あなたは仕事に行くときにどんな服装をしていますか?

最近はカジュアルな服装の会社も多いと思いますが、多くのサラリーマンはスーツ(セットアップ含む)、ジャケパンスタイルで会社に行っていると思います。

街を歩くサラリーマンを見ているとだらしなく見え、お金持ちになれなさそうな印象を受ける服装をしているサラリーマンをよく見かけます。

ちょっとした手間をかけるだけで大きく外見の印象を改善できるのに、それをやっていないサラリーマンが多いです。

今回は私がお金持ちになれないなあと思うサラリーマンの服装について書いてみます。

本記事で取り上げるポイントは誰でも簡単に改善できるので、変えてみると周囲からの印象も大きく変わりますよ。

本記事の対象と読んで得られること
    • 対象:お金持ちになりたいサラリーマン
    • 得られること:仕事用の服装のちょっとした改善ポイントがわかります。
スポンサーリンク

体に合っていないスーツを着る

街を歩いていると体に合っていないスーツを着ているサラリーマンを見かけます。

今やオーダースーツが格安に作れる時代です。

例えば、麻布テーラーでは4万円台からスーツをオーダーできますが、他にもKASHIYAMA the Smart Tailer, Difference等4-5万円でスーツをオーダーできるお店は幾らでもあります。

体にフィットしたスーツは安価で簡単に作れる時代なのに、ゆったりしすぎてダブダブだったり、逆にパツパツだったり、袖丈があっていなかったりするスーツを着ているのは単純にダサいですよね。

また、スーツも流行り廃りがありますので、古い型のスーツを着ていると時代に取り残されたおじさん感が出てしまいます。

中身で勝負と言っても人は殆どの場合外見で判断するので、いろいろな人との出会いをつなげていくためにも服装は重要です。

体にフィットしていないスーツを着ていると、そういう出会いの機会を逃しかねません。

また、オーダースーツが安価に作れる時代に、あえて体にフィットしていないスーツを買うのは単純にコスパが悪いです。

コスパの悪い服装投資をしているとお金持ちにはなれません。

シワがあるジャケットを着る

街を歩くサラリーマンを後ろから見ていると、朝の出勤時にもかかわらずジャケットの背中にシワが寄っている人もよく見かけます。

これもだらしなさが半端ないです。

ジャケットは一旦使ったら軽くブラシかけて、衣類スチーマーをかけて2-3日おいておけばシワは自然と取れるものです。

ブラシかけて衣類スチーマーを掛けるのに5分もかからないので、この程度は誰でもできるものです。

朝一からシワのついたジャケットを着ているということは、ジャケットの手入れをしていないということを意味します。

これだとだらしない人だという印象とともに、仕事の準備をちゃんとしていない人、モノを大切にしない人という印象を与えてしまいます。

すくなくとも私はそういう風に受け取りますね。

クリースの取れたスラックスを履く

背中にシワの入ったジャケットを着ているのも気になりますが、スラックスにクリースが入っていないのも気になります。

クリースが取れたスラックスを履いていると、だらしない印象を与えるとともに、仕事の準備をちゃんとしていない人という印象を与えてしまいます。

スラックスにアイロンを掛けるのにかかる時間は一本5分程度ですよね。

一回5分アイロンかけてきちんとした印象を与えるか、それをしないで一日中合う人全てにだらしない印象を与えるか、どちらがいいのでしょうか。

間違いなくスラックスにきちっとアイロンかけたほうが好印象になりますよね。

黒ボタンのワイシャツを着る

最後にお金持ちはやらないだろうなというのは、黒ボタンのワイシャツを着て会社に行くことです。

電車に乗っていると黒ボタンのワイシャツを着ている人はそこそこ見かけます。

ビジネスシーンでわざわざ黒いボタンのワイシャツを選ぶ理由は全くありません。

伊勢丹のビジネスシャツコーナーに黒ボタンのシャツがあるでしょうか?

オーダーシャツのお店に行って黒ボタンを推奨されたことあるでしょうか?

両方ともないと思います(あったらごめんなさい、少なくとも私は見たことがないです)。

ビジネスシーンではシンプルなのが重要なので、わざわざ黒いボタンを選ぶ必要がなく、すべての好印象を台無しにしてしまう可能性もあります。

ワイシャツには白いボタンでいいのに、あえて黒いボタンのものを選んで台無しにしてしまうのは、コスパが悪いですよね。

理髪店や1,000円カットで髪を切る

髪型は外見の印象を大きく左右する重要な要素です。

多くのサラリーマンは家の近くの理髪店や1000円カットで適当に髪を切っているかもしれませんが、おじさんサラリーマンこそおしゃれな美容院に行くことが重要です。

一回のカットの値段は2-3倍しますが、外見改善の効果は10倍くらいあります。

私は電車で一時間くらいかけて銀座の美容院に行っていますが、関東周辺在住のおじさんであれば銀座や青山の美容院にいきましょう。

まずは、奥様にそういったおしゃれな美容院に行ってもらって、そこに一緒に行くのが良いと思います。

まとめ

まとめると、お金持ちに見えないサラリーマンの服装は

  • 体にフィットしていないスーツを着ていて
  • ジャケットにシワがよっていて
  • スラックスのクリースが取れていて
  • 黒ボタンのワイシャツを着て
  • 近所の理髪店は1,000円カットで髪を切っている

とまとめられます。

これを改善することは非常に簡単です。

何をすればいいかというと

    • 体にフィットしたスーツを作る(オーダーでも、セレクトショップで既製品を直してもいいでしょう)
    • ジャケットを着たらブラシを掛け、衣類スチーマーをかけて、2-3日ジャケット用のハンガー(できれば木製)に吊るしておく。
    • スラックスを履く前にアイロンを掛けてクリースを復活させる。
    • 黒ボタンのワイシャツを全部捨てて、普通の白ボタンのシャツを着る。
    • 銀座や青山や地方でも中心部のおしゃれな美容院で髪をカットする。

というだけです。

これらは誰でも直ぐにできますよね。

こういった基本的なことをやるだけで、できるサラリーマン風に外見を変えることができるのでやってみましょう。

私自身クソダサい格好をしたサラリーマンでしたが、一念発起して上記を実行するようにしました。

その結果、周囲の印象も変わり、年収も上がりましたよ。

簡単に改善できることは改善していく。

その小さな積み上げの結果としてサラリーマンがお金持ちになっていると思います。

あなたも上記に当てはまるところがあるのであれば、すぐに改善してみましょう。

SBI証券
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう