GMOあおぞらネット銀行のキャッシュカードを受け取り、初期設定をし、口座開設が完了しました。

でも、このGMOあおぞらネット銀行のサービスってどんなものなのでしょうか?正直なところ、新しいネット銀行で興味があったので口座開設しただけで今まで詳しいことは知りませんでした。

そこで今回GMOあおぞらネット銀行と私のメイン銀行である住信SBI銀行とサービスを比べてみました。住信SBI銀行に比べて優れている点があれば使い倒してもいいのですが、果たしてサービスの差はどこにあるのでしょうか?

スポンサーリンク

比較の前提条件

住信SBIネット銀行、GMOあおぞらネット銀行ともに口座のステータスシステム(口座のランク)があります。今回の比較は私が考える現実的に達成可能なランク同士を比べました。

住信SBIネット銀行のランク3とGMOあおぞらネット銀行の3テックま君を比べるべきかなとも思ったのですが、執筆時点ではGMOの3テックま君の達成難易度が高すぎるため、達成難易度の観点で同等と思われるランク同士(住信SBIネット銀行:ランク3、GMOあおぞらネット銀行:2テックま君)を比較しています。

3テックま君はとても難易度が高くて、ランク達成の条件は

  • 円預金残高300万円 かつ
  • 外貨預金残高50万円以上またはVisaデビット利用額月10万円以上

ですが、300万円も預けるはずはなく、かつ私のメインの決済手段がクレジットカードなのでVisaデビットで月10万円決済なんて現実的ではありません。

比較表まとめ

住信SBI銀行 GMOあおぞら銀行 優劣
ステージ ランク3 2テックま君
条件 外貨預金残高あり 円預金残高30万円 同等レベル
SBIハイブリッド預金残高あり
給与振り込みあり
ATM出金手数料無料回数 月7回 月5回 住信SBI
他行あて振込手数料無料回数 月7回 月3回 住信SBI
提携証券会社との外貨入出金サービス 可能 無し 住信SBI
外貨入金 可能 無し 住信SBI

私が使う機能を見ると、すべてにおいて住信SBIが優れています。

クレジットカードの引き落とし対応状況

ついでに、GMOあおぞらネット銀行でのクレジットカードの銀行引き落とし対応状況も調べてみました。情報は2018年11月現在です。

  • JCB×
  • MUFGカード×

JCBカード、MUFGカードともに主要なカード会社だと思うんですが、まだGMOあおぞらネット銀行では両者とも口座引き落としは対応していないようです。

まとめとGMOあおぞらネット銀行の改善したほうがいい点

住信SBIネット銀行が最強すぎるからでもあるのですが、現状ではGMOあおぞら銀行のサービスレベルはまだまだですね。サービスが始まったばかりとはいえさみしいところです。皆さんに幅広く使ってもらえるようになるにはGMOあおぞらネット銀行はかなりのサービス拡充が必要な状態です。

私のように住信SBIネット銀行をメインにしてきた場合は、当面は住信SBIネット銀行をメインで使い続けつつ、GMOあおぞらネット銀行のほうはGMOクリック証券との証券コネクト口座での資金の出し入れと目的別口座であるつかいわけ口座だけ使うような形をとる方が多いのではないでしょうか。

GMOあおぞらネット銀行はテクノロジーバンクをうたっているだけにインターフェース自体は使い勝手が良い印象を持っているので今後サービスが向上してくることを期待します。

今回GMOあおぞらネット銀行が改善すべきだなと思った点は、

  • 3テックま君の達成条件は厳しすぎるので緩和すべし
  • 提携クレカないしプリペイドカードをポイント2%で投入すべし
  • 外貨入金、外貨送金サービスを実施すべし。その際に、シンガポールドル、香港ドルを低コストで扱えるようにすべし
  • GMOクリック証券で外国株取引を開始し、米国、香港、シンガポールのリート含む全銘柄の取引を可能にすべし

住信SBIネット銀行+SBI証券が最強すぎるので、それを上回るサービスを出してもらわないとなかなか厳しいかもしれないなと感じました。

皆さんのGMOあおぞらネット銀行の口座開設の際の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう