あなたなラインペイをどんな理由で使っていますか?

私も含めて多くの人は、キャンペーンだから、ポイント還元がお得だからなどという「ラインペイがお得だから」という理由で使っていると思います。

ラインペイは家計管理にもとても良いことに気付いていますか?

私も最近ふとマネーフォワードの家計簿アプリを見ていて、「ラインペイは良い!」と感じました。

今回は、なぜラインペイが家計管理におすすめなのか、その理由を紹介します。

本記事の対象と読んで得られること
    • 対象:ラインペイを使おうかどうか迷っている人
    • 得られること:お得であること以外の、ラインペイのおすすめポイントがわかります。
スポンサーリンク

ラインペイはマネーフォワード家計簿への反映がとても早い

2019年5月現在、マネーフォワードにPayPayは連携できないのですが、ラインペイは連携できます。

つまり、ラインペイで使った支出はマネーフォワードで自動的に家計簿に反映させることができます。

クレジットカードの支出もマネーフォワードに自動で連携させることができるのですが、連携するまでに日数がかかりますよね。

数日かかるときもあります。

私はマネーフォワードの無料版を愛用しているので、有料版に比べて連携するまでの期間が時間がかかるんだと思います。

じゃあ、マネーフォワードの有料版使えよ

と思うかもしれませんが、マネーフォワードは無料版で十分な機能があるので、月480円であっても有料版を使う気はありません。

連携までの日数がかかる場合、以下の2つの使いすぎのリスクがあります。

  • 私一人が使っていても、数日前にクレカを使ったことを忘れて、使いすぎてしまう場合がある
  • 家族でマネーフォワードを共有して、一つの家族家計簿を作っている場合、他の家族が使った費用が数日経たないと見られず、家計として使いすぎてしまう可能性がある

マネーフォワードとのデータ連携の日数が短いほうが、家計をきちんと管理できるのです。

クレジットカードではマネーフォワードとのデータ連携に数日かかると書きました。

ふと、マネーフォワードを見ていると、ラインペイの場合はデータ連携がすぐにできていることに気づきました。

体感ですが、ラインペイを使った翌日あるいは遅くとも翌々日までにはマネーフォワードで支出データが見られる感じです。

これはクレジットカードに比べて1-2日早い印象です。

このため、ラインペイでキャッシュレスで払った支出もきちんと家計簿アプリで管理ができます。

ラインペイは事前チャージ型なので使い過ぎを防げる

ラインペイはクレジットカードとの紐づけができず、事前チャージをする必要があります。

事前チャージといっても、予め銀行口座と連携させておけばどこでも一瞬でチャージできるので、私は不便に感じたことはありません。

事前チャージが必要なため、予めいくら使うと決めておけば使い過ぎを防ぐことができます。

ラインペイはマネーフォワードに一つしか登録できませんが、少し工夫をすれば複数のラインペイアカウントでも一つのマネーフォワードで管理できます。

どうやるかというと、一つのアカウントでメインのラインペイにチャージし(例えば、旦那さんのラインペイ)、そこからサブのラインペイにラインペイ上で送金します。

サブのラインペイでは自分でチャージせずに、メインのラインペイからの送金だけで運用しておけば、結果的に家族でラインペイが複数アカウントあっても入金元を一つに絞っているので、一つのマネーフォワードで管理ができます。

ラインペイの事前チャージを利用して家計を管理するやり方としては、例えば食費を一ヶ月4万円と決めます。

月に一回4万円チャージするなり、週に一回1万円をチャージするなりして事前チャージをします。

ラインペイは食費専用で使うと決め、その事前チャージの範囲内で管理することで、きちんと家計管理ができるようになります。

ある程度毎月決まった金額を支出することがわかっている項目は、ラインペイで支出管理すると家計管理が簡単になりますよ。

まとめ

ラインペイの支払履歴がマネーフォワードにすぐに反映されていることに気づいたことから、ラインペイは家計管理にもおすすめであると感じました。

家計管理の際のラインペイのおすすめポイントは、

    • ラインペイは家計簿アプリマネーフォワードとのデータ連携が早い(PayPayはマネーフォワードにデータ連携できません)
    • ラインペイが事前チャージ型だからこそ使い過ぎを防ぐことができる

という二点です。

以下の記事に書いたようにラインペイはお得な支払手段です。

その上で、ラインペイを使うことで家計管理もより簡単にできるようになるのですから、こんな良いことはありません。

ラインペイは誰でも無料で使う始めることができ、なんのデメリットもありませんので、まだ使ったことがない人はぜひ使ってみてください。

私も日常的に使っていますが、とてもおすすめですよ。

 

 

SBI証券
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう