銘柄の発掘のため投資する場合は、自分自身で実際に株を保有することにしています。

自分でリスクとって投資した実感がないときちんと銘柄を評価ができないからです。

投資信託の場合は、私は銘柄を直接保有するのではなくあくまでファンドを保有しているだけです。

このため銘柄を保有したという実感がなかなか持てません。

自分で銘柄を保有した実感がないと、次に単元株を買うときの投資判断のときに感覚を生かせないのです。

フォリオのテーマ投資のほうが投資信託よりコストが安い

フォリオのテーマ投資の売買手数料は、売買代金の0.5%(税抜き)のみです。

例えば、10万円で1テーマに投資した場合、購入手数料は10万円の0.5%の500円しかかかりません。

また、フォリオのテーマ投資の場合ファンドではなく私自身が銘柄を直接保有しているので、信託報酬のような管理手数料はかかりません

一方、投資信託の場合は買付手数料は無料のノーロード投資信託もあるのですが、テーマ特化型の投資信託の場合多くは買付手数料がかかります。

これに加えて信託報酬もかかってしまいます。

そして、テーマ特化型の投資信託の場合は、信託報酬も高額になる場合が多いです。

例えば、

三井アセットマネジメントのグローバルAIファンドというAIをテーマとする投資信託では、

  • 買付手数料3.24%(税込み、買い付け金額1,000万円以下の場合)
  • 信託報酬が年1.89%(税込み)

もかかってしまいます。

10万円を投資した場合は、

  • 買付手数料:3,240円
  • 信託報酬:年1,890円

もかかってしまいます。

フォリオのテーマ投資を使えば、取引手数料500円(+税)だけですから、フォリオ投資のほうが信託報酬よりも圧倒的に低コストで投資できます

まとめ

今回私がフォリオ投資を始める二つの理由を紹介しました。

フォリオは、新しい分野への投資を少額で始めようとしている投資家にはとてもおすすめのサービスですよ。

今のところ私が興味があるテーマは、

  • バイオテクノロジー・ジャパン
  • 5G
  • ストップ!人手不足
  • セルフレジ
  • カジノ解禁
  • VR
  • アンチエイジング
  • グローバル・ニッチ・トップ

あたりです。

これだけ投資しても80万円程度で済むわけですから、非常に手軽に投資できますね。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう