ローソンなどではdポイントとPontaの両方を貯めれますが、果たしてどっちを貯めたほうがいいのか分かりますか?

私はもともとローソンは利用していなかったのですが、勤務先の近所にローソンができたので多用することになりdポイントとPontaのどっちを貯めたらよいのか迷っていました。

最近になり「dポイントを優先して貯めるべきである」という結論に達しました。

今回はdポイントとPointaを比較した結果、dポイントを貯めるべきだと考える理由を紹介します。

なお、私はドコモユーザーではありませんので、本記事はドコモユーザー以外にも当てはまる内容です。

スポンサーリンク

dポイントはd払いで使えるのでPontaより優れている

d払いが登場する前はPontaもdポイントもどっちもどっちで優劣をつけ難かったのですが、d払いができたことでdポイントのほうがPontaより優れていると言えるようになりました。

Pontaを支払いに使えるお店は、主要なところだと

  • ローソン
  • じゃらんnet
  • すき家
  • HotPepper Beauty
  • トモズ

といったところくらいです。

正直言ってPontaが使えるところは多くはありません

一方、d払いであれば

  • アマゾン
  • 無印良品ネットストア
  • メルカリ
  • ラクマ
  • 松竹マルチプレックスシアターズ
  • ムビチケ
  • BEAMSオンラインショップ
  • nano universeオンラインショップ
  • United Arrows オンラインストア
  • 東急ハンズ
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • 主要なドラッグストア
  • ビッグカメラ

等幅広い街のお店・ネットストアで使えます。

使えるお店の数では、d払いを使える店はPontaが使えるより圧倒的に多いです。

dポイントはd払いの支払いに充てることができるので、dポイントが使えるお店もPontaが使えるお店よりも圧倒的に多いということになり、dポイントはPontaより優れています

Pontaとdポイントのどちらも貯められるお店では、dポイントの方を貯めたほうが後で使い勝手が良いですよ。

Pontaしか貯まらないサイトは極力使わないほうが良い

Pontaはdポイントより使いにくいので、Pontaしか貯まらないサイトは極力使わないほうが良いです。

例えば、

  • 美容院やエステの予約をするならPontaしか貯まらないhotpepper beautyよりRakuten Beautyを使うべき
  • じゃらんnetよりも楽天トラベルやYahooトラベルを使うべき
  • hotpepperグルメよりも食べログやぐるなびを使うべき

リクルート系のサービスを否定しているわけではないですが、Pontaをもらっても使いにくいので、私は極力サービスを使うのを避けるようにしています。

Pontaがdポイントに交換できれば良いのですが、Pontaポイントからdポイントへの交換を行うにはドコモの携帯電話番号が必要なため、私のように格安SIMを使っているd払いユーザーはPontaをdポイントに交換できないのです。

この点はぜひ改善してほしいですね。

なお、ドコモユーザーであればPontaを受け取っても全部dポイントに変えてd払いで使えばいいだけですので、リクルート系のサービスを積極的に使ってPontaを貯めても問題はないと思いますよ。

まとめ

ローソンのようにPontaとdポイントのどちらも貯めることができるお店では、dポイントを貯めるのがおすすめです

Pontaは使えるお店が限られているのに比べ、dポイントはd払いを通じて非常に多くのお店で使えるからです。

ドコモの携帯ユーザーであればPontaをdポイントに交換できるのでPontaを貯めていても問題はないのですが、非ドコモユーザーの場合Pontaをdポイントに交換して使うという方法が使えないので、極力Pontaではなくdポイントを貯めるのがおすすめですよ。

基本的にはPontaとdポイントを選べるお店では極力dポイントを貯めるというのがセオリーだと思います。

あなたがPontaとdポイントのどちらを貯めるか迷ったときには、ぜひ上記の考え方を參考にしてみてください。

 

 

 

 

SBI証券
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう