株式投資はしたいけれども個別銘柄はよくわからないし、選ぶのが大変そう!と思っている方は多いのではないでしょうか。

その場合の選択肢として、投資するならETF(上場投資信託)があります。

ETFの大きなメリットは、

  • 日経平均やTOPIXのような株価指数に連動するのでETFを買えば幅広い銘柄に一気に少額で分散投資できることと
  • 証券市場で株と同様にいつでも売買が可能で価格がリアルタイムで把握できること

です。

ただ、その反面証券市場で売買するには売買手数料が必要になるメリットもあります。投資信託も購入手数料がかかるものもありますが、手数料無料(ノーロード)で購入できるものも多くありますのでこの点ETFは弱いです。

では、ETFを手数料無料で購入できる方法はないのでしょうか?ネット証券によっては国内ETFの購入手数料が無料な会社もありますので、今回はETF投資を始めるにあたってそのような証券会社をまとめて紹介します。

これからETF投資を始めたい方や、ETFをスポットで買いたいけど手数料が気になるという方向けの記事です。

スポンサーリンク

楽天証券で国内ETFを手数料無料で買う方法

楽天証券は「手数料0円ETF」として34銘柄のETFを手数料無料で購入することができます。

「期間限定のキャンペーンでなく、いつでも売買手数料はかかりません。」と謳っており、いつでもキャンペーンではなく、キャッシュバック(いったん手数料はかかる)でもなく特定の銘柄を手数料無料で購入できます。

34銘柄の中には海外株・債券に投資するETFも含まれていますが、対象はすべて国内上場のETFです。

2019年4月1日から野村アセットマネジメント投信のNEXT FUNDSシリーズのETFのうち、49銘柄の売買手数料が無料になりました!

手数料無料で購入できる主要な銘柄をピックアップして紹介していきましょう。

日本株式

iシェアーズ・コア 日経225 ETF
MAXIS 日経225上場投信
MAXIS トピックス上場投信
iシェアーズ・コア TOPIX ETF

日経平均およびTOPIXに連動するETFがそれぞれ日本づつあり日本株に投資できます。

なお、楽天証券で野村アセットマネジメント投信のETFの売買手数料が無料になりましたが、TOPIXや日経平均株価に連動するETFは手数料無料の対象ではありません。

日本高配当株

高配当銘柄にETFで投資するものも4本あります。

NEXT FUNDSの高配当株ETF二銘柄が加わり、選択肢の幅が広がりました。

すなおに、時価総額の大きいETFを選んでおけばいいと思います。

NEXT FUNDS 野村日本株高配当70連動型上場投信(1577)

NEXT FUNDS 日経平均高配当株50指数連動型上場投信 (1489)

iシェアーズ MSCI ジャパン高配当利回り ETF

MAXIS日本株高配当70マーケットニュートラル上場投信

Jリート

Jリートに投資するものもあり、ほかの証券会社に比べて手数料無料で買えるETFの選択肢は広いです。

JリートETFとして時価総額が最大の NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信(1343)も楽天証券では手数料無料になりました。

  • NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信
  • iシェアーズ・コア Jリート ETF
  • MAXIS Jリート上場投信
  • 高利回りJリート上場投信
  • MAXIS Jリート・コア上場投信

これだけのバリエーションがありますし、NEXT FUNDSの取扱も始まったので、JリートETFは楽天証券で手数料無料で買うのがいいとおもいます。

他の証券会社で取引する理由が見当たりません。

海外株

海外株式は5本用意されています。S&P500やMSCIコクサイに連動するものが用意されています。

楽天・全世界株式インデックスファンドや楽天・全米株式インデックスファンドがノーロードで買えるのであえて国内ETFで海外株式に投資する意味はあまりないです。

ただ、なぜかiシェアーズオートメーション & ロボット ETFが手数料無料対象に入っているので iシェアーズオートメーション & ロボットに興味がある方は楽天証券がおすすめです。

MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信

MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信

iシェアーズ S&P 500 米国株 ETF

iシェアーズ・コア MSCI 先進国株(除く日本)ETF

iシェアーズ・コア MSCI 新興国株 ETF

iシェアーズオートメーション & ロボット ETF

NEXT FUNDS ダウ・ジョーンズ工業株30種平均株価連動型上場投信

NEXT FUNDS NASDAQ-100®連動型上場投信

NEXT FUNDS 外国株式・MSCI-KOKUSAI指数(為替ヘッジなし)連動型上場投信

NEXT FUNDS 外国株式・MSCI-KOKUSAI指数(為替ヘッジあり)連動型上場投信

海外債券

海外債券ETFとして以下のNEXT FUNDSシリーズも手数料無料で投資できます。

2519は新興国債券投資の新たな選択肢として注目です。

上場が2018年7月10日と最近で、時価総額が3億円弱と非常に小さいです。

信託報酬は0.19%(税抜)と安いので債券ETFとしてはいい商品だと思います。

取引高が非常に低いことが予想され、指数との乖離があるとは思いますが、注目すべき債券ETFでしょう。

10万円くらいから投資できますよ。

NEXT FUNDS 新興国債券・J.P.モルガン・エマージング・マーケット・ボンド・インデックス・プラス(為替ヘッジなし)連動型上場投信(2519)

NEXT FUNDS 外国債券・シティ世界国債インデックス(除く日本・為替ヘッジあり)連動型上場投信(2511)

NEXT FUNDS 外国債券・シティ世界国債インデックス(除く日本・為替ヘッジなし)連動型上場投信(2512)

楽天証券はいつでも国内ETF購入手数料無料(但し、銘柄は限定される)

手数料無料で様々な投信会社のETFに投資する選択肢があるのはいいですね。選択肢の多さという点とキャンペーンでなくいつでも手数料無料という点に魅力を感じます。

SBI証券で国内ETFを手数料無料で買う方法

SBI証券では2018年11月1日〜2019年1月31日までの3ヶ月間野村アセットマネジメントのETFを手数料無料で購入できるキャンペーンをやっていたのですが、残念ながら終わってしまいました。

もともとキャンペーン自体が期間限定で使い勝手が悪かったですし、それも終わってしまった今SBI証券で国内ETFを手数料無料で買う方法はありません。

国内ETFを取引する証券会社としては、他の証券会社を使ったほうが良いでしょう。

カブドットコム証券で国内ETFを手数料無料で買う方法

カブドットコム証券には「フリーETF」というサービスがあり、手数料無料でETFを購入できます。銘柄を見ると基本的に三菱UFJ国際投信のETFが対象です。手数料無料で購入できるコンセプトは良いのですが、三菱UFJ国際投信にほぼ限定されているため選択肢が狭いのがネックです。

日本株

MAXIS 日経225 上場投信
MAXIS トピックス上場投信

海外株

MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信
SPDR S&P500 ETF

Jリート

MAXIS Jリート上場投信

カブドットコムの購入手数料無料ETFは選択肢が狭い

三菱UFJ国際投信がいい悪いは別として運用会社が限定されており、選択肢が狭いのがよくありませんね。三菱UFJ国際投信のETFだけでは、良いポートフォリオが組めませんが、どうしても三菱UFJ国際投信のETFがいいんだという人はカブドットコム証券のサービスでもよいかもしれません。

まとめ:国内ETFを買うには楽天証券がおすすめ

投資のベストなタイミングは誰にもわからないのですから、投資するタイミングを分散させることが重要です。老後資金のような長期投資の場合長期にわたり分散投資する場合もあり、キャンペーンではなくいつでも手数料無料で投資できることが重要です。

この点で楽天証券が圧倒的に優れています。

SBIは野村アセットマネジメント縛りのキャンペーンが終わってしまいましたし、カブドットコム証券はいつでも無料ですが三菱UFJ国際投信縛りです、

楽天証券は投信会社の縛りもないのでこの点も優れています。

楽天証券で野村アセットマネジメント投信の49銘柄のETFの手数料が無料となった今、国内ETFを取引するなら楽天証券一択ですよ。

楽天証券にまだ口座開設していない方は、こちらからどうぞ。
楽天証券(FX)

SBI証券
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう