リートの中にはホテルに特化したリートがあります。

日本を含めたアジアの中で時価総額が最大のホテルリートは何だと思いますか?

一般的にリートは時価総額が大きいほど運営が安定する傾向にあります。

このためリートの時価総額はとても重要な指標です。

今回は日本を含めたアジアの上場ホテルリートの時価総額ランキングを紹介します。

本記事の対象と読んで得られること
    • 対象:アジアの上場ホテルリートへの投資を考えている人
    • 得られること:各リートの時価総額の比較できます。投資判断の一助になれば幸いです。
スポンサーリンク

ホテルリートとは?

ホテルリートとは、その名の通りホテル特化型のリートです。

ここでいうホテルは長期滞在者用のサービスアパートメントも含みます。

オフィスリートなどと同様にお金を集め、不動産に投資し、賃料収入をもとに出資者に分配金を払います。

特徴は賃料収入が完全に固定ではなく、ホテルの営業状況によって変動するということです。

つまり、ホテルの運営がうまくいって収益が上がると、賃料収入も増えます。

これにより、リートの安定性とホテル事業のダイナミズムの両方を味わえるのがホテルリートの醍醐味です。

ホテル事業がうまく行っていない時は賃料が下がってしまいますが、固定賃料の部分もあるのでホテル事業に投資するよりはリスクが抑えられています。

アジアのホテルリートの概要

アジアのホテルリートの数

アジアのホテルリートは基本的にはシンガポール、日本、香港に上場しています。

合計11銘柄あり、

  • シンガポール:5銘柄
  • 日本:4銘柄
  • 香港2銘柄

です。

これはホテル特化リートの数です。

アジアのホテルリートの多くはシンガポールに上場しているので、ホテルリートに投資したいのであればシンガポールリートに投資できる体制を作っておくと良いと思います。

なお、シンガポールにはOUE Hospitality Trustというホテル特価リートがありましたが、OUE Commercial Trustと合併しホテル特化型リートではなくなったので、リストから削除しました。

シンガポールホテルリートと日本・香港ホテルリートの違い

シンガポールホテルリートは一部を除いて基本的にはシンガポール以外の国のホテルにも投資しています。

一方、日本のホテルリートは日本のみに投資、香港リートはRegal Reitが香港のみ、New Centru Reitが中国のみ、と基本的に単独の国のホテルを投資対象にしています。

海外物件を入れているかどうかがシンガポールホテルリートと日本・香港ホテルリートの大きな違いですね。

シンガポールは国際都市で人の往来がとても多いとはいえ人口が570万人と小さいので、シンガポールだけに特化したリートはあまりなく、基本的に最初からグローバルなリートを作る傾向にあり、ホテルリートもその例外ではありません。

シンガポールのホテルリートの中には日本のホテルに投資しているものもあるので、意外に身近にシンガポールリートはあるものですよ。

例えば、以下はシンガポールのホテルリートが所有している日本のホテルの一例です。

  • Citadines Central Shinjuku Tokyo
  • Citadines Karasuma-Gojo Kyoto
  • Hotel MyStays Asakusabashi
  • Hotel MyStays Kamata
  • Hotel Sunroute Ariake
  • Hotel Sunroute Osaka Namba
  • ANA Crowne Plaza Kobe

ホテルリートとホテル株の違い

ホテルに投資する方法は

  • ホテルリートに投資する
  • ホテル株に投資する

の二つがあります。

ホテル株でいうと、私もマンダリンオリエンタルに投資しています。

違いは単純で株価が変動するかどうかと利回りです。

ホテル株は業績によって株価が大きく上がったり下がったりします。

一方配当利回りは低いです。

例えば、シンガポール上場のマンダリンオリエンタル、香港上場のシャングリラホテルの配当利回りは2%以下です。

業績が上がれば株価は上がってキャピタルゲインを得られます。

ホテルリートは現時点では分配金利回りで少なくとも4%は超えています。

ただ、多少変動はあるものの収入は大きく変動しないので、株価も比較的安定しています。

このためホテルリートで大きなキャピタルゲインを望むのは難しいと思います。

キャピタルゲイン狙いならホテル株、分配金狙いならホテルリートという切り分けとなります。

アジア・ホテルリート・時価総額ランキング

では、日本を含むアジアのホテルリートを横断的に比較してみましょう。

時価総額のランキングは以下のようになります。

銘柄時価総額
(百万円)
配当利回り
ジャパン・ホテル・リート投資法人374,8374.4%
Ascott Residence Trust233,6005.3%
CDL Hospitality Trust158,4005.0%
星野リゾート・リート投資法人134,4484.3%
Frasers Hospitality Trust109,6006.1%
Far East Hospitality Trust108,8004.6%
Ascendas Hospitality Trust101,6005.3%
Regal Reit80,7808.1%
森トラスト・ホテルリート投資法人73,7504.6%
いちごホテルリート投資法人33,4025.9%
New Centry Reit21,7004.1%

日本のジャパン・ホテル・リートがアジアのホテルリートの中では時価総額がダントツで大きいです。

次にAscott, CDL、星野リゾートと続きます。

香港のRegal Reitは香港の騒動もあり株価が大幅に下落し、ランクを大きく落としました。

このように時価総額の切り口でアジアリートを見てみると、自分のポートフォリオの穴が見えたりしますね。

まとめ

日本を含むアジアのホテルリートについて日本、香港、シンガポール上場の銘柄を比較し、時価総額ランキングを作ってみました。

今回ランキングに載せた11銘柄のうち私が保有しているのは6銘柄ですが、株価が大幅に下落している香港のRegal Reitには投資してみようかと思いました。

ホテルリートは比較的配当利回りが高いものが多いので、リートポートフォリオの配当利回りの底上げにおすすめです。

あなたもぜひアジアホテルリートへの投資を検討してみてください。

 

SBI証券
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう