GMOインターネットとグループ会社の株主優待って各社色々あったり、共通のものもあったりわかりにくいところありませんか?

今回実際にGMOインターネットの株主優待を使ってみて感じたおすすめの使い方を紹介します。

スポンサーリンク

GMOインターネット本体とグループ上場企業各社の株主優待の紹介

GMOインターネット

基礎情報:一株配当5.5円(四半期配当)、年換算22円、配当利回り1.47%

株主優待:

  • GMOくまポンギフト券2,000円分
  • GMOクリック証券での売買手数料5,000円(上限)をキャッシュバック
  • グループの各種サービス利用料5,000円分
  • とくとくBB
  • ドメイン取得
  • お名前ドットコムレンタルサーバーなどクラウド・ホスティング
  • ネットショップ開設
  • クマガイ☆スタイルSHOP
  • 30 days Album

GMOペパボ

基礎情報:一株配当80円、配当利回り2.2%

株主優待:1単元(100株)の場合

  • 各種ポイント おさいぽ!ポイント or GMOポイント or minneクーポン
  • GMOクリック証券での売買手数料キャッシュバック 1500円
  • おさいぽ!ポイントはLolipop! ヘテムル, ムームードメイン等に使える。

GMOフィナンシャルホールディングス

基礎情報:一株配当 9.54円(四半期配当)、年換算 33円くらい、配当利回り4.8%

株主優待:

Aコース

GMOクリック証券における取引手数料について、15,000円を上限に保有株式数に応じて、対象期間中に生じた取引手数料相当額をキャッシュバックいたします。
100株保有の場合最大キャッシュバック3000円

or

Bコース

GMOクリック証券における対象期間中のFXネオ取引の新規建て取引を対象に、15,000円を上限に保有株式数と取引数量に応じて、1万通貨※当たり10円をキャッシュバックいたします。
100株保有の場合最大キャッシュバック3000円

GMO株主優待の活用方法とおすすめの使い方

私が保有しているのはGMOインターネットの株主優待です。今回はお名前ドットコムでドメインを取りましたが、お名前ドットコムは隠れた手数料(Whois情報公開代行が有料!)が高いので次からはGMOクリック証券の売買手数料キャッシュバックを申請するつもりです。くまポンギフト券は全く使い道が思いつきませんし、グループの各種サービス利用料5,000円分というのも魅力的なものはありません。

ブログなどウェブサイトの運営をやっている場合はGMOペパボ株を300株もってムームードメイン+ヘテムルのWordpressサーバーの運営費に充てるのがよさそうです。これが一番有効に使えるかもしれませんね。ムームードメインはお名前ドットコムと違ってWhois情報公開代行が無料で基本サービスとしてついてきますのでおすすめです。

まとめ

GMOグループの株主優待は、GMOクリック証券を使い倒している人には(上限はありますが)売買手数料のキャッシュバックを受けられるので魅力がありますよ。

また、今からドメイン取ってサーバー契約して本格的にウェブサイト運営に取り組んでいこうという人にはGMOペパボの株主優待(ムームードメイン+ヘテムル)が魅力的ですよ。

逆に言うと、GMOクリック証券を使っておらず、サーバーを借りてウェブサイトの運営もやらないという方であれば、株主優待としては殆ど使い物にならないと思います。

GMOインターネットとそのグループ会社を株主優待目的で購入する人は、ご自身の使い道を決めてから投資することをおすすめします。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう