f:id:derosa91:20190113061945j:plain

ローソンやファミリーマートでの支払いについては、2019年1月時点ではLINE PayのQR/バーコード支払いにより3.5%還元を受ける方法が最もお得な方法だと思います。

ただ、コンビニはセブンイレブンをメインに使っているよっていう人にはこの方法は使えません。セブンイレブンはLINE Payに対応していませんし、自社グループで「セブン・ペイ」を開発中なことを考えると今後ともLINE Payには対応しないのではないでしょうか。

とはいっても、頻繁にセブンイレブンを使うのであれば、どうせならお得に使いたいですよね?

私も色々な支払い方法を考えてみた結果、「これだ!」というものが見つかりました。

今回はセブンイレブンでのお得な支払い方についての紹介記事です。

スポンサーリンク

セブンイレブンで最もお得な支払い方は、セブンカードプラスではない

セブンイレブンに行くと店頭でセブンカードプラスの入会申込書が置いてあります。

セブンカードは、その名の通り、セブン&アイ・ホールディングスグループのクレジットカード会社ですから、セブンイレブンで最もお得な支払い方じゃないの?と思うかもしれません。

違うんですよね。

セブンカードプラスをセブンイレブンで使った場合、200円(税込み)ごとに3nanacoポイントが貯まります。1nanacoポイントは1円相当ですから、これは還元率1.5%です(3/200*100=1.5%)。

比較対象として、JCBオリジナルシリーズのクレジットカードと比べてみましょう。JCBカードをセブンイレブンで使った場合、セブンイレブンはOki Dokiポイント3倍対象ですから1,000円につき3 Oki Dokiポイントが貯まります。1Oki Dokiポイントは5nanacoなので、5円相当です。よって、JCBカードのオリジナルシリーズをセブンイレブンで使った場合の還元率も1.5%です(1,000円支払いに対し3 Oki Dokiポイント=15nanaco)。

セブンイレブンでのポイント還元率だけでいうと

  • セブンカードプラス
  • オリジナルシリーズのJCBカード

は1.5%で差はありません。もっとも、セブンカードプラスの場合は、セブンイレブンの商品によってはnanacoボーナスポイントがつくのでその分は有利ですが。

セブンイレブンで最もお得な支払い方は、リクルートカード+nanacoではない

次に考えられる選択肢として、

  • ポイント還元率1.2%のリクルートカードでnanacoにチャージし払う

という方法があります。

リクルートカードはポイント還元率1.2%で、月間3万円までの電子マネーチャージであればリクルートポイントが貯まります(2018年4月16日以降の条件)。

そして、セブンイレブンでnanaco払いをすれば、100円(税抜き)につき1nanacoポイントが貯まります。

例えば、リクルートカードで1,000円nanacoチャージし、セブンイレブンでnanaco払いしたとすると、

  • クレジットカードでのチャージポイント12リクルートポイント
  • nanaco払いでの10nanacoポイント

が貯まります。合計22ポイント貯まるので、ポイント還元率は2.2%です。さらにnanacoボーナスポイントもつきます。

これが最もお得ではないか?

と思われたかもしれませんが、さらにお得な支払い方法があります。

セブンイレブンで最もお得な支払い方は、JCB CARD W+QUICPay(nanaco)である

最後に紹介する支払方法は、QUICPay(nanaco)とJCBオリジナルシリーズの年会費無料・入会資格39歳以下のクレジットカードであるJCB CARD W / JCB CARD W plus Lを使う方法です。

すなわち、

QUICPay(nanaco)を‘JCB CARD W / JCB CARD W plus Lに紐づけ、セブンイレブンでの支払いにQUICPay(nanaco)を使う方法」です。

JCB CARD W / JCB CARD W plus Lは、公式サイトに記載の通り、セブンイレブンでの支払いでポイント4倍になります。通常のOki Dokiポイント付与は1,000円の支払いに対して1ポイントですが、この場合、

  • 通常ポイント 1ポイント
  • JCB CARD W / JCB CARD W plus Lボーナスポイント 1ポイント
  • オリジナルシリーズ優待ボーナス  2ポイント

の合計4 Oki Doki ポイントが貯まります。4 Oki Dokiポイント=20nanaco相当ですので、これだけで2%還元です。

QUICPay(nanaco)に紐づけて支払った場合は、200円(税抜き)でnanacoポイントが1ポイント貯まり、その上でクレジットカードのポイントもつきます。つまり、セブンイレブンでQUICPay(nanaco)を使えば、ポイントの二重取りができるわけです。

QUICPay経由でJCBカードで支払った場合は、JCBオリジナルシリーズの優待ボーナスがもらえないんじゃないの?

と思われるかもしれませんが、JCBカードの公式サイトに以下の表記があります。

全国のセブン-イレブンで、Oki Dokiポイントが3倍貯まります!
日々のお買い物も、JCB ORIGINALシリーズをご利用ください。
※お支払いにORIGINALシリーズ対象カードをご指定いただいているクイックペイ(Apple Pay、Google Pay含む)のご利用も対象となります。ぜひご利用ください。

(JCB ORIGINAL SERIES「セブンイレブン」)

QUICPayでのJCBカードでの利用であっても問題なく優待ボーナスは発生します。

これにより、JCB CARD W / JCB CARD W plus L+QUICPay(nanaco)の組み合わせでセブンイレブンで支払いをすると、以下の2.5%還元が受けられます。

  • JCB CARD W / JCB CARD W plus Lでの2%還元
  • QUICPay(nanaco)での0.5%還元

さらに、商品によってはnanacoボーナスも受けられますよ!

これが最もお得な支払い方だと思います。

まとめ

セブンイレブンでの最もお得な支払い方を紹介してきました。一度JCBカードをQUICPay(nanaco)に紐づける手続きは必要ですが、それを一度やるだけでセブンイレブンでのポイント還元率2.5%になるのですから、やらない理由はありません。

また、JCB CARD W / JCB CARD W plus Lは年間費無料で、ポイント還元が常時2倍(還元率1%)のカードですので、セブンイレブン以外の利用でもとてもお得に使えますよ。(ただし、申し込み条件は39歳以下)

皆さんもお得な支払い方を最大限活用して、生活をもっと豊かなものにしてみませんか?

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう