2019年10月の消費税増税の際に、政府はキャッシュレス決済を普及させるためにクレジットカードや電子マネーなどのキャッシュれでの支払いについてポイント還元をする予定っていうニュースが出てました。

今でもキャッシュレス生活はお得が多いですが、消費税増税に際してポイント還元が導入されるとしたら現金を使う理由なんてもはやなくなりますね♪

今でもほとんどのお店でキャッシュレス決済は可能なのですが、今だに現金払いをしている人も多く見かけます。

キャッシュレスはやり方がわからないっていう人もいるんじゃないかと思います。

今回の記事は、誰にでもできるキャッシュレス生活の始め方についての紹介です。

誰にでもできるということなので、クレジットカードがない人々でも問題なくキャッシュレス生活ができるやり方を紹介しますよ。

ポイント還元分、現金払いより確実にお得なのでぜひ試してほしいです。

スポンサーリンク

ワンコイン投資

クレジットカード無しの前提でのキャッシュレス生活のやり方

プリペイドカードのおすすめ

クレジットカードが簡単に作れる時代にはなりましたが、それでもいろいろな理由でクレジットカードが無い人もいると思います。

クレジットカードが無いから現金払いを続けなきゃいけないの?と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

誰でもキャッシュレス生活を実践することができますよ。

なお、クレジットカードが無くても銀行口座の残高から直接引き落としができるデビットカードというのがあるのですが、今回はこれは使いません。

デビットカードはセキュリティ上の懸念があります。なぜならカードを無くしてしまうと、銀行口座の残高全部をデビットカード経由で使われてしまうリスクがあるためです。

クレジットカード無しの前提のキャッシュレス生活にはプリペイドカードを使いましょう。

クレジットカード会社の決済ネットワークでJCBやVISA、マスターカードといった決済ブランドがありますが、それぞれに対応したプリペイドカードが存在します。

デビットカードに対してプリペイドカードは以下のメリットがあります。

  • 事前に計画した予算金額だけをチャージしておくことで、家計管理をしやすくでき、使い過ぎを防げる。
  • チャージした金額だけしか使えず銀行口座と切り離されているため、仮になくしても口座残高残額まで盗られることはない。

LINE Pay QR/バーコード支払いも併用

プリペイドカードと一緒にLINE PayのQR/バーコード決済も併用します。コンビニなどによっては、LINE Pay QR/バーコード支払いが圧倒的に還元率が高いことと、頻繁に5%OFF、10% OFF、20% OFFのキャンペーンを行っていてとてもお得に支払いができる場合が多いからです。

家計簿アプリ マネーフォワードMEで家計管理

プリペイドカードとLINE Pay を家計簿アプリであるマネーフォワードMEに連携させます。

キャッシュレス生活はポイント還元という意味で現金よりもお得な支払い方法ですが、家計簿アプリと連携させ自動的に家計簿を生成させることで支出の見える化も同時に実現しましょう。

家計を把握できれば、改善のヒントが見つかりますよ。

プリペイドカード、家計簿アプリとも完全無料で利用できます。

用途別に支払い手段を事前に決めるべし

キャッシュレス生活で家計管理能力を向上させるためにも、多少面倒ではありますが、用途別に支払い手段を事前に決めて予算も組んでしまいましょう

例えば、

食材は近くのイオンなりイトーヨーカドーで買うと決めてしまい、支払手段として

  • イオン:WAON(プリペイド型電子マネー)
  • イトーヨーカドー、セブンイレブン:nanaco(プリペイド型電子マネー)

とそれぞれのスーパーで使える電子マネーカードを一つ用意しましょう。

一ヵ月食費を3万円と予算を組んだら、3万円だけチャージしその範囲で食材を買います。

その他は、

  • コンビニ:LINE Pay QR/バーコード決済
  • その他日常的な支払い:LINE Payカード(JCB)

といった感じです。

予算項目ごとに支払い手段を決めてしまい、チャージ金額を決めておいてプリペイドカード・電子マネーで払えば使い過ぎることはありません。

キャッシュレス生活を始めるのに必要なもの

具体的にキャッシュレス生活を始める際には以下のものが必要です(これは例です)。

  • スマートフォン(家計簿アプリとLINE Pay QR/バーコード支払いのため)
  • LINE Pay カード(JCB)(プリペイドカード)
  • LINE Payアプリ
  • マネーフォワードME 家計簿アプリ

プリペイドカードだとSuicaを既に持っている人は多いと思います。

Suicaはダメなの?って思うかもしれませんが、SuicaをマネーフォワードMEに連携させると自動的に支払い項目に仕分けができずに、家計簿が自動でちゃんとできないんですよ。

Suicaの技術的な仕様なんでしょう。

家計簿で自動的に仕分けできないと手動で修正する必要が出て面倒くさいです。

また、SuicaはViewからのオートチャージの場合のみ1.5%還元があるため、クレジットカードがないという前提だとあまりお得ではありません。

このためSuicaは今回選択肢から外しています。

また、PayPayもYahooカードと紐付けがないとポイントが貯まらないため選択肢から外れます。

要はクレジットカードがない前提ではLINE Payを活用する必要があるということです。

LINE Payは基本の還元率は0.5%と低いですが、支払いをLINE Payに集中させていけば

  • 《ブルー》支払い金額 : 5万円~9万9,999円/月:還元率 1%
  • 《レッド》支払い金額 : 1万円~4万9,999円/月:還元率 0.8%

と0.8%〜1%の還元を実現することができます。

PayPay+Yahooカードの組み合わせよりは還元率が低いですが、クレジットカード無しで0.8%〜1%のポイント還元が実現できるのは大きなメリットです。

キャッシュレス生活の具体例と還元金額

今回のキャッシュレス生活の仕組みを使って月々の生活費を払った場合どれくらいお得になるのかシミュレーションをしてみましょう。

仮に毎月の費用と支払い手段をを以下と仮定します。

食費:3万円、WAONカードでイオンの「お客様わくわくデー」でまとめ買い

昼飯代:1万円、LINE Pay QR/バーコード支払い

飲み会代:1万円、LINE Pay QR/バーコード支払い

交際費:3万円、LINE Payカード

衣服代:3万円、LINE Payカード

趣味代:2万円、LINE Payカード

この場合、現金で払えば13万円支払い還元はゼロです。

キャッシュレスで支払った場合は、

  • 食費:3万円x(0.5%x2倍)=300円

昼食代:1万円x1%=100円

飲み会代:1万円x1%=100円

交際費:3万円x1%=300円

衣服代:3万円x1%=300円

趣味代:2万円x1%=200円

の合計 1,300円分の還元を受けられます。年換算ではキャッシュレスのほうが15,600円もお得です。

その上支払いデータはすべて自動で家計簿アプリに取り込むことができ、幾ら使ったのかを完全に見える化し改善していくことも可能です。

まとめ

2019年10月の消費税増税とそれに伴うキャッシュレス決済へのポイント還元が予定されており、すべての人がキャッシュレス生活への移行を真剣に考える必要があります。

キャッシュレス生活にしないと絶対にポイント還元分損ですよ。

今回はクレジットカードが無い場合のキャッシュレス生活の始め方を紹介しました。

プリペイドカードのため審査はないので誰でもできますよ。

消費税増税前にぜひキャッシュレスの習慣を生活に取り入れましょう。

キャッシュレス生活のおすすめポイントは以下をご参考に

この令和の時代は、誰でもお金持ちになれます。

以下の記事も参考に是非成り上がってみましょう。

SBI証券
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう