f:id:derosa91:20190113063623j:plain

更新日:2019年1月27日

スターバックスって高くないですか?私はアイデア出しや考えごと、日記を書くためにカフェを利用しています。ホットコーヒーしか頼みませんが、スターバックスは高いのでたまにしか行けません。

普段はマックで100円コーヒーを楽天ポイントを使って飲んでいますが、私がよくいくマックは椅子と椅子の間隔が狭くてあまり落ち着けないんですよ。

たまにはスターバックスにも行きたいんですが、やはり高いですよね。スターバックスをもっと安くできる手段はないのか考えてみました。とはいっても、常連さんだけが使えるような方法だとたまにしかいかない私は使えません。

今回はスターバックスを誰でも安く使用できる支払い方法についてのまとめです。

スポンサーリンク

スターバックスカードに現金でチャージして支払う

スターバックスにはスターバックスリワードというポイントプログラムがあります。税抜き50円の支払いに対してStarが一つ集まるというもの。

スターバックスのドリップコーヒー Tallサイズが一杯320円ですから、コーヒー一杯飲むごとに6 Star貯まります。週一回スターバックスに行くと仮定すると、年間 51週 x 6 Star = 306 Star貯まる計算です。StarにはGreen StarとGold Starがあり、最初はGreen Starが貯まります。

一年間にGreen Start を250 Start以上集めると、次からGold Starが貯まります。

Gold Startを150 Sta集めるとReword eTicketが貯まり、税抜き700円相当の商品と交換できます。

Reword eTicketをもらうまでには、

  • Green Star 250 = Tallサイズドリップコーヒー42杯 = 13,440円
  • Gold Star 150 = Tallサイズドリップコーヒー 25杯 = 8,000円
  • 合計:21,440円分のスタバコーヒーを頼むことが必要です。

Reword eTicketが700円分相当ですから、最初の還元率は3.2%(700円 / 21,440円)

Tallサイズのドリップコーヒーで考えると、一杯当たり10円の割引です。これはタリーズでタリーズカードで払う場合と全く同じ還元率なんですね。

次からは

  • Gold Star 150 = Tallサイズドリップコーヒー 25杯 = 8,000円

に対して700円相当のReword eTicketがもらえるので、還元率は8.75%。

Tallサイズのドリップコーヒーで考えると、一杯当たり28円の割引です。ここまでくるとかなりお得感が出てきます。

スターバックスのコーヒーがそもそも高いという問題はあるとしても、スターバックスカードの還元率はなかなか良いものでした。

現金払いだと全く何も還元がありませんので、現金で支払うよりは現金をスターバックスカードにチャージして払ったほうがReword eTicketの還元分だけお得です。

オリジナルシリーズのJCBカードにチャージして払う

スターバックスカードの還元率を計算するとかなりお得だということはわかりました。

では、現金でなくクレジットカードでチャージしたらどうでしょうか?

JCBにはJCB ORIGINAL SERIESという優待プログラムがあり、スターバックスもJCB ORIGINAL SERIESパートナーです。詳細な優待内容は「スターバックス」の項を参照いただくとして、概要をまとめると以下の通りです。

  • JCB ORIGINAL SERIESのウェブサイトから事前登録が必要
  • JCBオリジナルシリーズのクレジットカードで、スターバックス カードへのオンライン入金・オートチャージでOki Dokiポイントが10倍貯まる。注:スターバックスの店舗でJCBカードでチャージしてもOki Dokiポイント10倍は貯まりませんので注意してください。あくまでオンライン入金とオートチャージのみが対象です。
  • Oki Dokiポイントが10倍貯まるための最低入金金額は一回1,000円
  • 対象のクレジットカードは、JCBザ・クラス、JCBプラチナ、JCBゴールド ザ・プレミア、JCBゴールド、JCB一般カード・JCB CARD W/W plus L/R・JCB CARD EXTAGE、JCBデビット/JCBデビットゴールドのみです。

Oki Dokiポイントは通常1000円ごとに1ポイント貯まるので、JCB ORIGINAL SERIESパートナー優待を使えば、スターバックスカードに1,000円チャージするごとにOki Dokiポイントが10ポイント貯まります。

通常時であればOki Doki 1ポイントは、nanaco 5ポイントに交換できるため、スターバックスカード にJCBオリジナルカードで1,000円チャージするとOki Doki 10ポイント = nanaco 50ポイント = 50円相当に交換できます。これは5%相当の還元です。

Oki Dokiポイントはスターバックスカードへのチャージにも使えますが、その場合Oki Doki 1ポイントは4円相当のチャージですからnanacoに変えたほうが1%お得です。

スターバックスはJCBカードではなくスターバックスカードで支払うので、Rewords eTicketはOki Dokiポイントとは別にもらえます。

仮にすばーバックスカードでGold Starがもらえる状態だとすると、

  • Rewords eTicketのポイント還元8.75%
  • JCB ORIGINAL SERIESでのポイント還元(nanacoへの交換の場合)5%

と合計13.75%の還元になりお得ですよ!

LINE PayのQR/バーコード支払いで払う

スターバックスの新宿の限定された店舗ではLINE PayのQR/バーコード支払いに対応しています。LINE Payでは2019年7月までの期間限定でQR/バーコード支払いの場合、LINEポイントの還元率が3.5%です。これはかなりお得かなと思ったのですが、「JCBオリジナルシリーズのクレジットカードでのスターバックスカードへオンライン入金・オートチャージした上でのスターバックスカードでの支払い」のほうが圧倒的にお得ですね。

ただし、LINE Payは時々破格のプロモーションを行っています。例えば2018年12月現在では12月末までPayトクキャンペーンとして20%還元を行っており、この場合はスターバックスカードではなくLINE PayのQR/バーコード支払いで払うのが最も還元率が高くお得です。

実際にJCBカードでスターバックスカードにオンラインチャージしてみた【2019年1月27日追記】

JCBオリジナルシリーズでスターバックスカードにオンラインチャージし、Oki Doki ポイントがちゃんと貯まるのか検証してみました。

前提条件

  • オンラインチャージ実施日:2018年12月29日
  • チャージ金額:3,000円
  • 当月の支払い:102,900円

JCBカードのアプリで「獲得ポイント詳細」をみると、

  • 通常獲得ポイント:102
  • オリジナルシリーズ優待 スターバックス:27

とあります。通常獲得ポイントは当月の支払い全てを集計して計算されるものです。

Oki Dokiポイントは1,000円の支払い(税込み)に対し1ポイント貯まるので、102,900円であれば102ポイント貯まります。900円分は切り捨てられましたね。

次にオリジナルシリーズ優待のところが、JCB ORIGINAL SERIESでの優待です。

3,000円のチャージに対して特別ポイントが27計上されています。

JCBの公式サイトには、

スターバックス カードへのオンライン入金・オートチャージでOki Dokiポイントが10倍貯まります。

と書いてあるので、特別ポイントが10倍貯まると思っていたのですが、誤解のようです。

正確に言うと

  • 通常獲得ポイント:1,000円に対し1ポイント
  • オリジナルシリーズ優待ポイント:1,000円に対し9ポイント

となります。通常獲得ポイントを含み10倍になるというのが正確なポイント計算方法でした。

検証の結果、私の誤解はあったものの、今回のスターバックスカードへのオンラインチャージへの3,000円チャージで獲得したOki Doki ポイントは30で間違いありません。

私の場合Oki Doki ポイントは ポイント交換キャンペーンを利用してnanacoに換えるので(1 Oki Dokiポイント = 6 nanaco)、今回のスターバックスチャージで獲得した30 Oki Dokiポイントは、30x6=180nanacoに換わる予定です。

3,000円の支払いに対して実質180円分のポイント還元になるわけですので、JCBカードでスターバックスカードにオンラインチャージし、Oki Dokiポイントをキャンペーンを使ってnanacoに換えた場合の還元率は6%となることが検証できました。

スターバックスで現金で支払うのに比べて6%の差が出ますので、現金で支払うのは絶対に損ですよ!

まとめ

スターバックスは利用したいんだけど高くて困ったなあという人向けにスターバックスを誰でも安く利用できる支払い方法をまとめてみました。

JCBオリジナルシリーズのクレジットカードでスターバックスカードにオンライン入金・オートチャージして、スターバックスカードで支払うのが通常は最もお得ですよ。ただし、LINE Payの20%還元キャンペーンがやっているときはLINE PayのQR/バーコード支払いを使いましょう。

年齢が39歳以下なら年会費無料の最強クレジットカードであるJCB CARD W / JCB CARD W plus Lに入会できますので、JCB CARD W+スターバックスカードの組み合わせがスターバックスを最も安く、お得に利用できる組み合わせです。

皆さんもこのような誰でも使えるシステムを活用して、お得にスターバックスライフを楽しみましょう。

その他お得に買い物をする方法も紹介していますのでご参考までに。

【常時3%-3.5%還元】Amazonでお得に買う方法まとめ

クレジットカードで食費を節約する方法

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう