f:id:derosa91:20190113063540j:plain

キャッシュレスの支払い手段としてクレジットカード、電子マネー、プリペイドカードなどがありますが、デビットカードというものもあります。

私自身はデビットカードは怖くて使っておらず、電子マネー・プリペイドカード、またはクレジットカードでキャッシュレス支払いをしています。

いろいろな銀行がデビットカードのプロモーションをやっていますが、私はデビットカード作るくらいなら楽天カードでいいのでクレジットカードを使ったほうがよほど良いと思っています。

今回はデビットカードよりクレジットカードがおすすめな理由について説明します。

スポンサーリンク

ワンコイン投資

デビットカードとクレジットカードの違い

クレジットカードはクレジット、つまり個人に対する信用をベースにしたカードです。通常の場合今月買った分の支払いは翌月の所定の日に銀行口座から引き落とされます。クレジットカード会社は個人に対して無担保で支払い約一ヵ月延長してくれるということです。海外は別として、日本においてはお店で現金払いとクレジットカード払いで支払金額が変わることはありません。支払金額は現金の場合と全く同じです。

デビットカードもVISAデビットやJCBデビット名前からわかるようにクレジットカード会社が決済機能を提供知っていますが、お店でデビットカードを使って支払った瞬間に所定の銀行口座から代金が引き落とされます。

クレジットカードの発行には所定の審査があり落ちる場合もありますが、デビットカードの場合は個人に対して無担保での信用を与えていない分、基本的に誰でも発行ができます。

デビットカードとクレジットカードの違いをまとめると以下です。

デビットカードクレジットカード
発行時の審査無しあり
支払金額上限銀行口座の預金の範囲であれば上限なし信用枠の範囲
銀行引き落としのタイミング即時約一ヵ月後

デビットカードは発行に際して審査がない分、学生や若年層等でも入手が容易です。

クレジットカードは支払いが約一ヵ月無利子で猶予され、かつ支払金額は現金と全く同じですので、現金やデビットカードに比べて金利分確実にお得です。また、支払いまで一カ月の猶予がありますので、不正利用されたとしてもきちんと所定の手続きを取り自分自身に重大な過失がなければ、基本的には銀行口座から不正利用の代金が引き落とされることはありません。デビットカードの場合はどうなるかというと、不正利用だろうが何だろうが、無条件に銀行口座から引き落とされた後銀行がもし認めればお金が返ってくるかもしれません。どちらがいいですか?

デビットカードは安全性に懸念がある

デビットカードとクレジットカードですが、規約をみると補償に関して大きな違いがあります。カードを発行するときに規約を熟読する人はいないと思いますが、重要な違いがあるので詳しく見てみましょう。今回は楽天銀行デビットカードの規約と楽天カードの規約を比べます。両方ともホームページに載っています。

楽天銀行デビットカード盗難補償規定

楽天カード・カード会員規約

盗難や不正利用があった場合の楽天銀行デビットカードの規約は以下です。

第2条 補償の対象期間および限度額
第1条の事由によりお客さまが被った損害のうち、当行所定の審査のうえ相当と認めたものに対して、当行所定の方法により、損害の全部または一部を当行が補償します。ただし、補償は当行が通知を受理した日の30日前以降、受理した日から60日後までの91日間に行われた不正使用による損害に対して行われ、1口座当たり年間100万円を限度とします。

同様に、楽天カードの規約は以下です。

第17条(カードの紛失・盗難、偽造、再発行)
会員がカードの紛失、盗難等で他人にカードを使用された場合、そのカード使用に起因して生じる一切の支払債務については本規約を適用し、すべて会員が責を負うものとします。但し、会員が紛失、盗難等の事実を速やかに当社に直接電話等により連絡の上、最寄りの警察署に届け、かつ所定の届出書を当社に提出し当社が認めた場合、当社がその連絡を受理した日の60日前以降発生したカード使用による支払債務については、当社は会員に対し、その支払を免除します。この場合、会員は、当該支払債務の免除を請求する際、カードの紛失、盗難等で他人によるカードの使用を知った日から30日以内に当社が支払債務の免除に必要と認める書類を当社に提出するとともに、被害状況等の調査に協力するものとします。

両者の盗難・不正利用の保証期間と保証金額に大きな違いがあるのがわかったでしょうか?

  • クレジットカード:ユーザーが警察署に届けかつ楽天カードに届け出を出した日の60日前から支払い免除。免除額に制限は無し。
  • デビットカード:ユーザーが楽天銀行に通知した日の30日前から60日後までの91日間期間限定かつ補償限度額年間100万円のみ。

盗難・紛失等で不正利用があった場合の補償はクレジットカードのほうが対応期間が長く、また免除限度額が無い点で絶対的に安全です。

デビットカードは基本設定では支払金額に上限がありませんので、仮に200万円預金がある口座を持っていてデビットカードを不正利用され200万円全部使われてしまった場合、即座に銀行口座残高がゼロになり、かつどんな理由があっても補償金額は100万円までしかありません。これって単純に怖くないですか?

デビットカードとクレジットカードは家計管理上違いはない

デビットカードのセールスポイントとして、預金口座以上には使えないので使い過ぎが防げますよ、家計管理がしやすくなりますよ、と言われています。

私からすると、預金口座全額使えてしまうデビットカードはリスクが高いですし、マネーフォワードMEのような家計簿アプリを使えばデビットカードだろうがクレジットカードだろうが家計管理し使い過ぎを防ぐことは同じようにできます。

そもそも使い過ぎを防止できるか否かは個人の家計管理能力によるものなので、デビットカードでも使い過ぎてしまう人はいるし、クレジットカードでもちゃんと管理できる人はいます。

デビットカードの場合口座にある預金残高以外に利用限度がないため、預金がある上限まで使ってしまうリスクがあると思いますよ。デビットカードのほうが使い過ぎを防いだり、家計管理をしやすいといううたい文句にも大いに疑問があります。

まとめ

今回はデビットカードとクレジットカードを比べ、クレジットカードがおすすめな理由を紹介しました。まとめると

  • クレジットカードは約一ヵ月無利子で支払い猶予があり金利分確実にお得
  • クレジットカードとデビットカードの規約を比べると、クレジットカードのほうが盗難・紛失、不正利用されたときの補償が圧倒的に強く安全。逆にデビットカードの補償規定を見る限りは危険すぎるとさえ言えます。

クレジットカード発行に際して厳しい審査があった時代ならともかく、今は楽天カードやYahoo! JAPANカードのように誰でも発行できるクレジットカードがある時代です。あえてデビットカードを使う理由はありません。

仮に何らかの事情でクレジットカードが発行できないとしても、デビットカードを使うくらいならKyash VisaカードやLINE Payカードのようなプリペイドカードを使うほうが安全性でもポイント還元でもよっぽどいいですよ。

私はデビットカードを使っておらず(使ったことはあります)、日常的にはクレジットカードやLINE Payを使っている人間なのでポジショントークの面はありますが、きちんとデビットカードの規約を見れば、デビットカードのほうが明らかに盗難・紛失、不正利用時のリスクが高いことはわかると思います。

きちんとデビットカードとクレジットカードのリスクを考えて選択していきましょう。

SBI証券
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう